きょうのきみ〜*

テーマ:
$GALATEA
日本の実家を経由してお願いしていた漢方薬が届いき
そこには母からのメッセージ
『きみ、がんばれ!」
なんだか嬉しいようなおかしいような

ばあちゃんががんばれってさ♪
メッセージの書かれた紙をかざすと
そっとハナを近づける

水を換えて
手作りのご飯に少しずつシフト
アガペット
花びらたけ
サメの軟骨
EMX

幸いにも同じ状態が続いていて
むしろ手作りのご飯に変えてしばらくすると
「ごふぁん」と呼びにくる?
もとより、あまり食べる事にも興味がなさそうなきみだったから
すこぉし、ほっとする♪

それからゼオライト、抗ガン効果がある事を近所(アメリカの)の自然食品店で聞いてなぜか日本から取り寄せた・・・
沢山水を飲まなくてはいけないのできみには不向きと却下したものの、飲み水に一滴だけ入れてみる。
大丈夫だろうか?

その二日後、あごの下に瘡蓋を発見、酵母のリキッドをお風呂のグルーミングのタイミングでぬってみると3日後には奇麗に剥がれおちた。
このグルーミングのタイミングは
仕事から帰ってブラッシングをする時
一緒に腕枕で眠る時
意外の唯一からだに触らせてくれるチャンスがある中で私の両手が自由な時・・・

3日前に生の牛肉を食べさせたからかな・・と、疑ってみる。

花びらたけのサプリメント、丁度一箱がなくなった所にタイミング良く届いた処方していただいた漢方薬に切り替える。

漢方薬をお願いしたときのメール

早速のご返信、ありがとうございます。
ぜひとも試してみたいと思います。
最後に診察したのが3月8日、地元の病院では受ける事のできない腫瘍科のある病院を紹介された事は先にもお話ししていたと思います。
最初の抜糸の際に撮影したレントゲン検査では3月1日の時点で癌細胞は胸には広がっていないという結果に少し救われる思いです。
ただ、昨年10月、背中の手術をしてからは病院に行く度に調子が悪くなっているようにも思えます。
そばにいて治療ができるのならば漢方という選択を選びたいと思います。

前足右に大豆豆ぐらいのしこり、前足左に空豆ぐらいのしこりと大豆まめぐらいの二つのしこり、10日ほど前は手術の後の切り口に癒着してい るように張り付いて長く感じられましたが現在は指でつまめるように、よく触ってみるとふたつに分かれています。
手術をしてからは水を飲む量が増え、食も細く4.5キロあった体重は3.3キロまで落ちています。
現在は3.6キロ、お家にいる事が楽しいのか元気に見えます。

癌の進行が進んでいるかいないかはともかく、手作りご飯にした効果かなと思うとちょっと嬉しい気持ちです。
不足しがちな栄養など、今始めたばかりの勉強不足で心配が尽きる事は無いのですが....
その手作りのご飯も猫缶には叶わないらしく、私からみると十分に美味しそうなのですが(笑)、機嫌が悪いとプイとしらんふり。サプリメント も周りのマグロのお刺身だけを食べて吐き出してしまう頑固さにはびっくり。
ご説明頂きました漢方薬の味が良いという点、頼もしく感じられ嬉しくなりました。
癌治療、そして手作りご飯に不足しがちな栄養を補う漢方薬なども合わせてご教示戴けましたら嬉しく思います。
何よ利すぐにご返信頂けたのがとても嬉しくて、治療もしないうちにほっといたしました。
制癌剤を用いずにという選択に専門家のお医者さまから協力頂けるご縁を戴けた事は奇跡です!

どうぞよろしくお願いいたします。