古民家をリノベーションな感じ。 | おやじライダーのブログ

おやじライダーのブログ

趣味はバイクとアウトドア・・・って言ったってアウトドアに目覚めたのはついこの間、でも・・・でも・やっと手に入れたキャンピングカー!!
走って泊って、アウトドアの達人になってやるぞっ!!


テーマ:
全国の至る街で行われている古民家のリノベーション。その佇まいに心がホッコリして
私は大好きなんです。
古い畳、土壁、障子、そんなあの頃は
あたりまえだった調度さえ、いまの家では
見ることもできない今日この頃。
そんな物に囲まれているだけで
心が落ち着いて大きないいため息?が
漏れたりする。
米子にもそんなお店がある。

もとは旅籠屋さんだったこの建物も今は
料理を出して若い人たちを待っている。
ここは以前はおばあちゃんが独り暮らしで
私も配達でよくうかがっていた。
今の帳場のところで小さなおばあちゃんと
よく話したりした。とても可愛い
おばあちゃんだった。



玄関の照明も暖かいですね。
でも当時の古くから伝わる?ような
懐かしい匂いはもうしません。

当時の商店にはウナギの寝床と言われる
こんな土間的な廊下がありました。
子供の頃はなんかジメッとして嫌な空気
だったけど、今は何か空気が澄んでいるようでも
あります。

なぜか二階に上がる向きに穴が開いていて
往き来が出来そうな感じにも出来てます。

これがそこを上から見た図ですね。
なんかいい感じですね。
とても開放的です。


表の二階と裏の二階の間には興味深い
中庭が作ってあったりして。
一階に通じる窓?にはセルロイダー?な
板が貼ってあったりして、なにか
オモローな世界です。

トイレがまたすごいです。
これは名のあるデザイナーの産物では
ないことがよくわかります。
でもその辺りが憎めないというか、
微笑ましいというか。

最後にこのお店のおはこのモツ鍋は
めっちゃウマだった事も付け加えておきますね。
小皿、お刺身、一品料理、そしてメインの
モツ鍋、シメの麺までがとても美味しく
楽しめました。
皆様も、今更ですが、ぜひ一度
お出かけください。

おやじライダーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス