View this post on Instagram

1993年9月19日プリムベールは、ここ立川市羽衣町の今の店舗からほど近い、8坪の借り店舗でスタートしました。28歳で、今の時代と違って独立は否定される謀反のように言われる時代。若さと情熱だけが見方だった。 そんな中 独立前のお取引先は、なんと全社取引をしていただけ、温かくスタートを応援してくれました。✨ しかし、この全てのスタートが出来たのには、「俺が必要な商材は全部流してやるから大丈夫!仮に取引しないメーカーがあっても、1年も頑張れば態度を変えるから」と応援してくれた、藤山さんは、僕の人生の恩人です。 あれから24年が過ぎ、 25年目のスタートです。 何度となく時代は変わり変化していきました。 変わるべき事と、変わるべきでない事。どちらも大切な事。 今、これからやりたい事でワクワクしてます。 25年目のプリムベール✨ ご期待ください✨

額縁専門店プリムベールさん(@gakuya6789)がシェアした投稿 -