にほん地図から問題。 | 学研教室 東松戸小学校杉の子教室*千葉県松戸市紙敷*小学生・幼児さんの学習塾*松飛台駅徒歩4分

学研教室 東松戸小学校杉の子教室*千葉県松戸市紙敷*小学生・幼児さんの学習塾*松飛台駅徒歩4分

学研教室 東松戸小学校杉の子教室は、小学生・幼児さんの
学習塾です。
子どもたちが大人になったときに世界に通じる力を身につける
ために、学研教室の教材も先生も全力で子どもたちをサポート
していきます。


テーマ:

問題

7月23日、埼玉県(さいたまけん)熊谷市(くまがやし)では、
気温(きおん)が41.1度(ど)まで上がりました。
国内(こくない)で観測(かんそく)史上(しじょう)最高(さいこう)記録(きろく)です。


さて、埼玉県はどこでしょう?

 


 

 

日本地図

 

埼玉県を地図で調べてね。

 

 

埼玉県の平野部が、高気圧に覆われる夏に、周りに比べて暑くなるのは、主にふたつの理由が考えられます。

☆ 気温の上昇を抑える冷涼な海からの南風が暖められながら運ばれてくる!
埼玉県の平野部は、関東平野の奥まった所に位置し、南からの海風の進入が遅くなります。また、海風は東京などの大きな都市を通ってくる間に暖められて、気温の上昇を抑える効果が小さくなります。

☆フェーン現象
上空の風が、関東平野の北側や西側の山を越えたあと吹きおりてくることがあります。地上は上空より気圧が高いので、吹きおりてくるにしたがって空気は圧縮されて温度が上がります。これを「フェーン現象」といいます。
この温度の上がった空気が、熊谷付近に流れこんで気温が上がります。

熊谷地方気象台
https://www.jma-net.go.jp/kumagaya/kikou/heat_why.html

 

 

学研 東松戸小学校杉の子教室さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス