Bad condition

テーマ:

皆さまおはようございます。
昨日も今日も廃人みたいになってる山添です。

顔には珍しく吹き出物が二ヶ所
そして体には蕁麻疹が…
今回はそんなに酷くないけど
過去に蕁麻疹で二回も救急車で運ばれてる。

食べものやアレルギーではなく
原因はストレス性のもの。
アナフィラキシーショックになるのが怖くて
今回もちょっとドキドキしましたが
なんとかセーフ

今までの原因は子供や家のことだった。
他人の事ではならないんですよね。
だってどうでもいい事だもん。w

年頃になる子供は、いつまでも自分の私物では
なくなり、ひとりの人間として認めてやらないと
いけない時が来る。
そこが子離れ親離れしないといけない大変な時だが
いかんせんまだ未成年だったりなので
子離れなんてまだまだ。
母親は大変だわね〜
そして母は凄い器を持ってるよ。
世の中のお母様ほんとに皆尊敬します。

自分だけのことでは済まない。
そして子供のために言いたいことも我慢する。
それは母親にしか出来ないこと。
母は、死ぬまで子供の無償の味方やね。

今年から社会人一年生になってバタバタと
している次女。
目がキラキラしてる。誇らしく見ていますが
でも、昔は色々あったなぁ、、、
ほんとに大変なことを乗り越えて来た。
子供との折り合いだけでなく
家庭の経済事情もね。
子供に一番お金のいる時期に旦那の会社が倒産。
役員だったために色々背負わないと行けないことが
出てきて、どん底に陥った。
私が歌い出して間もないころの話しだから
もう7  8年以上くるのよね。
私は死にものぐるいで頂ける仕事全て
引き受け、月に気がついたら20〜25本とかライブを
していた。
お昼も仕事したり。
でも、そうそうライブはお金になる仕事ばかりではなくお客様も呼ばないと行けないし
自分の歌の勉強もしなくちゃいけない
体力消耗、疲労困憊で激痩せでした。
今からは想像も付かないですよね。w
そうだなぁ、体重は今から十キロ以上痩せてたね。
ステージでは、めまいがする。
真っ直ぐ歩けない。
そして、そこからパニック症候群を発症することになる。
精神科へ行くも、お薬は増えて行く一方で
抗うつ剤なんて出され
どんどん悪くなっていく自分に気が付き
私は鬱なんかじゃないー ! 
そう言いながら先生に泣いて訴えるけど
それをきちんと受け止めて生きて下さいねと
先生に冷静に言われる。(笑)
でも、お薬をやめました、自分で。
安定剤と睡眠導入剤は使ってましたね。
ステージに立つ時も安定剤半錠だけお守りで
飲んで。
なぜならパニックを起こすからなのです。
私は、エレベーター乗れない
地下鉄乗れない、シャワー出来ない
勿論美容院も行けない、大好きなスーパー銭湯も
行けない。日常出来てたことが出来ないこと
だらけになりました。
ほんとに辛かったなー

今は乗り越え、パニックも出なくなったけど
ちょっとしたことでスイッチが入りそうで
まだ今だに不安はあります。

今回のセカンドアルバム発売記念ライブでも
少しそこに陥りそうになった。
あぶなかったー
いやー、これほどしんどく辛いメンタルでのライブは過去にはない。
緊張し過ぎて吐きそうな時は何度も経験してますが
それはいい意味で緊張は大事なんですよね。
でも余計なメンタルは要らない。
ほんとに良く歌ったわ、私。

今回のライブで思ったこと。
ボーカルの立ち位置ってバックのミュージシャンと
少し違う立場にいるのが通常ジャズボーカル
でも、一つのバンドとしてやることで
その立ち位置ではなくなり、一つの輪になる。
でも今回は間違いなく私は輪に入っていなかった。
残念。


これからは、ライブの在り方、やり方
一緒にするミュージシャン、色んなことを
真剣に吟味して行こうと思っています。
私にとっては、ステージを成功させることが一番。
何よりもお客様が大事です。
大事な時間とお金を使って来て下さる。
本当に感謝しかないです。


ほんとなら今は安堵感でほっこりなはず
だけど、なんだかまだソワソワして落ち着かない状態。

蕁麻疹を見ながら色んな昔のことを思い出したりして
ネガティヴは人一倍良くないと分かっているんだけど、傷ついたものは癒えるのにも少し時間がかかるという事ね。
時間がお薬です。
そのうち治ります。


そして娘からこんなお花もらった。
色々反抗期もあった次女だけど
こんな風に成長してくれて嬉しい。
唯一のカンフル剤になっています。
ありがとう  奏(かな)
経済状況も少しはマシなっただけで何も変わってないけど、家族が健康にいられることがほんとの幸せだと思い毎日を過ごしております。

最後に
やっぱりね、何をしても何があっても
世の中パワハラと体罰とか騒いでるけど
愛があれば、愛を感じれば何でもオッケーだよ!
逆に愛が無ければ全ては崩れます。簡単に。
これは、夫婦、恋人、友達、上司部下
全てに置いて言えること!



はぁ〜 文章にして少しスッキリしたー。




{28524B92-FDFD-4292-84FC-179646F31D9D}