子宮腺筋症(子宮内膜症)による生理痛、排卵痛と整体治療 | 【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

●当院は「整体治療」と、「2年制整体学校」を運営しています。
●各疾患・症状に対しての研究-治療成果、患者さんとのエピソード、コラムなどを掲載しています。
●当院での治療(左下欄参照)、又は学院への入学希望の方は専用メールか06-6180-6880までお電話下さい。


テーマ:
子宮腺筋症(子宮内膜症)による生理痛、排卵痛と整体治療
患者Yさん=38才-女性-主婦/セラピストの症例
 
① Yさんの病歴・・・
以前から生理痛が強かった患者Yさんですが、3年ほど前からそれが増強したので、婦人科で精査を受けたところ「子宮腺筋症(子宮内膜症)」と診断を受けたそうです。担当医より手術も勧められましたが、Yさんは出来るだけ手術は避けたいとの事で、ピルの処方で様子を観ていたそうですが、しかし全く改善しなかったそうです。そこで、マッサージや整体あるいは接骨院などで骨盤矯正や筋膜リリースを中心に施術していたそうですが、やはりこれもほとんど効果が無かったそうです。
 
② Yさんの診察
・生理痛の部位は主に左鼠径部の上方で、強い鎮痛剤もほとんど効果が無いそうです。また同部は月経時以外でもピリピリとしているそうです。
・排卵痛も強いそうで、生理痛と同じ部位が痛くなるそうです。排卵痛は3日間ほど続くそうです。
・月経周期は30-35日で、月経期間は3-4日だそうです。不正性器出血は無いそうです。オリモノに特段の異常は無いそうです。しかし量はやや多めだそうです。
・3年前の婦人科の検査では、MRIで左鼠径部や(☚長さ7-8cm、幅2cm位とYさんは記憶されていました)その他の部位で癒着の痕跡があるとの検査結果が出ているそうです。さらに、脂質異常症(高脂血症)と脂肪肝の指摘も、同時に受けているそうです。10年ほど前の婦人科検査で、子宮後屈と軽度の子宮下垂の指摘も受けているそうです。
・お子さんは3人あり、3人とも安産だったそうです。
・血圧は90/50mmHgだそうです。
・便は毎日出ているそうで、便の性状は、最初は硬めで後の方で軟らかな便になるそうです。
・気道は正中にあり、甲状腺の腫脹や萎縮はありませんでした。
・胸部聴診上、特段の異常はありませんでした。
・腹部聴診上、グル音はやや強めで、血管雑音はありませんでした。
・腹部触診上、腹部全般の消化管に緊張や圧痛がありました。特に、左鼠径靭帯に沿って10cm前後の著明な索状性の緊張部位があり、圧痛もありました。また、左鼠径部と臍の中間付近にも、同様の索状性の緊張-圧痛がありました。腫瘤感や抵抗感はありませんでした。肝臓は軽度腫大して触れる事が出来ました(表面平滑・軟・辺縁鈍)。脾腫はありませんでした。右肩こりが慢性的にひどいそうです。子宮底は触知できませんでした。
 
③ 治療目標と整体治療
     ⑴ 左鼠径部の索状性の緊張部位を解放し、マクロファージの貪食を受けやすくする
     ⑵ その他の部位の緊張部位も同上
     ⑶ 子宮の血液循環を回復する

・平滑筋テクニック
・腸骨はがしテクニック
・子宮動静脈解放テクニック
・子宮静脈叢解放テクニック
 
④ 経過と結果・・・
・初診治療直後に排卵があり、その約二週間後に月経があったそうですが、排卵痛はほとんど無く、生理痛も普段の2/10程度まで軽減していたそうです。
 
⑤  今回の症例の概説、、、
・今回のYさんの生理痛・排卵痛の原因は、婦人科での精密検査で確認されているところの「左鼠径部付近を中心とした異所性内膜組織の炎症」が主因だとは思いますが、ただ子宮腺筋症がどれ程Yさんの生理痛や排卵痛に原因しているのかは、治療前にはよく分かりませんでした。ですから治療に入る前は、Yさんの症状がどれくらい改善できるのか、幾分の不安がありました。
・それは当院での子宮内膜症由来の生理痛・排卵痛に関してはそれなりに治験例があり、そこそこの自信を持っていましたが、子宮筋内に内膜組織が侵入・炎症を起こす子宮腺筋症については、整体手技的に有効と考えられるものが多くなく、もしYさんの症例において腺筋症由来の生理痛の割合が多い場合、内膜症に対する整体手技だけでは効果がその分だけしか出ずに腺筋症由来の生理痛が残るため、その対処法について考えておく必要があったからです。
・幸い、通常の子宮内膜症の整体手技で即効的に効果があったので、結果的に今回のケースでは腺筋症対策はほぼ必要がありませんでした。その意味で内膜症に対しては「快晴」的な結果でしたが、腺筋症に対しては「曇天」的な結果となり、まだまだ研究していかねばならないな、、、と思い知らされる症例になりました。
 

 

 

● 治療のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

付属治療室

JHSC整体治療室

●診療時間 【予約制】
 ・午前診…10時~13時
 ・午後診…15時~18時

●診療日
 ・月曜日~金曜日
 (水曜日=午前診のみ)
 ・第2土曜日、第4土曜日=午前診のみ

●休診日
 ・第1土曜日、第3土曜日、日曜日、祝日

●治療費
 ・初 診 7,500円
 ・2回目以降  5,000円
●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F

      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話 06-6180-6880 
●メールでのご相談・治療予約はこちら まで



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

● 本学院-入学のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2年制整体学校

ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院


次の二つのコースからどちらかを選んで入学して頂けます。

1 本科2年課程 (一般の方が入学するコース)
2 プロコース (鍼灸師、理学療法士などのプロの方が入学かるコース)

基礎医学科目は「動画配信による通信授業 」が出来る様になりました(勿論通学受講もOK)。

 

●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F
      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話  06-6180-6880
●メールでのご相談資料請求体験入学 受付中


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

患者さんが通院される主な地域
大阪市、淀川区、東淀川区、西淀川区、大淀区、福島区、中央区、北区、旭区、都島区、此花区、大正区、東成区、城東区、住吉区、住之江区、平野区、守口市、門真市、寝屋川市、交野市、枚方市、東大阪市、大東市、八尾市、四条畷市、藤井寺市、柏原市、吹田市、豊中市、摂津市、茨木市、高槻市、箕面市、池田市、川西市、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、堺市、岸和田市、和泉市、泉佐野市、奈良市、生駒市、京都市、
亀岡市,向日市、長岡京市、松山市、岐阜市、広島市、横浜市、東京都、和歌山市、名古屋市、北海道-札幌市

gie-gieさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ