原因不明の右手の振るえと整体 =自然治癒力の応用例= | 【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

●当院は「整体治療」と、「2年制整体学校」を運営しています。
●各疾患・症状に対しての研究-治療成果、患者さんとのエピソード、コラムなどを掲載しています。
●当院での治療(左下欄参照)、又は学院への入学希望の方は専用メールか06-6180-6880までお電話下さい。

原因不明の右手の振るえと整体  =自然治癒力の応用例=

「整体、心と身体に関する悩み-質問」はこちら

【その他の寝違い、むち打ち症、首や腕の痛み・しびれ、ストレートネック関連治験例】
左腕のしびれ感
右腕のしびれと整体治療
原因不明の手のふるえ
むち打ち症による嘔吐
3週間続いている寝違いによる背中痛の整体治療
「腕の痺れ」の整体治療
上腕(二の腕)の冷え性と整体治療
「手の力が入らない」患者さんの整体治療
肩から首が痛くて首が回らない患者さんの整体治療
「右手が腫れての指が”カクン”となります」の整体治療
「首が痛くて回らない!」 首筋の痛みの整体治療
首の痛みと可動域制限の整体治療
2か月間改善しない左薬指先の痛み(シビレ感)の整体治療
【整体コラム】ストレートネック・スマホ首、、、ならぬ義務教育首、とその関連愁訴

2週間たっても治らない「寝違い」と整体治療


 

①整体による実例

55才・女性・主婦

・この患者さんは10年近く前から右手が震えるようになったそうです。安静時には振るえないのですが、例えば湯飲み茶碗を持とうとする時など何かをしようとすると振るえだすそうです。医学的には「企図振戦」と呼ばれ、小脳に異常が有る時に陽性になる所見です専門医での精査が必要です

・この症状についてはお医者さんや鍼灸師の先生による診断・治療を受けているそうですが、原因はよく分かっていず、今日に至っています。

・今まで、目立った病気をしておらず、この症状以外は健康そのものだとおっしゃっています。


 

②診 察

書字は普通に書けていて、字を書くに連れて大きくもなっていないし、小さくもなって 

 いません。
・発声・発語・歩行は正常です。

・下肢の振り子試験も正常です。

・上肢の腱反射は正常で知覚障害も認められませんでした。

・上肢や背部の骨格筋に目立ったスパズムや筋力低下は認められないのですが、後頚部(後ろの首すじ)の骨格筋はかなり緊張していました。

・頚椎にサブラクセーションは認められませんでした。

・不随意な運動は認められず、指・鼻試験は右手で3cmほどの弱陽性所見でした。ロンベルクテスト、バレ・リーウテストは陰性でした。   部分は、小脳の異常を示す所見です。


 

③概 説

・上記の診察法は、手のふるえに関係しそうな解剖学部位、つまり小脳、大脳、錐体路、大脳基底核、延髄、末梢神経、筋肉などを検査する手技と問診です。

・特に異常は見当たらなかったのですが、ただ気になる点が「後頚部(後ろの首すじ)の骨格筋はかなり緊張」でした。

・というのもこの患者さんの症状が「企図振戦と呼ばれる、小脳に異常がある所見」だからです。ただ、病院での精密検査では小脳に異常がないのですから、小脳自体の問題ではなく、小脳に関連する「何か」の異常と推定されます。指・鼻試験は右手で3cmほどの弱陽性所見でした」も、これを示唆する所見ですね。

・又、基本的に健康な状態で10年も同じ症状が続いているのですから、腫瘍や脳梗塞などの重篤な障害でもなさそうです。

・ちなみに小脳への血液供給は主に「後頚部(後ろの首すじ)の骨格筋」の奥を流れている「椎骨動脈」と呼ばれる血管ですので、ひょっとしたらこの椎骨動脈が後頚部(後ろの首すじ)の骨格筋はかなり緊張」により圧迫され、小脳が少し虚血状態になり、「企図振戦」と呼ばれる小脳症状が生じているのでは、と推定しました。


 

④施術と結果

・そこで後頚部の骨格筋に対するポジショナル・リリーステクニック(筋肉の緊張をとる特殊なオステオパシーテクニック)を約2~3分施術すると、右手のふるえはほとんど改善していました。

・おそらく筋肉の緊張が改善し、圧迫・虚血されていた小脳への椎骨動脈の血流が改善する事で、右手のふるえの様な小脳症状が改善してのではないかと、推定されます。

・当初は自分の10年にわたる「ふるえ」の症状について何気なく整体院に来られた感じでしたが、数分後にはこのふるえが解消していたので、チョッとビックリされていました。

・しかし長年月に渡る「後頚部(後ろの首すじ)の骨格筋はかなり緊張」ですから、23回は適度に通院して、この緊張の再発をさせないようにするべきだと思います。他に異常が無いか、専門医での精査が必要です

 


【肩こり、五十肩、背中の痛み関連治験例】
五十肩
四十肩、五十肩の原因と治療法
右肩甲骨内側から右手の甲にかけての違和感
背中を後ろにそらすことが出来ない
胸から背中にかけて一周する帯状の痛み
四十肩(肩こり)と整体治療
慢性的な肩甲骨~背中の痛み-コリと整体治療
五十肩(?)と整体治療
五十肩/フローズンショルダ―と整体治療
右胸から右の肩-頚部-腕-背中と顔面の引っ張られる感覚、こわばっている感覚(ジストニア?)と同部の痛みの整体治療
マッサージ器で改善しない慢性の肩こり-背中痛と整体治療
● 総合治験例はこちら

 

 

● 治療のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

付属治療室

JHSC整体治療室

●診療時間 【予約制】
 ・午前診…10時~13時
 ・午後診…15時~18時

●診療日
 ・月曜日~金曜日
 (水曜日=午前診のみ)
 ・第2土曜日、第4土曜日=午前診のみ

●休診日
 ・第1土曜日、第3土曜日、日曜日、祝日

●治療費
 ・初 診 7,500円
 ・2回目以降  5,000円
●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F

      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話 06-6180-6880 
●メールでのご相談・治療予約はこちら まで



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

 

● 本学院-入学のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2年制整体学校

ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院


次の二つのコースからどちらかを選んで入学して頂けます。

1 本科2年課程 (一般の方が入学するコース)
2 プロコース (鍼灸師、理学療法士などのプロの方が入学かるコース)

基礎医学科目は「動画配信による通信授業 」が出来る様になりました(勿論通学受講もOK)。

 

●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F
      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話  06-6180-6880
●メールでのご相談資料請求体験入学 受付中

 


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

患者さんが通院される主な地域
大阪市、淀川区、東淀川区、西淀川区、大淀区、福島区、中央区、北区、旭区、都島区、此花区、大正区、東成区、城東区、住吉区、住之江区、平野区、守口市、門真市、寝屋川市、交野市、枚方市、東大阪市、大東市、八尾市、四条畷市、藤井寺市、柏原市、吹田市、豊中市、摂津市、茨木市、高槻市、箕面市、池田市、川西市、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、堺市、岸和田市、和泉市、泉佐野市、奈良市、生駒市、京都市、向日市、長岡京