日中学生交流事業 4日目 ~総まとめ~ | 鯖江から世界へ!

鯖江から世界へ!

学生団体withによるブログ
"人と人とをつなぐ、つながる"
福井県鯖江市にある学生活動拠点施設「らてんぽ」から世界へ

こんばんは😄
日中学生交流事業のリーダーのきょーかです🐱

今回は日中学生交流事業の4日目の活動内容と5日間の総まとめを書いていきます!


最初に漆の里会館に行って絵付け体験をしました。自分達で手のひらサイズの手鏡の色や絵付したいお好みの柄を選びます。そのあと、下書きしてその下書きにそって色をつけていくのですが、なかなか思い通りにいかないんですよね😅
(私も去年体験して苦戦していた記憶がある。。)
みんな真剣に絵付け体験に臨んでいました!






そして、宿泊していたラポーゼ河和田に戻ってそば打ち体験をしました!
去年はきしめんみたいに太い麺を作ってしまっていた参加者も今年は細い麺にすることが出来たもよう😊
withも一緒に交流しながら和気あいあいとそば打ち体験を行うことができました✨


↓出来上がったそば


とても美味しいそばを食べてみんな満足そう🥰


そのあと、総括会を行いました!
鯖江市役所の松田さんから眼鏡堅パンの差しいれを頂きました✨

みんなで一言ずつこの鯖江会期の感想を言い合いました。鯖江にまた来たいって言ってくれる子もいてして良かったなって思いました!

最後の締めの挨拶。
泣いてしまうんだろうなって思ってたけど、今年でこの事業にスタッフとして関わるの最後だって実感した瞬間涙が止まらなくて泣いてしまいました😢
みんなと関わることが出来てとても刺激になったし、自分が成長することができる機会になったので、2年間関わってこれてよかったなって思います😊 



withのOGで去年この事業のリーダーしていたみさとさんが来ました!
去年参加者していたメンバーでパシャリ📸



去年は一昨年からの引き継ぎが上手くいっておらず、みさとさんと私(当時は副リーダだった)が辛い思いをしました。引き継ぎの大切さを知った去年の体験から今回私は3つの目標をたてて、行ってきました!

①参加者に企画を充分に楽しんでもらう。
②withスタッフに事業の楽しさを感じてもらう。
③来年以降の活動が良いものになるよう次世代に引き継ぐ。

今回どの目標もある程度達成することができたので、良かったなと思います😊
特に今回よかったなと思ったのは②withスタッフに事業の楽しさを感じてもらえたことです。
私は去年色々あったけど参加者に暖かく受け入れてもらえてとても楽しかったから今年リーダーをしました。都合がつかなくて4、5日目しか関われなかった子もいるけど、その子も含めて楽しい時間を過ごすことができてとても良かったです!


来年への引き継ぎも上手くいったんじゃないかなって思います。去年私がみさとさんに頼りまくって負担をかけていたので、それの恩返しも兼ねて、自分が残せるだけの情報は残していったり、今年は後輩達には楽しむことに専念してもらおうって思ってたから、交流する機会を沢山とったりしていました。後輩達が日に日にやる気になっていき頼もしくなっていく様子を見て、私の役割終わったんだなって思いました😌
来年の話も4日目の夜中に進めていて今年以上に楽しい事業になりそうで、楽しみです💕



最後のお見送り。
この後、参加者は関西国際空港から北京まで行きました🇨🇳

2年間携わってきてこの事業は実際に関わってみないとわからない楽しさがあるなと思ってます。
来年以降もこの楽しさを伝えてくれる人が出てくるように、この活動がもっと発展していけるように願いをこめて、見守っていきたいです🥰

(2019年日中学生交流事業 おわり)