『 あなたならどうしますか?』

 

創価学会から離れても

身内の問題は残っています

 

それは逃れられない現実で

近い将来に起こるであろう

葬儀の問題やお墓の問題は

今のところ

中に浮かばせたまま

 

父は84歳

母は82歳です・・

 

焦る気持ちを

抑えている自分がいます

 

でも・・

色んなことを考えて

両親は脱会させていないのです

 

兄弟妹たちに

退転した親だから・・

とは思わせたくない

 

その時までに間に合わなければ

私達家族が

その状況を受け入れることになるでしょう

 

その為の心の準備を

今はしているのかもしれません

 

 

支部長・支部婦人部長として

組織の

第一線で活動しいている兄弟妹たちに

個人的には

教義がどうだからとか

創価学会の実態がどうだからとか

通じるとは思わないです

(ネットは別次元ですがね)

 

そんな話が通じるなら

とっくにやっていると思う

 

それは

疑問を疑問として

認識した人にしか入らないから

 

 

相手を切り刻んだところで

何も残らないし

何も変わらない

 

 

そんなことは

嫌というほど経験した

 

 

必要があれば

スイッチを入れる時が

来るかもしれないけれど

 

遺恨を残すだけだからね

 

話をする機会は

 

この年齢を考えれば

永遠に消滅すると思います

 

家族とか大切な人が

眼の前で傷つかない限り

私は

そんなことはしないでしょう

 

 

同じような状況の方も

きっといると思いますが

 

言いたいことを

ぶち撒けてみますか?

 

それも

一つかもしれないけどね

 

そんな渦に飲まれたら

何の為に覚醒出来たのか

 

自分が

もっと苦しくなるだけだと思う

 

本当に

時間がもったいない・・

 

だから覚醒した姿を

見せて行くしか無いのかな

それが

自分のためでもあるし

相手の為にも良いと思っています

 

目の前で

見せていくしかない・・

 

そんなことが

最近の結論ですね

 
 
 
ブログ村の
ランキングに参加していますので
応援してねん^ ^
 
 
 
大阪花子さん
お返事ありがとうございます
(^_^)
そうですか・・
やはり大阪の食文化なんですね
関東では
お皿に盛られたり
どんぶりに入ったものが
食卓に並べられます
 
大阪の多くの男性が
オカンは大好きと言えるのも
そんな食卓の
家族の絆が強いのかも知れませんね
(^-^;
かつての常勝関西も
そんな土地柄の
なせる技だったのかな~と・・
そんな想いを馳せました
 
 
 
 
では
今日はこの辺で(^_^)v