慢性胆嚢炎(右肩こり)と整体 =薬を使わずに体質改善= | 【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

●当院は「整体治療」と、「2年制整体学校」を運営しています。
●各疾患・症状に対しての研究-治療成果、患者さんとのエピソード、コラムなどを掲載しています。
●当院での治療(左下欄参照)、又は学院への入学希望の方は専用メールか06-6180-6880までお電話下さい。


テーマ:

慢性胆嚢炎(右肩こり)が整体で改善する理由と実例

=薬を使わずに改善=

①概説と症状

②慢性胆嚢炎を誘発する要因は? 

③整体は慢性胆嚢炎に効果的?!

④整体による実例

「整体、心と身体に関する悩み-質問」はこちら
この症例は基礎医学「総合応用治療学」で勉強します。



①概説と症状

・胆嚢は健康な状態では「無菌状態」ですが、慢性胆嚢炎とは何らかの原因により胆嚢に菌が侵入し、炎症が慢性的に継続している病態です(他に、アレルギーや膵液逆流などの原因もあります)。主な起炎菌は大腸菌などの大腸内の細菌郡によります。

・急性胆嚢炎から進行するタイプと、最初から慢性胆嚢炎として発症するタイプがあります。

・症状は右季肋部(鳩尾の右側)-心か部(鳩尾)-右背中-右肩などの鈍痛・違和感・重感などですが、これらの症状は脂肪食を食べた後に増悪しやすいようです。又、頑固な右肩こりの患者さんは、この慢性胆嚢炎に罹患している事もあるので注意が必要です。

・時に発熱、黄疸、灰白便、褐色尿あるいは胆石様の疝痛発作が起こる事があります。



②慢性胆嚢炎を誘発する要因は?  

・その主な感染症の発症機序は以下の3タイプです。

①上行性 = 大・小腸⇒十二指腸の胆管開口部⇒胆管⇒胆嚢(腸から胆嚢へ逆流)

②下行性 =大・小腸⇒門脈(腸から肝臓に向かう血管)⇒肝臓⇒胆嚢

③血行・リンパ行性 = 風邪などの感染症より菌が血管やリンパ管を通じて胆嚢に感染

などですが、一般的には①の上行性によるものが多いようです。

・又、胆嚢自体に 胆石症・胆道ジスキネジー・胆嚢癌などの基礎病変がある場合が少なくないので注意する必要があります。



③整体は慢性胆嚢炎に効果的?!

・先述のように患者さんは①の上行性によるものが多いようです。

このタイプは大腸から小腸⇒十二指腸⇒胆管⇒胆嚢と、腸内細菌が胆嚢に向かって逆流していくパターンですね。ですからここではご推察の様に、上記部位を逆方向に施術していく整体手法を紹介します。

・当然、内科的な抗生剤・抗炎症剤などの処方を受けていてもOKです。なぜなら私たちの整体の目的は、これらの薬と異なった目的を達成するために施術するからです。つまり整体によって自らの自然治癒力で慢性胆嚢炎になりにくい身体を作るのです。

★胆嚢の内臓整体

・胆嚢の収縮力を回復させて、胆汁の排出を促進させることで逆流を阻止し、胆嚢から細菌を押し戻す効果が期待できます。

★胆管の内臓整体

・これも同様に胆管から十二指腸への胆汁の排出を促進させて、逆流を阻止し細菌を押し戻す効果が期待できます。

★大腸・小腸の内臓整体(残留便の排泄)

・そもそも、大腸や小腸の蠕動運動が弱くなり残留便が増えると、大腸内の菌郡は十二指腸・胆管などに上りやすくなるのは当然で、これか慢性胆嚢炎の体質を導く事になりかねない訳ですね。

・ですからこの「そもそも論」に基づいて大腸・小腸の残留便の排泄を回復・促進させる事が大きく期待できる本整体法は、慢性胆嚢炎の体質を改善する最適の整体手法かもしれませんね。

★カイロプラクテイック

・右の肋骨の最下部直下に胆嚢-胆管が十二指腸に向かってつながっています。姿勢不良で右の胸椎-肋骨が胆管を圧迫すると胆汁の流れが悪くなり、菌が逆流しやすくなります。よって逆流の原因になっている変位した胸椎-肋骨をカイロプラクティックで矯正し、逆流を阻止します。

★頭蓋仙骨療法

・上記一連の過程は自律神経(主に副交感神経)によってコントロールされていますので、自律神経の調節に効果の高い頭蓋仙骨療法を適時加えると、効果的です。

★その他の整体

・先述の基礎疾患がある方は、その基礎疾患の整体手法を施術します。但し、胆嚢壊死や穿孔などの重度の合併症を併発する事もあるので、細心の注意と、その際の専門医への紹介なども考慮に入れて施術します。



④整体による実例

40才・女性(主婦)の実例 

・この患者さんは2~3ヶ月前に急性胆嚢炎に罹患されたようです。急性胆嚢炎はお医者さんにて治療され治癒したそうですが、その後右季肋部(鳩尾の右側)と右肩に、ゴルフボールがつまっている様な鈍痛を常時感じておられました。事実右肩に筋肉(僧帽筋下行部)が盛り上がった「しこり」も触診で確認できた程です。(経験上、内臓が原因する筋肉痛は、この様な筋肉の盛り上がりを触診することが少なくありません)

・マッサージや接骨院での電気治療では全く気持ちよくなく、かえって苦痛に感じておられたようです。

・急性胆嚢炎が慢性化したのでは・・・と推定し、この患者さんに胆嚢・胆管などの上記整体治療を施術したところ、相当胆汁が溜まっていたのでしょうか、胆汁のボコボコというような排泄音がしました。すると体の奥底に溜まっていた何かが「スーッと抜けていく感じ」がして、右肩の筋肉にあった筋肉のしこりもとれて、肩こりが大幅に改善したようでした。

・その後残留便改善の整体を定期的に施術する事で、肩こり等は解消し、慢性胆嚢炎の再発も今のところ生じてないようです。





● 治療のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

付属治療室

JHSC整体治療室


●診療時間 【予約制】
 ・午前診…10時~13時
 ・午後診…15時~18時

●診療日
 ・月曜日~金曜日
 (水曜日=午前診のみ)
 ・第2土曜日、第4土曜日=午前診のみ

●休診日
 ・第1土曜日、第3土曜日、日曜日、祝日

●治療費
 ・初 診 7,500円
 ・2回目以降  5,000円
●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F

      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話 06-6180-6880 
●メールでのご相談・治療予約はこちら まで



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




● 本学院-入学のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2年制整体学校

ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院



次の二つのコースからどちらかを選んで入学して頂けます。

1 本科2年課程 (一般の方が入学するコース)
2 プロコース (鍼灸師、理学療法士などのプロの方が入学かるコース)

基礎医学科目は「動画配信による通信授業 」が出来る様になりました(勿論通学受講もOK)。


●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F
      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話  06-6180-6880
●メールでのご相談資料請求体験入学 受付中


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


患者さんが通院される主な地域
大阪市、淀川区、東淀川区、西淀川区、大淀区、福島区、中央区、北区、旭区、都島区、此花区、大正区、東成区、城東区、住吉区、住之江区、平野区、守口市、門真市、寝屋川市、交野市、枚方市、東大阪市、大東市、八尾市、四条畷市、藤井寺市、柏原市、吹田市、豊中市、摂津市、茨木市、高槻市、箕面市、池田市、川西市、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、堺市、岸和田市、和泉市、泉佐野市、奈良市、生駒市、京都市、向日市、長岡京

gie-gieさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス