ギターアンプなお話し4(スピーカー) | ギター兄ちゃんの独り言…
2011年04月24日(日)

ギターアンプなお話し4(スピーカー)

テーマ:楽器関連
引っぱり倒して早くも4日。毎度毎度のロングストーリーですみませんw

昨日の真空管のお話しで終わっても良かったのですが。

どうせならスピーカーのお話しとか。最後までもちゃもちゃやってから終わります。




の。前に。(゚∀゚)




以前紹介した福地さん。今度、宮地楽器さんでこんなセミナーやるそうです。

 $ギター兄ちゃんの独り言…

場所は宮地楽器神田店2F Zippall Hall。 *詳しくはリンク先を参照のこと

フォローアップセミナーということで。お近くの方は是非フォローされてみては如何でしょうかw

ProToolsの使い方から~今夜の晩ご飯まで。w

福地さんがきっと色んなことをフォローしてくれることでしょう(°∀°)b






では。本題に逝きます(σ・∀・)σ

スピーカーつーか。キャビネットとか。キャビとか。箱とか。色んな呼ばれ方しますね。

ま。そんなこたぁー。どうでもいいw

で。別に今日は長々とスピーカーユニットの話しを延々と書く気もないのでご安心をw

うちでレコーディングに使用しているスピーカーキャビネットのことについて軽く書きます。

うちでギターアンプを鳴らす時はこの記事で出てくるサイレントボックスというのを使ってます。

 $ギター兄ちゃんの独り言…

蓋をあけるとこうなっています。

 $ギター兄ちゃんの独り言…

基本的にはクライアントさんがうちでギターアンプのマイクレコーディングをする場合。

アンプを持参される場合はアンプヘッドやプリアンプだけを持ってきてもらい、

スピーカーキャビネットはこちらで用意してあるこれを使って頂いています。

どうしても所有するスピーカーキャビネットで音を出したいと言われれば諦めますが。

このキャビならレコーディング用にきちんとメンテナンスをして調整もしてあるので。

俺的に仕事がしやすい。なので。わりと強引にこれを使って貰うようにしていますw


箱の中にスピーカーが一発だけ入っていて。レコーディング用に改造したスピーカーボックスです。

もちろん。ライブで使うことも当然可能ですし、むしろ有効ですが。

この手の製品は見たことあるとは思います。自宅で音を漏らさずにマイク録り出来るというアイテム。

中はグラスウールの上にeフェルトという異なる2つの吸音材を新たに貼り直しています。

でも。俺はこいつを防音の為に使っているわけじゃないです。

(というか。天板に音の逃げ道用の穴をガッツり空けちゃったので防音効果は薄いw)

これはスピーカーから出てくる音をそのまま拾う為に使っています。

詳しい仕様は省きますが。これを使うことでアンプから出る音をそのままに拾うことが出来ます。

一般的なギターキャビネットってスピーカーが箱から外に向けて音が出るように作られてますよね。

 $ギター兄ちゃんの独り言…

この一般的なキャビネット。スピーカーからの共振が起こす"箱鳴り"を含めて音は聴こえています。

ギターアンプの目の前に立って聴こえてくる音がそうです。

(ただし"箱鳴り"を出来るだけ発生しないように作られている製品もあります)

この"箱鳴り"がスピーカーから出てくる音圧以上の厚みを感じたり低音感を感じたりします。

この"箱鳴り"ってヤツが問題で。ライブでもそうだし、レコーディングでも。

一般的なオンマイク録音では通常スピーカーユニットのどれか1つを狙って手前で音を録ります。

スピーカーのユニットからこの"箱鳴り"の音が出ているわけではないので。

当然ながら拾う音はスピーカーユニットからの音のみになります。

なのでアンプの前に立って聴こえてくる音とマイクで拾った音が違う音で聴こえるのは当然のこと。

ただ。完全に"箱鳴り"の音が録れないわけではなく。幾らかはオンマイクの中にも混在します。

勿論、"箱鳴り"も含めて音をキレイに録る方法もあるのですが。それはジャズとかブルースぐらいで。

一般的なポップスやロックで"箱鳴り"を含めて楽曲でギターの音を使用することは稀です。

実際問題として。この"箱鳴り"って楽曲の中では邪魔であることがほとんどなので。

無駄な低域の膨らみが音の濁りとなって。音の輪郭を損なったり。

また本来低域をカバーする楽器の邪魔をすることも多々あります。

ギター単体では良いように聴こえてくる"箱鳴り"も楽曲の中にあっては他の楽器の邪魔になりやすい。

なのでミックス時ではローカットなどでベースやバスドラの邪魔をしないようにもするのですが。

邪魔なモノだけがカット出来るほど世の中そう都合良くは出来ていません(´_ゝ`)

なら最初から無駄な低域を消してしまえば良いということで。俺はこのボックスを使っています。

無駄な低音域の成分をこのボックス内で吸音してしまっているわけです。

その為にスピーカーユニットの周りに吸音材を張り巡らしています。

レコーディングの際に一般的なギターキャビネットを毛布でくるむのは、それと同じことです。

可能な限りスピーカーユニットから出てくる音をそのまま拾おうということ。

最近はレコーディングに限らずメジャーアーティストのコンサートなどでも、

毛布や吸音材などでギターやベースのキャビネットをくるんでいるのはよく見かけますよね。

そうやって。無駄に膨らんでしまう過剰な低域成分をきちんと吸音処理することで、

ギターのアンプ側のトーンコントロールがダイレクトに出音に繋がるという利点があります。

高音を上げれば高音が。低音を上げれば低音が。もちろんアンプの性能次第ではありますが。

"箱鳴り"のせいで錯覚していた低域の膨らみや音の濁りでゴマ化されていた帯域。

それが解消されて。実際の音がきちんと見えるようになれば。

"箱鳴り"で膨らんで聴こえていた低域が、実際の音はもっと低域が薄くて軽い音だったり。

"箱鳴り"が音を濁らせていて。輪郭を出す為に必要以上に高域を上げていたなんてこともよくあります。

皆さんがアンプを鳴らしてキャビネットから出ている音だけを頼りに音作りをしているとしたら。

実はマイクで拾っている音はもっと低域が薄くて。高域は過度に出過ぎている。

なんてことになっている可能性はすごく高いかもしれませんよ~(゚∀゚)

特にライブを中心にやっているギタリストに多いのですが。その違いに気付いていないことも。

ライブでは自分は"箱鳴り"を起こしているキャビの前にいても、

お客さんはマイクで拾った音しか聴いていませんよね。聴いてもらう音がどんな音なのか。

よ~く把握しておくと良いんじゃないかなと。そう思われます(・Д・)よー



で。このボックス内にはEMINENCE(エミネンス)のスピーカーユニットを組み込んでいます。

 $ギター兄ちゃんの独り言…
こいつがまた良い感じのスピーカーで。すごく中高域に艶のある音で。モフモフします( ´艸`)w

クランチやクリーンだと低音がしっかり締まりつつ中低域にコシのある音で。

ハイゲインなブーミーサウンドでも低音が暴れることがなく輪郭が損なわれません。

ジャジーな甘いトーンからハードなメタルサウンドまで。なんでも使えます。マジで(・∀・)

もちろんボックスの構造も大きく関わってはいるのは当然ですが。


使い始めの頃は中低域が薄い感じで何となく物足りない部分もあったりして。別のものと変えたりも。

でも。我慢して使い続けているうちにエージングが良い感じに進んだようです。

低域はタイトで締まりつつも中高域に艶のある音は如何にも現代的な音じゃないかなと。

逆にカントリー系の緩いサウンドだとか古めの音は苦手かな。とも。

まぁ。そこらへんはアンプ側のセッティング次第でどうとでもなるでしょう。

問題はエージングにすごく時間がかかるということ。俺も納得のいく音が出るまで1年かかりました。

なので。オススメのスピーカーですけど。オススメできませんw




と。いうことで。サクっと終了。で。ごんす(・∀・)

何か最近はアナログっぽい内容の記事が多いね。俺w


STUDIO Air Room (PCサイト)
Twitterhttp://twitter.com/gaku4321

$ギター兄ちゃんの独り言…



AxeTrak (アックストラック )AxeTrak for Guitar [新仕様]

¥46,800 楽天

GAKU レコーディングエンジニアさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス