息苦しさ(呼吸困難)の整体治療 | 【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

●当院は「整体治療」と、「2年制整体学校」を運営しています。
●各疾患・症状に対しての研究-治療成果、患者さんとのエピソード、コラムなどを掲載しています。
●当院での治療(左下欄参照)、又は学院への入学希望の方は専用メールか06-6180-6880までお電話下さい。


テーマ:

息苦しさ(呼吸困難)の整体治療
患者Iさん=75才-女性/主婦の症例

 

① Iさんの病歴・・・
若い頃から登山が趣味の患者Iさんは、数年前から他の登山仲間に比べて明らかに登山中に息苦しくなることが増えてきたそうです。最近は、日常の生活で近くのスーパーに買い物に行くだけでも「ハ~ハ~」と、息苦しくなるそうです。病院での検査でも心肺機能に特段の異常は見当たらず、血液検査でも異常を指摘されたことは無かったそうです。

 

② Iさんの診察
・血圧は正常範囲内だそうです。
・食欲は充分あるそうで、食餌の好き嫌い無いそうです。
・やや便秘気味だそうですが、特に下剤を服用するほどでは無いそうです。ガス(放屁)はかなり多く、日常の動作や歩行中にもガスが出る事が多々あるそうです。
・咳、痰、鼻水などは無いそうです。
・顔面のほうれい線や胸骨部の「小じわ」はほとんどなく滑らかで、光沢がありテカテカしていました。
・かなり腹部膨満傾向で、患者Iさんもそれを自覚していました。数年前に「ガス(放屁)が多い」ことが気になって近医を受診したそうですが、「特に治療の必要が無い」と、そのまま放置しているそうです。大量放屁は今も続いているそうです。
・胸骨下角は90°以上ありました。
・いわゆる”いかり肩”ではありませんでしたが、首-肩のこりはひどいそうで、頻繁にマッサージを受けているそうです。
・胸部聴診上、特段の異常所見は確認できませんでした。
・腹部聴診上、血管雑音などの所見は確認できませんでした。グル音はやや亢進気味で、ハム音はありませんでした。
・腹部打診上、全般的に鼓音が目立っていました。
・腹部触診上、全般的に緊張と圧痛がありましたが,腫瘤感等は確認できませんでした。肝脾腫は確認できませんでした。
・内出血などの出血傾向はなく、眼瞼の色は薄いピンク色でした。
・登山で鍛えている為か、下肢の皮下脂肪は少な目で筋肉質でしたが、上肢は皮下脂肪が上腕後側を中心に増量していました。
・下肢の浮腫みや怒張三徴はありませんでした。
・ここ数年のIさんの身長体重は146cm/51kgですが、20代の頃は152cm/37kgだったそうです。

 

③ 治療目標と整体治療
     ⑴ 残留便(腸内細菌)を排出して消化管内でのガス生産を減少させる
     ⑵ 上記⑴により腹部内圧を低下させ、ウエスト矯正して胸骨下角を減少させる
     ⑶ 上記⑵により横隔膜及び斜角筋などの補助呼吸筋の負担を軽減させ、呼吸困難を解消する

・平滑筋テクニック
・胃蠕動運動亢進テクニック
・門脈解放テクニック
・横隔膜解放テクニック

 

④ 経過と結果・・・
・2回目の来院時、ガスは相変わらず多いですが、便もいつもより多く出ているそうです。
・4回目の来院時、「便が一日に5回も出てガスも減り、お腹が軟らかくなって大分ひっこみました。足の静脈瘤も薄くなって夜も寝やすくなり、首の筋肉のコリもマシになって呼吸が楽になりました」と仰っていました(☚首の筋肉への施術はしていません)。近所のスーパーにも、息を切らさずに呼吸が楽に行けるようになったそうです。
・6回目来院時、顔面の小じわが少し出て来てテカテカとした光沢もほとんど無くなっていました。また、Iさんの知人から「最近背が伸びたのとちゃう?!」と言われていて、Iさん本人も「背が伸びた」と感じているそうです。
・8回目来院時、スーパーへの買い物で全く問題なく歩けるようになったそうです。以前は腰を曲げて下方にお辞儀動作をするだけで息苦しかったそうですが今はそれが全く無く、「横隔膜が楽に下に動かせることができて、今までで最高に息が楽に出来ます」と仰っていました。

 

⑤  今回の症例の概説、、、
・心肺系の異常が見当たらず、貧血などの血液疾患や内分泌所見も見当たらない中での呼吸困難ですから、各医療機関で原因不明となるのは仕方ないかもしれません。しかし実際に「ハ~ハ~」とスーパーへの買い物まで呼吸困難が生じるのですから、加齢だけで説明できない何らかの異常が存在する可能性が高いと思われます。


・その原因を探る第一のヒントが「顔面にしわがほとんどなく、つやつやと光沢がありテカっている」という、視診上の所見だと思います。これは上大静脈などの心肺系の異常が無いとすれば、その原因を”どこ”に求めればいいのか、が問題になると思います。


・次のヒントは「過度の腹部膨満」だと思います。そこから改めて問診した結果として「20代=37kg⇒50代=51kg」と、若い頃はいわゆる「ガリガリ」で中高年から「お腹が出ておデブさん」になって来た、という事実です。この事から胸骨下角を計測すると90度を少し超えるくらいの角度がついていました。これは胸郭(横隔膜)が常時広がっていて吸気時に下方に移動しにくい、という事が推定されます。


・以上の事からおそらく、ガリガリの状態からお腹周りが中年太り的に肥えていった事と併行して胸郭も広がり、その結果横隔膜の伸長-緊張状態が持続する事により吸気量が減少して、運動時の呼吸困難状態に陥っているのでは、と推定しました。


・横隔膜の機能が減弱する訳ですから、その他の呼吸筋、例えば胸鎖乳突筋や斜角筋群になどに過度の持続的な負担がかかり、こうした頚部の筋群の疲労-緊張(☚肩こりの主因の可能性)によって頭顔部の静脈還流に影響が出て、頭顔面に浮腫が生じて「しわ」が消え、テカテカと光沢が出ていたのでは、と考えます。


・今回Iさんには腹部への施術しかしていないのに「首のコリが緩和し顔のしわがでて、呼吸が楽になってきた」のは、腹部への施術によって「腹部を減圧➡お腹の出っ張り減少➡胸骨下角の減少」となり、その後以下の様に推移したと思われます。
     ① 胸骨下角の減少➡横隔膜の弛緩-緊張緩和➡頚部筋群の負担軽減・緊張緩和➡頭顔部の静脈還流回復➡肩首のコリとしわの回復
     ② 胸骨下角の減少➡横隔膜の弛緩-緊張緩和➡呼吸困難の回復


・又、腹部への施術だけで下肢の静脈瘤が減少したのも、腹部内圧を減じた結果下肢から腹腔への静脈還流が回復し静水圧が減じたからでは、と考えられます。


・Iさんの背が伸びた原因ですが、逆に言えば背が縮んだ原因としてIさんは「背骨の軟骨がすり減ったから」と仰っていましたが、軟骨の減少はそれ程関係なく、横隔膜の緊張-疲労が胸腰移行部からの後彎を助長する事によって背が縮んで見えたのでは、と推定します。従って横隔膜の緊張-疲労が上記整体テクニックで改善されるつれて自然に胸腰移行部の後彎もIさんが気づくことなく改善し、背が伸びたのではないか、と考えます。

 

 

● 治療のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

付属治療室

JHSC整体治療室

●診療時間 【予約制】
 ・午前診…10時~13時
 ・午後診…15時~18時

●診療日
 ・月曜日~金曜日
 (水曜日=午前診のみ)
 ・第2土曜日、第4土曜日=午前診のみ

●休診日
 ・第1土曜日、第3土曜日、日曜日、祝日

●治療費
 ・初 診 7,500円
 ・2回目以降  5,000円
●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F

      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話 06-6180-6880 
●メールでのご相談・治療予約はこちら まで



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

 

● 本学院-入学のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2年制整体学校

ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院


次の二つのコースからどちらかを選んで入学して頂けます。

1 本科2年課程 (一般の方が入学するコース)
2 プロコース (鍼灸師、理学療法士などのプロの方が入学かるコース)

基礎医学科目は「動画配信による通信授業 」が出来る様になりました(勿論通学受講もOK)。

 

●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F
      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話  06-6180-6880
●メールでのご相談資料請求体験入学 受付中


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

患者さんが通院される主な地域
大阪市、淀川区、東淀川区、西淀川区、大淀区、福島区、中央区、北区、旭区、都島区、此花区、大正区、東成区、城東区、住吉区、住之江区、平野区、守口市、門真市、寝屋川市、交野市、枚方市、東大阪市、大東市、八尾市、四条畷市、藤井寺市、柏原市、吹田市、豊中市、摂津市、茨木市、高槻市、箕面市、池田市、川西市、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、堺市、岸和田市、和泉市、泉佐野市、奈良市、生駒市、京都市、向日市、長岡京市

 

gie-gieさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス