ユタカ交通が新高速バス 長崎・佐世保-福岡 20日から参入(長崎新聞)

 すでに新聞でニュースリリースされていますが今月の20日より大阪に本社を置くユタカ交通が福岡~長崎線と福岡~佐世保線に参入します。それぞれ8往復と既存の「九州号」および「させぼ号」よりも本数は少ないですが同路線の回数券と同等かやや安い料金にて運行するようです。

 競合する路線と比較すると佐世保線の博多発の午後便以外は既存の路線と発車時刻をずらして競争を避けているようです。特に長崎線はもろにバッティングしている便は福岡空港経由便なので直行したい客を取り込むので凄みわけを図っているようです。

 また、(乗り入れさせてもらえないとはいえ)天神を経由せずに直行するのは既存の高速バスよりもJR利用客をターゲットとしているからのようです。特に長崎線に関しては新幹線の駅のある場所を選んで途中経由地にしていますね。

 

 車両はニュースリリースによると8台ほど2019年モデルのエアロエースを導入しているようで4列シート縦11列の定員40名の車両を使用するようです。装備的には「ユタカライナー」に使用している4列スタンダードのトイレ付き便用の車両と同じ仕様のようです。

 

 

博多

長崎

佐世保

 

 バス停は当然ながら競合関係になるので西鉄やJRが既存のバスターミナルを使わせるわけもないため博多はHEARTSバスステーション博多 を発着し長崎と佐世保はやや離れた場所を発着するようです。長崎は道路上の大村競艇のシャトルバス乗り場、佐世保は駅裏の港側の発着となるようです。上の写真は右側がユタカ交通の発着場、左側が既存の高速バスの発着場です。

 途中の乗降場所は長崎線のみ嬉野、大村、諫早とあり諫早以外場所はまだ公表されていませんが恐らくインターのバス停となると思われます。

 

 

 HEARTSバスステーション博多は博多マルイの裏側、筑紫通り沿いにありマンションの1階にあるのでちょっと目立ちにくく既存の建物ともつながっていないのでアクセスは微妙ですがカフェやカプセルホテルもある新しいバスターミナルです。

 現状博多バスターミナルに乗り入れさせてもらえない高速ツアーバスから新高速乗合バスへの移行組が発着しています。新高速乗合バスの路線網の都合上発着は朝夕が中心で昼間はロイヤルバスが運行している「HEARTSエアポートアクセスバス」のみでバスバースは空いているのでちょうどいいでしょう。設備も2階より上にカプセルホテルやカフェなどもあります。簡単なお土産の売店もあり近くにはコンビニや薬局もあります。