痛風と整体=プリン体を減らし、腎機能を回復させ、足の血流を促進させる整体法とは= | 【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

●当院は「整体治療」と、「2年制整体学校」を運営しています。
●各疾患・症状に対しての研究-治療成果、患者さんとのエピソード、コラムなどを掲載しています。
●当院での治療(左下欄参照)、又は学院への入学希望の方は専用メールか06-6180-6880までお電話下さい。


テーマ:

痛風と整体 =プリン体を減らし、腎機能を回復させ、足の血流を促進させる整体法とは=

①概説と症状

②痛風になりやすい二つの要因

③整体は痛風に効果的?!

④整体による実例



①概説と症状
・痛風は血液内に尿酸が増加し、それが足などに蓄積して炎症を起こす事で激痛発作を生じる代謝性疾患です。
以前は、閉経前の女性と50代までの男性はほとんど発症しませんでしたが、現在は尿酸の材料となるプリン体を多く含む食材の過食・美食の影響で2030代の男性患者が増加しています。又、女性ホルモンは痛風に対して抑制効果があることも知られています。

・激痛発作がない時はほとんど無症状ですが、しかしこの状態を放っておくと発作が何度も繰り返し起こる様になり、足の慢性痛や骨変形が進行し、尿酸を排泄する器官=腎臓にも負担がかかって、慢性腎不全(痛風腎)に至る事があります。

ここまで進行すると一生人工透析を続けなければならなくなります。


②痛風になりやすい二つの要因

(1)尿酸の血液内での増加(高尿酸血症)

Ⅰ・・・美食・過食

肉、魚、ビールなど、尿酸の材料となるプリン体を多く含む食材の過食は、高尿酸血症‐痛風の要因です。

Ⅱ・・・腎臓の機能低下                     

尿酸は腎臓から尿として排泄されます。この腎機能が低下すると尿酸が充分に排泄されず、血液内で尿酸が増加し、痛風の大きな要因になります。

Ⅲ・・・色々な慢性疾患(慢性肝炎など・・・)          

プリン体は人体の細胞の核にも多く含まれているので、人体の細胞が早く破壊していく慢性病に罹患していると、『細胞の破壊亢進⇒プリン体の増加⇒尿酸の増加⇒痛風になりやすい』と、進行しやすくなります。



(2)尿酸は血流が遅く、冷たい部位に蓄積しやすい
(足指・足背など)足先には筋肉も少なく、身体の中で一番下部に位置するのでどうしても血流が悪くなり、かつ冷えやすい構造になっていますので、足は身体の中で一番尿酸が蓄積しやすくなっています。


③整体は痛風に効果的?!

整体で痛風の抵抗力を自然につける、三つのテクニック

★腎臓の内臓整体 (尿酸の排泄促進)

腎機能を活性化させ、尿酸の排泄を回復させるテクニックです。

高尿酸血症を緩和させ痛風に対する抵抗力が期待できます。


★慢性疾患に対する内臓整体など (プリン体の減少)

内臓機能に活力と抵抗力を与える各臓器への内臓整体は、慢性疾患を改善する事で細胞の破壊を抑え、プリン体=尿酸の減少を期待する事が出来ます。

それぞれの患者さんの病態に応じた施術をします。


★足へのカイロプラクティック (血流改善)

足指や足背のカイロプラクティック/モビリゼーション/テーピングなどで血流を促進させ、尿酸の足への蓄積を減少し、激痛発作の発症を抑える事が期待できます。


④整体による実例
54才・男性(発症当時34)の症例・・・詳細はこちら   


最初の整体治療後、痛風発作が20年間発症せず!
34才の時に初めて痛風発作が発症した男性患者さんを定期的に施術していますが、54才に至る今日まで20年間一度も再発していず、定期検査での尿酸値も正常範囲内で安定している症例があります


・患者差本人も食生活などに注意しているようですが、腎臓の内臓整体と足の整体をすると、不摂生のしすぎで違和感が出てきた足も(痛風が再発しかけ?)、その違和感が解消され「スッキリする」と言われていす。






 

● 治療のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

付属治療室

JHSC整体治療室


●診療時間 【予約制】
 ・午前診…10時~13時
 ・午後診…15時~18時

●診療日
 ・月曜日~金曜日
 (水曜日=午前診のみ)
 ・第2土曜日、第4土曜日=午前診のみ

●休診日
 ・第1土曜日、第3土曜日、日曜日、祝日

●治療費
 ・初 診 7,500円
 ・2回目以降  5,000円
●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F

      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話 06-6180-6880 
●メールでのご相談・治療予約はこちら まで



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




● 本学院-入学のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2年制整体学校

ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院



次の二つのコースからどちらかを選んで入学して頂けます。

1 本科2年課程 (一般の方が入学するコース)
2 プロコース (鍼灸師、理学療法士などのプロの方が入学かるコース)

基礎医学科目は「動画配信による通信授業 」が出来る様になりました(勿論通学受講もOK)。


●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F
      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話  06-6180-6880
●メールでのご相談資料請求体験入学 受付中


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


患者さんが通院される主な地域
大阪市、淀川区、東淀川区、西淀川区、大淀区、福島区、中央区、北区、旭区、都島区、此花区、大正区、東成区、城東区、住吉区、住之江区、平野区、守口市、門真市、寝屋川市、交野市、枚方市、東大阪市、大東市、八尾市、四条畷市、藤井寺市、柏原市、吹田市、豊中市、摂津市、茨木市、高槻市、箕面市、池田市、川西市、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、堺市、岸和田市、和泉市、泉佐野市、奈良市、生駒市、京都市、向日市、長岡京

gie-gieさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス