3ヶ月間で、コンサルティングをした92%もの学習塾が生徒集客に成功!

★最大5ヶ月間限定 【成果保証あり】

新規開校に特化した新コース 「新規開校支援コース」。

<<詳細はこちら


集客加速術HPをご覧になりたい方。
<<詳細はこちら


無料動画セミナーをご覧になりたい方。
<<詳細はこちら


12個の『経営成功術』を知りたい方。
<<詳細はこちら


コンサルティング実績、お客様の声をご覧になりたい方。
<<詳細はこちら


学習塾経営 集客加速術 全12回無料メールセミナー。
<<詳細はこちら

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

■学習塾経営 集客成功のカギは「チラシ校正の最重要ポイント」にある!

 

初めに・・・
弊社のクライアント様の状況ではありますが、学習塾の集客状況も
落ち着いてきました。


いざ思い返してみると、
夏期講習はどうなることかと思いましたが、様々なリスクを想定して
講習に臨みましたので、なかには20名以上の外部集客と生徒入塾を
達成したというところも複数で見られました。


あるクライアント様の競合他塾では、まだコロナ禍の影響を受け、
生徒数が前年で2割から3割減少で推移しているという情報も
ありましたが、弊社のクライアント様はそのような状況にならずに、
無事夏期講習が終了したのは本当に良かったと安心しています。


ただし、注意も必要です。
これまで夏前に定期テストがなかったのもあるのでしょうが、
思ったより退塾は抑えられています。


しかし、9月に定期テストがあるエリアもあり、その成果次第では
退塾増加もありえます。
集客状況が少し落ち着いた今だからこそしっかり内部固めを行い、
退塾防止を徹底してください。




────────────────────────────────


さて、本題に入ります。


今日は久しぶりにチラシについて思うことがあるので、記入して
いきます。


今年の夏期講習も様々な塾のチラシを拝見しました。
チラシの反響は低下傾向にありますが、それでも集客や塾の認知度の
入口としてチラシはそれなりの役割を担っているのも事実でしょう。


弊社も季節講習やイベントなど、クライアント様からのご要望で
チラシ作成を受け持っています。
1,000部から1,500部に1件のお問い合わせが生まれれば大成功で
あり、実際にこうした成果を出せたクライアント様も多くいますし、
そうなるようにチラシを作成しています。
(当然、チラシだけで集客に成功できる時代ではなく、チラシを入口
とした様々な集客ミックス戦術が必要です。)


方や10,000部に1件から3件程度しか反響のないチラシも多いの
ではないでしょうか。
その結果が出るのはチラシの出来、不出来という単純なものでは
ありませんが、今回はせっかくなのでチラシに焦点を当てて、
チラシ作成をしている私なりの意見を以下にまとめます。


■誰に対してチラシを書こうとしているのか
まず、ほとんどのチラシでターゲットコピーが曖昧です。
曖昧だから心(頭)に残りません。また、意図的に数字を入れることで
読者の興味性を引き出すコピーにしてください。


■最大ベネフィットはなにか
入塾後に読者が得られる最大ベネフィットは何なのか、
それは具体的であったり、インパクトがあったりするかどうか。
読者はほとんどこの段階でチラシを捨てるか読み進めるかを決めて
しまうので、どこの塾でも通じるようなキャッチではただ捨てられる
だけになります。なお、ここは「赤文字+波線」だけにする等、
シンプルなデザインの方が目立ちます。なぜなら他塾チラシは
この箇所のデザインに懲りすぎているため、逆にシンプルな方が
目にとまりやすいからです。


■端的なサブ情報を入れる
メインキャッチの下に、さらにサブ情報を入れます。
例えば、他塾に勝つ理由、自信があること、約束できることはなにか
を端的に明記して、メインキャッチのサブ情報を訴求すると良い
です。弊社のチラシの場合、上記3つの内容だけでオモテ面紙面の
半分を割きます。


■お子さんの成長ストーリーはなにか
読者が知りたいことの1つは、「この塾に入るとうちの子はどんな
成長をしてくれるのか」です。
それが、ターゲットコピーとリンクする成長ストーリーになって
いなければなりません。内容は一貫性であればあるだけ良いです。
リアルな成長ストーリを訴求します。
難しいのは重々承知していますが、できれば塾生の顔、学校名、
学年、氏名が数人分用意できると、この時点で他塾チラシより
かなり優位になります。成長ストーリとしてどんな内容を書いたら
よいのかは、例えば「入塾前の悩み、入塾後の塾の対応、実際に
成長したことや成果、今後の目標」というように、過去、現在、
未来というストーリーにすると良いです。


■出口は明確になっているか
ただ無料体験授業受付を出口にしても、それに読者は興味性を
見いだせるでしょうか。
出口の営業色をできるかぎり少なくし、読者の心理的敷居を下げる
のに必要なことは「インパクトのある出口のネーミング」
「大義名分」「出口情報の中身の提示」「出口を体験すると得られる
具体的成長像」にあります。当然、先着数(or残数)や期日、
背中をひと押しする文言の記入も忘れてはなりません。


■塾情報
QRコードやHPを検索するキーワードを入れているでしょうか。
HPを見るメリット文を入れているでしょうか。
地図は見やすいでしょうか。その地図には教室近くにエリアの誰もが
イメージできる目印があるでしょうか。
徒歩○分等、行動目安を明示できているでしょうか。
電話番号が塾情報のなかで最も大きく、最も目立つ色で記入できて
いるでしょうか。
背中をひと押しする文言を記入できているでしょうか。


実は、上記はオモテ面だけの内容です。
もちろん、塾によっては塾長をオモテ面に出す等、細かい点で校正に
違いはあるでしょう。あくまで上記内容は弊社がチラシ作成で注意
している目安ではありますが、少しでも参考にしてください。




────────────────────────────────


・・・さて、今号では以下のポイントをお伝えしました。

================================
■「チラシを入口とした様々な集客ミックス戦術が必要」
■「意図的に数字を入れることで、読者の興味性を引き出す」
■「他塾はデザインが懲っているため、逆にシンプルな方が良い」
================================


今号のポイントが、あなたの塾の教室運営や学習塾経営の一助になるよう
でしたら、これ以上嬉しいことはありません。
 
 
 
 

最大5ヶ月間限定。新規開校に特化した新コース。
<<詳細はこちら  ※成果保証あり

 


コンサルティング実績、お客様の声をご覧になりたい方。
<<詳細はこちら


学習塾経営 集客加速術 全12回無料メールセミナー。
<<詳細はこちら

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>