ここまでやる!できる子の「図鑑のある生活」 | 学研教室 東松戸小学校杉の子教室*千葉県松戸市紙敷*小学生・幼児さんの学習塾*松飛台駅徒歩4分

学研教室 東松戸小学校杉の子教室*千葉県松戸市紙敷*小学生・幼児さんの学習塾*松飛台駅徒歩4分

学研教室 東松戸小学校杉の子教室は、小学生・幼児さんの
学習塾です。
子どもたちが大人になったときに世界に通じる力を身につける
ために、学研教室の教材も先生も全力で子どもたちをサポート
していきます。


テーマ:
「図鑑を引く」

東洋経済 ONLINE
親野 智可等 : 教育評論家

 

家の軒先にツバメが巣を作っているのを見たり、テレビでツバメのことを扱った番組を見たりなどしたときに、鳥の図鑑でツバメについて調べてみるのです。これを、私は「図鑑を引く」と呼んでいます。

 

図鑑には、いろいろな種類のツバメが出ていて、ツバメの生息地、生態、餌、子育ての仕方なども出ています。「ツバメは季節に従って長距離の移動を繰り返す渡り鳥である」という説明を読めば、渡り鳥という概念を知ることもできます。図鑑で知識を得ると、次に本物のツバメを見たとき、以前より興味深く見たり観察したりすることができます。こういう経験をした子は、小学4年生の理科で、あるいは中学や高校の理科の授業で渡り鳥の勉強をするときにも、とても興味深く取り組むことができます。

 

また、たとえばアマゾン河流域を旅する番組を見たら、地理図鑑でアマゾンを調べてみます。すると、アマゾンの位置、自然環境、動物、植物、人々の生活など、いろいろな情報を読むことができて知識が増えます。

 

一度このようにちょっとした深掘りをしておくと、その後テレビ、新聞、雑誌などでアマゾンについての情報が出てきたときにも、意識に引っかかるようになり、それによってまた知識が増えます。すると、中学や高校の地理の授業でアマゾンについて勉強するときにも、興味深く取り組むことができるようになります。

 

古墳を見たら歴史図鑑を引き、キッザニアで職業体験をしたら仕事図鑑を引きます。水族館で魚を見たら魚図鑑、乗り物に乗ったら乗り物図鑑です。テレビのクイズ番組で素数や円周率などの話題が出たら算数・数学図鑑、健康番組を見たら人体図鑑、新しい惑星が発見されたというニュースを見たら宇宙図鑑です。「春一番が吹きました」というニュースを耳にしたら季節の図鑑、年賀状を書くときは生活図鑑です。たとえ調べたものを全部読まなくても、ちょっと見たり読んだりするだけでもかなり違います。

 

読んだところや印象深いところに、マーカーペンやボールペンで印をつけておくのもいいでしょう。足跡を残しておくのです。それが増えると、もっと増やしたいという気持ちが出てきて、ますます活用するようになります。

 

また、以前調べた印のあるところは自然に目に止まるようになるので、その都度ちょっとした復習ができます。それによって、知識の定着が促進されます。日頃からこのような「図鑑のある生活」を送っている子は、知識が豊富で知的好奇心も旺盛ですから、自然に学力がつき成績も上がります。毎日のちょっとした知的な積み重ねが、「塵も積もれば山となる」で膨大なものになります。こういったことがまったくおこなわれていない生活と比べれば、その差は歴然です。

http://toyokeizai.net/articles/-/209984

 

学研 東松戸小学校杉の子教室さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス