学年ビリ&高校中退から東大・医学部に合格した塾長のブログ

高校中退後、国立医学部に合格。その後再受験し、
東京大学に入学した自身の経験を活かし、
偏差値40前後の生徒達を東大や国立医学部に合格させてきました。
私の受験ノウハウが詰まった桜凛進学塾やブログが、
少しでも全国の受験生の励みになってもらえれば幸いです。


テーマ:
今日は、前回の続きです。

2015年5月の河合の記述模試で、
Ⅲ型の第4問の三角関数の模範解答ですが、

g(t)=5t^2+at-4=0について
・tが2以上√5未満の範囲に解が1つあり、
・tがー2以上2未満、またはt=√5の範囲に解が1つあること
を答えを求める条件にしていますが、

途中から記述が
・tが2以上√5未満の範囲に解が1つあり、
・tがー2以上2未満の範囲に解が1つあること
で求めていて、
t=√5に解がある可能性について
言及することを忘れています。
(ただのうっかりミスだと思いますが。)

途中で
g(0)<0ということを書いていますので、
これを使って、
・tが2以上√5未満の範囲に解が1つあり、
・t=√5の範囲に解が1つあること
の可能性を排除したがってるのだと思いますが、
それならば、
「g(0)<0より、
g(t)=0の解は、必ずt>0の範囲には1つしかないので
・tが2以上√5未満の範囲に解が1つあり、
・t=√5の範囲に解が1つあること
は成り立たない。よって…‥」
と論じていないと、
記述としては不十分です。

(僕が有名な数学専門塾で東大模試の採点などをしていたときは、
 この様にキチンと記述してないものは、減点対象でした
。)

東大や京大、医学部を受験する際は、
このあたりの記述も、採点されるので、
勉強する際は、
丸暗記にせず、
このような論理構成も考える様にしましょう。


ちなみに私が勉強を教える際には、
この様な記述も必ずチェックしてます。

【どうやったら偏差値40くらいからでも
 医学部に受かるのか知りたい!】
【東大や早慶などの志望校に合格する方法を
 知りたい!】
【東大などの難関大で数学満点を狙いたい!】
【東大・京大・医学部以外は大学やなかばい!】


そういう方は、
こちらまで、ご連絡下さい。

現在の成績、性格、学校の教材などを
考慮した、
あなたオリジナルの勉強法をアドバイスします。
ちなみに、
大学への数学などを執筆している先生に特注した
オリジナルの教材もあります。


webでの相談も可能なので、
全国どこからでも、相談できます!


私の本が気になる方は、こちらから。



学年ビリから東大・医学部・早慶に合格する法 改訂新版/エール出版社

¥1,620
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。