全ての人間に優越なく約束されていること、

それは"いつかは終わりを迎える"ということ。

 

 

 

皆さんこんにちは~!のばです!※冒頭の一文はブログ本編と一切関係ありません。

 

先日、

 

第14回鯖江市地域活性化プランコンテスト・高校生発表会

正式名称わからん、、泣

 

が開催されました。

みんなは「高校生プラコン」って呼んでますね。

 

この歴史あるプランコンテストですが、

高校生版を行うのは実は初めてだったり。

 

本来のプランコンテストでは、

高校生と大学生が一緒にチームを組んで行います。

 

今年はコロナちゃんの影響で、高校生と大学生で分けて開催しよう!

ということになり、この高校生プラコンが生まれました。

 

 

今日のブログではこの「高校生プラコン」の様子をお届けします!

 

 

ちなみに、僕はサポーターとして高校生達を間近で見てきたのですが、

 

もうみんなのやる気がすごすぎて、、

 

たまに自分自身の高校時代と比較して、

勝手に情けなくなってました笑

 

 

と言うわけで、

 

 

いつも好き勝手に自由なブログを書いてる僕ですが、

今回ばかりは真摯な姿勢でブログに望みます。

 

 

 

 

(*^_^*)

 

 

 

 

この高校生プラコンのお題は大学生版と同じ、

 

「あなたは福井県鯖江市の市長です。

鯖江市をどのよう街にしたいですか?」

 

です。

 

シンプルですね。

ただ、このシンプルさがこれまた難しい、、

 

今回参加した高校生は10名。

 

3チームに分け、1チームに1名サポーター(withの大学生)がついて、

このお題に挑戦です。

 

 

それではチームの紹介です。

 

チーム「めがねをかけたさば」

 

かわいいチーム名ですね。

ただ気をつけたいのは、

 

めがねをかけた"のば"

 

ではない点です。というか、それはただの"のば"です。

紛らわしいので要注意。

 

チーム「さばえまんじかい」

 

いかついですね。

 

一番奥にいる黒マスクの男性。

表向きはサポーターですが、真の目的はこのチームを我が物にすること。

 

チームがこの男に渡ったら、鯖江が危ないわ!

 

果たしてこのチームの行く末は!?※ネタです。

 

チーム「レッサーパンダーズ」

 

チーム名のかわいさは、他の追随を許しません。

ちなみにサポーターは僕。

 

先日西山公園で、

 

"レッサーパンダ""アライグマ"

 

を間違えた僕ですが、

この度、無事にレッサーパンダの一員となりました。

 

 

以上3チームです。

 

 

 

ちなみにこのコンテスト。

2泊3日で行われる本家コンテストと違い、

たった1日だけの開催です。

 

え、1日でプランニングって無理じゃない??

 

そう思われる方もいると思います。

実際のところ、無理だと思います。

 

そのため高校生は当日までに、

何回か事前会議を行いました!

 

その結果、

当日を迎える頃にはプランの内容がほとんど決まっていました~す、すごすぎる、、

 

なので当日は、、

 

プランの詳細を詰めたり、

 

 

スキット制作をしたり。

 

 

ヒアリングをしているチームもありました。

 

事前会議のおかげで、どのチームも比較的余裕を持って、

少ない時間を有効活用していましたね!

 

ただ、プラコンの恐ろしいところは、

どれだけ時間があっても足りないところ。

 

どのチームも最後の方は焦ってたり、、(^^;)

 

 

また、発表が近づくにつれ、運営のwithメンバーにも緊張が走ります。

 

緊張が走ります。

 

緊張が走りすぎて、特大スマイル。

さすが、世界を知っている男です。

 

 

 

こちらは司会を務めたいずみん。

この写真は緊張感ありますね。

 

実行委員長の命令により、

with加入1ヶ月にしてこの大役を任せられました。

 

しかし難なくこなし、すごすぎる司会をしてくれました、、!!

もう、頭が上がりません、、

 

 

余談ですが、

実行委員長の命令は絶対で、決して逆らえません。

もし逆らおうもんなら、、

 

 

考えるだけで恐ろしいです。

嘘です、ごめんなさい。

 

 

 

 

冗談はさておいて、ここで今回のコメンテーターの紹介です。

 

・プラコンアドバイザー 木村さん(左上)

・第7回実行委員長 小川さん(右上)

・鯖江市 佐々木市長(下)

 

の3名です!

(木村さんと市長はオンライン参加)

 

 

 

それではいよいよはっぴぉうです!!

 

 

 

1チーム目は我らがレッサーパンダーズ。

理想の未来はズバリ、

 

「国籍、年齢、性別問わず共存できる街」

 

"お互いの違いを尊重し合って、誰もが住みやすい街になるよう、

市民みんなでまちづくりをしていこう"というプランです!!

 

 

そのために、

 

・年齢・性別・国籍問わないまちづくりに貢献する組織を作る!(JK課の多様性版)

・インパクトのある目安箱をたくさん設置する!

 

といったような、

市民1人1人がまちづくりに参加しやすいようなプランを提案しました~

 

またスキットでは、

 

・母国では当たり前の行動で怒られてしまう留学生

・冷ややかな目で見られてしまう学ランを着る女子生徒

・票が集まらない若年市長立候補者

 

といった現状の課題を完全再現していました。

スキットで使われた学ランは、弟から借りたものだそうです笑

 

 

続いてのチームはめがねをかけたさば!

 

 

外国人が来やすい街No.1を掲げ、制作したプラン。

その名も、

 

交流寺!!

 

"鯖江市にはたくさんお寺がある"というところに着目し、

お寺で国際交流をするイベントをたくさん開催していこう!

というプランです。

 

 

イースターやクリスマスといった季節毎のイベントはもちろん、

イルミネーションやコンサートといったイベントも開催するそう!

 

外国人との交流が増えれば、街がさらに賑わうこと間違いなしですね!

 

 

最後はさばえまんじかいの発表。

 

 

「ヤングが、ヤングのための、ヤングなまちをつくるしかねーんだよ!!」

 

の一言で始まったこのチームの発表。

 

意見が言えなくてひよってる若者でも、意見を言いやすい組織をつくろう!

若者が主体となって行動できる組織をつくろう!

ということで考えたのが、オンライン上の組織、

 

NEWさばえyoungサークル(通称"さばクル")

 

です!!

 

このサークルで、若者達が自主的にいろんなことにチャレンジすることで、

将来、鯖江の若者達がいろんな場面で活躍するきっかけに!

 

さばクル結成から10年後のシーン↑

 

話し手を挟んだ3人は鯖江出身で、さばクルOBという設定。

 

現在の彼らは左から順に、

ミシュラン5つ星シェフ、FBI捜査官、宇宙飛行士。

 

若い頃のさばクルでの活動がきっかけで、

各々夢を叶えることができたのだとか。

 

鯖江出身者が世界征服するのも時間の問題ですね(>_<)

 

 

以上3チームの発表!

どのプランもよく考えられていて、スキットも手が込んでましたね!

 

 

発表が終わったあとは、参加賞の贈呈!

 

参加賞は、"眼鏡堅パン""漆琳堂"さんのお箸!

 

 

 

そして最後には、

 

 

 

記念写真をパシャリ!

 

みんな、マスク越しにも伝わる良い笑顔!!

 

高校生の皆さん、

 

 

 

ほんとにお疲れ様でした~!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

コンテスト自体はたったの1日でした。

 

しかし、

チーム分けがされた事前説明会の日から当日までの2週間もの間、

高校生達は忙しい合間を縫って、

 

鯖江についてお勉強したり、

会議を開いてプランニングしたり、

会議がない日も各自でいろんな考察したり、と

 

たくさんの時間を費やしてきました。

 

貴重な夏休みを使って自主的にこういったことに参加するのは、

シンプルにすごいな~って思います。毎日遊んでいた自分が恥ずかしい泣

 

もしこのコンテストで得たものがあるなら、ぜひ何かに活かして欲しいし、

今後の行動に繋げていってもらいたいです。

 

そして近い将来にでも、

 

「プラコンに参加してよかった!」

 

って心から思ってもらえたらな~なんて

 

そうなってくれたら、運営側として、サポーターとして、

これ以上なく嬉しかったり。

 

 

ちなみに僕自身も、このコンテストを通していろんな経験をしたし、

い~~~っぱい反省点があります(>_<)

 

僕は大学生版プラコンでもサポーターを務めるので、

この反省をしっかり活かしていきたいと思います。

 

 

そして、第14回プラコンが完走したときに、

 

 

やりきった~!!

 

 

って心から達成感に浸れるように頑張っていきます!

 

 

 

withの皆さんも、とりあえず高校生プラコンお疲れ様でした~

これから、もっともっと頑張っていきましょ~!!

 

 

 

 

そして、最後に言わなくてはいけないことがあります。

 

 

 

 

このブログの場で言うべきかは正直迷いました。

 

 

 

 

ただ、熟考を重ねた結果、

 

 

 

 

このブログの最後に言おうと決心しました。

 

 

 

 

 

ブログ更新遅くなってごめんなさい!!

 


 

プラコンHP:

 

【学生団体with】

ホームページ

http://with-sabae.com/

 

Twitter

https://twitter.com/sabaepc_with

 

Instagram

https://instagram.com/with__sabae?r=nametag

 

Facebook

https://www.facebook.com/sabaewith/