「意見が言えない子」に親ができる4つのこと | 学研教室 東松戸小学校杉の子教室*中学生・小学生・幼児の学習塾*千葉県松戸市*松飛台駅徒歩4分

学研教室 東松戸小学校杉の子教室*中学生・小学生・幼児の学習塾*千葉県松戸市*松飛台駅徒歩4分

学研教室 東松戸小学校杉の子教室は、中学生・小学生・幼児さんの学習塾です。
子どもたちが大人になったときに世界に通じる力を身につける
ために、学研教室の教材も先生も全力で子どもたちをサポート
していきます。


テーマ:

「意見が言えない子」に親ができる4つのこと

 

● 自信を喪失している高校生が非常に多い

 

高校の場合、受験をして入学しますが、そのときに自分のやりたいことがあるからと高校を選ぶ子は少なく、自分の学力、偏差値によって受験校を判断することが少なくありません。つまり、学力という指標で、判断され、序列化され、レベルというレッテルを貼られます。その学力のレッテルを自分の存在価値そのものと勘違いし、自信を喪失していることが多々あるようです。ですから「自信を高める」ことは、今の子どもたちにとって最も大切なことではないかと考えられます。

 

● 自分の意見をはっきり言える、自信のある子にする

「言いたいことがあるのに発言できない」お子さまには、下記の4点に留意し、日常の中でさりげなく語りかけ、「話す練習」をしてみましょう。発言が増えるに従って、子どもの自信も少しずつ増してきます。

 

(1)関心があるテーマについて話をしてみる

(2)意見が出るような質問をしてみる(「なぜだと思う?」「どうすればいいと思う?」)

(3)意見には正解も不正解もないことを教える

(4)他と異なる考えや意見こそが重要であると教える

 

【東洋経済ONLINE】

ぐんぐん伸びる子は何が違うのか? 石田勝紀https://toyokeizai.net/articles/-/172955 より

学研 東松戸小学校杉の子教室さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス