gaku-music-schoolのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

今日のレッスンでの出来事。


発表会を控えた生徒さん

課題曲は『The Rose』

キーはC♪


前半で使用するコードはC、G、F(押さえやすさからFM7に変更)の3つ。


こちらの生徒さんは僕がレッスンのお仕事をし始めた頃から通って下さっている女性の生徒さんなんですが、普段はギターの練習に対してのやる気が出にくく、発表会が近づいてくるとエンジンがかかるタイプの生徒さん。


今回もいつもと同じようにエンジンがかかり始めてそろそろ仕上げてこられると思っていたのであえて細かい説明はせずにいたのですが、本番まであと2週間ということを考えると少し雲行きが怪しい。。。ガーン


その生徒さんはきっと、練習量が足りないんじゃなくて「練習の仕方と意識に問題があるのではないか?」と考えましたひらめき電球


症状その1ドクロ

「FM7を押さえようとしているのにとっさにやると毎回Cを押さえてしまう」


症状その2ドクロ

「薬指ルートのオープンコードのGで教えているのに中指ルートのフォームが頻出する」

といった感じ。


よほどの感覚(理解力、観察力、分析力etc…)を備えてないと

「押さえ方(かたち)を覚えましょう!」

「スムーズにチェンジできるよう何度も練習しましょう!」

だけじゃ上達しないんですよね。


「C」と「FM7」がなんとなく形が似ているとわかっていても「C」を押さえてしまうのだから

「練習あるのみ!」

と、一蹴してしまっては先生としての職務を放棄していることになると思うんですショボーン


「2つのコードの形は似ていても微妙に中指と薬指の曲げ伸ばしの感覚が違うでしょ?コードダイアグラムを視覚的に捉え過ぎなんじゃないですかね。右手のストロークは無しにして、CとFM7を交互にゆっくり何度も押さえ変えて左手の感覚を研ぎ澄ませましょう。」


とアドバイスしたところ、ものの10分くらいで「症状その1」は治りました爆笑

「症状その2」も意識の仕方にスポットを当てたアドバイスをすることで治りました照れ

短時間で習得できたことから、やはり練習量が足りない訳ではないと言えるんじゃないでしょうかキョロキョロ


生徒さんによって症状は様々。


「うまくいかない時には必ず原因がありますので一緒に原因を考えてみましょう。」

「上達を望むのであれば月に3回のレッスンであれば残りの27日にどういう意識でどんなことをしているかが重要やと思います。」と生徒さんにはいつも話しています


「練習あるのみ!」というセリフは最後の最後にとっておく言葉なんだろうなと改めて思いましたウインク

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

gaku-music-schoolさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。