3週間続いている寝違いによる背中痛の整体治療 | 【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

●当院は「整体治療」と、「2年制整体学校」を運営しています。
●各疾患・症状に対しての研究-治療成果、患者さんとのエピソード、コラムなどを掲載しています。
●当院での治療(左下欄参照)、又は学院への入学希望の方は専用メールか06-6180-6880までお電話下さい。


テーマ:

3週間続いている寝違いによる背中痛の整体治療 
患者Sさん=41才-女性/会社員の症例

 

① Sさんの病歴・・・
患者Sさんは3週間前の朝起きた時に、右の背中に痛みが生じていたそうです。場所は右肩甲骨の内側だそうです。「その内治るだろう、、、」と、あまり気にする事無くそのまま放置していたそうですが、1週間経っても2週間経っても痛みは改善せず、3週間経った現在も痛みが持続していたので、今回の来院となりました。

 

② Sさんの診察
・痛みの強さは3週間前とほとんど変化が無いそうです。
・首の前屈、右回旋で痛みが増強するそうです。
・会社での定期検診で特段の異常を指摘されたことは無いそうです。
・血圧は覚えていないそうですが、正常範囲だったそうです。
・風邪など以外での発熱や微熱の既往は無いそうです。
・頭痛、眼のかすみ、めまい、耳鳴り、呼吸困難、咳-痰、悪心、胸痛、腹痛などは無いそうです。
・便通は毎日だそうですが、ガスが多くお腹が張る事が多いそうです。
・手足の浮腫みは無く、怒張三徴はありませんでした。
・腕の神経学検査で異常はありませんでした。
・橈骨動脈の左右差はありませんでした。
・扁桃炎、頚部リンパ節腫脹などはありませんでした。
・脊椎のサブラクセーションはありませんでした。
・頚部-胸部聴診上、血管雑音などの特段の異常所見はありませんでした。
・胸部打診上、特段の異常所見はありませんでした。
・胸部触診上、胸骨右縁-左縁(R2-3)に著明な緊張と圧痛がありました。
・腹部聴診上、血管雑音はありませんでした。グル音は軽度聴取出来ました。
・腹部打診上、腎-脾-膵の叩打痛はありませんでしたが、肝叩打による心窩部の放散痛がありました。
・腹部触診上、回盲部と左季肋部~右臍上部に著明な緊張と圧痛があり、同部の押圧により胸骨右縁(R2-3)に放散痛が生じました。
・右菱形筋、肩甲挙筋の緊張-圧痛はほとんどありませんでした。
・モーリーテストは陽性でしたが、背中に放散痛は生じませんでした。

 

③ 治療目標と整体治療
     ⑴ 腸間膜根~トレイツ筋(横隔膜脚)~横隔膜筋膜~心膜~大静脈漿膜ラインの緊張を緩和する
・平滑筋テクニック
・回盲部解放テクニック
・トレイツ筋解放テクニック
・心膜-大静脈漿膜解放テクニック

 

④ 経過と結果・・・
・初診治療後、背中の胃痛みは1/3程度まで軽快していました。
・2診目治療後、背中痛はほとんど解消していましたので、念のための精査を勧めて、治療を終了しました。

 

⑤  今回の症例の概説、、、
・症状が持続する場合、その持続する原因を探すことが治療の第一歩です。そして、その原因が整体手技で治療可能なのか、あるいは専門医での精査が必要なケースなのか、その鑑別をする必要があります。

 

・今回のSさんの寝違いによる背中痛が持続する症例でも同様ですが、やはり一番危険なケースが動脈瘤的な病態、だと思います。ですから、整体師レベルで可能な範囲の検査をさせて頂きましたが、とりあえずはその可能性は低い、と考えて、別の原因を探しました。

 

・そこで一番疑われる病態として予想できたのが上記③「治療目標と整体治療」で掲げた様に
腸間膜根~トレイツ筋(横隔膜脚)~横隔膜筋膜~心膜~大静脈漿膜
のラインでした。

 

・同ラインは多少のカーブはあるものの一直線でつながっている組織群ですので、同ラインに緊張や癒着などの所見があると、そのラインの終着点である「心膜~大静脈漿膜」の緊張を促し、その緊張は結合組織を通じて胸骨骨膜や脊椎-肋骨骨膜に緊張が伝播し、胸骨部の疼痛や背中の疼痛の原因となるのでは、と仮説を立てました。(☚菱形筋などの緊張-圧痛は無かった)

 

・その仮説の確認は難しいですが、しかし②「Sさんの診察」でも記した様に

     ・腹部打診上、腎-脾-膵の叩打痛はありませんでしたが、肝叩打による肝冠状間膜~心窩部の放散痛がありました。
     ・腹部触診上、回盲部と左季肋部~右臍上部に著明な緊張と圧痛があり、同部の押圧により胸骨右縁(R2-3)に放散痛が生じました。

などの所見がありましたので、これらがこの仮説を支持するものと考えて
     ・平滑筋テクニック
     ・回盲部解放テクニック
     ・トレイツ筋解放テクニック
     ・心膜-大静脈漿膜解放テクニック

を施術する事にしました。


・結局、上記整体テクニックが奏功しましたので、この仮説の可能性は高いものと考えますが、しかしやはり重大な病態の存在を完全否定する事は、整体師レベルでは難しいので、Sさんに精査を勧めておくことにしました。


・とはいえ、「単なる筋肉痛」に見えるような症状でも、その多くのケースでその裏側に思わぬ原因が隠れている事が多いものですが、今回のSさんの寝違い-背中痛の症例でも、この事を改めて知らしめられた症例になりました。どんな症例であっても、気を抜いて油断していてはいけないな、と強く思わされる症例でした。

 

 

● 治療のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

付属治療室

JHSC整体治療室

●診療時間 【予約制】
 ・午前診…10時~13時
 ・午後診…15時~18時

●診療日
 ・月曜日~金曜日
 (水曜日=午前診のみ)
 ・第2土曜日、第4土曜日=午前診のみ

●休診日
 ・第1土曜日、第3土曜日、日曜日、祝日

●治療費
 ・初 診 7,500円
 ・2回目以降  5,000円
●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F

      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話 06-6180-6880 
●メールでのご相談・治療予約はこちら まで



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

 

● 本学院-入学のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2年制整体学校

ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院


次の二つのコースからどちらかを選んで入学して頂けます。

1 本科2年課程 (一般の方が入学するコース)
2 プロコース (鍼灸師、理学療法士などのプロの方が入学かるコース)

基礎医学科目は「動画配信による通信授業 」が出来る様になりました(勿論通学受講もOK)。

 

●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F
      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話  06-6180-6880
●メールでのご相談資料請求体験入学 受付中


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

患者さんが通院される主な地域
大阪市、淀川区、東淀川区、西淀川区、大淀区、福島区、中央区、北区、旭区、都島区、此花区、大正区、東成区、城東区、住吉区、住之江区、平野区、守口市、門真市、寝屋川市、交野市、枚方市、東大阪市、大東市、八尾市、四条畷市、藤井寺市、柏原市、吹田市、豊中市、摂津市、茨木市、高槻市、箕面市、池田市、川西市、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、堺市、岸和田市、和泉市、泉佐野市、奈良市、生駒市、京都市、向日市、長岡京市

 

gie-gieさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス