学生団体withのプログラマーが日本代表プログラマーとしてシリコンバレーに行ってきた話! | 鯖江から世界へ!

鯖江から世界へ!

学生団体withによるブログ
"人と人とをつなぐ、つながる"
福井県鯖江市にある学生活動拠点施設「らてんぽ」から世界へ


テーマ:

さて、のむのむ第2弾。

※この記事は少し長くなることが予想されますが、普通の学生が体験できないようなことを体験してきた記事なので、是非とも読んでいただけると嬉しいです😇

 

今回は(一応)学生団体withでエンジニアとして色々している僕が、起業家甲子園とシリコンバレーへ行った話を書きます。

(某T氏から、これはブランディングだから書かないと!と言われ、タイトルを付与されたので書かせていただきます笑)

 

僕個人、いろいろなイベントに参加しているので、その報告については僕の個人ブログを見ていただけると嬉しいです

https://www.nomunomu0504.work/

 

そもそもなぜシリコンバレーに行くことになったのか

 

事の発端は、学校で活動しているグループでビジコンに出場したことです。ビジコンとはビジネスプランコンテストのことで、以下のように説明されることが多いです。

ビジネスコンテストとは、参加者がさまざまなビジネスモデルを提案し、その優劣を競うコンテストのこと。最も優れたビジネスモデルを出した人にはその実現のための助成金が与えられることも。日本では起業する人がまだまだ少ないと言われますが、このビジネスコンテストは起業を目指す学生にとって、自分のアイディアを世に出し、ほかの参加者と切磋琢磨しあう絶好のチャンスと言えます。今回は、起業に興味がある人のためにおすすめのビジネスコンテストをご紹介します。

ようは、ものづくりだけではなく、お金の流れやマーケティングまでを一貫して、プランニングしましょうというコンテストです。このビジコンが昨年石川で開かれ、福井高専として参加してきました。

 

HIT2018 - Hokuriku Innovation Trial-2018

 

このコンテストは『起業家甲子園』の予選の兼ねて行われていました。起業家甲子園については下記の公式サイトをご覧ください

 

総務省・NICT Entrepreneurs' Challenge 2Days

 

今回行われた起業家甲子園の開催報告はこちらから

平成30年度起業家甲子園 〜 開催報告

 

そして、このコンテストで『キャンパス部門優秀賞』と『起業家甲子園挑戦権(NICT賞)』の2つをもらうことができました。

 

このNICT賞の副賞として『シリコンバレー研修』があり、チーム代表として参加させていただきました😁

 

 

起業家育成のためのシリコンバレーブートキャンプ

 

起業家甲子園に参加する日本全国の予選を勝ち抜いた全11チームのうち8チームの代表が、このシリコンバレーブートキャンプに参加しました!(3チームは都合がつかなくて来られなかったみたいです。残念)

 

(この写真は、8チームの代表と関係者の方々との国内研修時の集合写真です)

 

事前に出された課題を報告してます😇

 

シリコンバレーでの予定は結構過密スケジュールでした。でもびっくりするぐらい穏やかに過ぎ去っていました笑

このスケジュールを見ると意外と『フリー』が多いように見えますが、その日のまとめや課題、次の日の予習などで休んでる暇が意外となかったりします😥

 

講義をしてくださった方々は、起業されていたりCTO, CEOなど様々な役職の方がいました。ここで紹介させてもらいますが、もしダメだった場合、削除しますので悪しからず...

・桝本 博之さん  シリコンバレージャパンユニバーシティー(SVJU) 学長

・池野 文昭さん  スタンフォード大学 主任研究員

・水山 誠さん   FinalCode, Inc. Member of the Board of Directors

・Dr. Chait    Menlo College 非常勤講師 兼 EoPlex Inc. CEO 兼 創設者

・坪田 駆さん   SAP @ パロアルト エンジニア

・大木 美代子さん スクワイヤ・パットン・ボッグズLPP弁護士・パートナー

・佐藤 公一さん  SVJU Board Member, Peoplewave Inc. CEO, Magic Leap 勤務

・小野 孝太郎さん ED Tech Laboratory, MVP Tech Laboratory CEO, 元・米国Oracle データベースエンジニア

をはじめとする方々に講演・メンタリングをしていただきました。

 

SAP@パロアルトで講義をしてもらった坪田さんとのツーショットを撮ってきました。これはHana道場メンバーとして絶対撮らないとという意識に駆られ、Tシャツまでシリコンバレーに持っていくという用意周到さ笑笑

 

またメンロ大学の Chait先生には、ピッチプレゼンの指導をしてもらいました。

・ピッチとは

ピッチとは、近年、使われるようになった言葉であるが、シリコンバレーが発祥の言葉でプレゼンテーションの短い版を意味する。

このピッチという言葉は、ビジネスの中でもIT業界や広告業界で良く使われる。

プレゼンテーションとの比較で良く言われる事があり、ピッチの特徴は専門用語をあまり使わず、売り込むというよりも提案するという内容になる。

ピッチは詳細よりも要点を提案する為、相手側からすると非常に分かりやすく時間削減にもなり、ビジネスシーンではよく使われるようになった。要約を重視する為、プレゼンテーションよりも話の構成等を工夫し相手の共感を得るように心掛ける事が重要である。

Dr. Chaitさんとの集合写真です。この講義は教授の申し出によって、翻訳なしの ALL English で行われました。結構理解するのが大変でしたが、とても有意義な講義となりました。

 

手前にいるのが僕なんですが、どうです?それっぽく見えませんか?笑🤔

 

現地のピッチイベントにも参加し、実際にピッチプレゼンを見てきました。

 

今回のピッチプレゼン、すごかったのはその場でチケット(日本でいう小切手)を切ってたことですかね。本当にそんなことがあるんだなって感じました。さすがシリコンバレー。

 

という感じで1週間が終わり、帰国前夜に完徹して今後について4人で喋っていた結果...

当然、こうなります。帰国するだけなので問題なしです!👍

 

なんやかんやで1週間の濃密スケジュールが終わり、帰国したわけですが。

 

このブートキャンプで得たことを起業家甲子園までにプロダクトへ反映させるという課題が残っているのでした😇


いつか一緒に起業しようと話をしていた、仲良くなった4人組。ここでできた関係はずっと保ちたいと思いました。

すでに起業仕掛けてる名大生、医者の卵で機械学習する人、公認セキスペになる雪国の子、このコネクションはこのイベントならでは!!

 

起業家甲子園

起業家甲子園では、シリコンバレーの仲間も敵にはなりますが、切磋琢磨できるのでこれはこれでよしです笑

実際に登壇してビジネスモデルについて発表させてもらいました。

 

結果としては『アイ・オー・データ賞』をいただくことができました!

なかなか満足できる結果ではありませんでしたが、これを機に様々なことに挑戦していきたいと思いました。

 

最後に

 

学生団体って聞くとお堅いイメージが意外とあるかもしれません。それは本当だと思います。でもあくまでイベント運営や企画など、真面目にしないといけないところは真面目です。そうじゃないところは抜けまくってます。withは特に...。🤔

 

僕の前に新入生2人がブログを書いてくれていますが

ビラ配り&お花見!! - りゅうま

 

image

2019 0407 with運動会 - ゆうや

 

withに参加して損することはないと思います。むしろ得しかないです!!参加したいけどと思ったら、是非見学でもいいので遊びに来てください!!連絡は年中無休24時間受け付けてますよ!!🤔笑

 

以上!!エンジニアのむのむでした!

 

【学生団体with】

ホームページ

http://with-sabae.com/

 

Twitter

https://twitter.com/sabaepc_with

 

Facebook

https://www.facebook.com/sabaewith/

 

Instagram

https://instagram.com/with__sabae?r=nameta

学生団体withさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ