就活の際人事からの内定の電話で、

偉そうにも「営業配属でないなら、別の内定を頂いている会社に行きます。」

と言った私💦

結果は…、企画配属で、以来営業職についたことがありません😅




専門職以外の同期配属は、美大で日本画専攻が2名。

このアウェーな環境で、何ができるんだろ⁉️

と不安になりましたね💦

それも社内で初めて作られた仕事内容で、なんだかよく分からない職種。

企画の想いを営業や店頭に伝え、お客さまやお店の意見を企画にフィードバックする仕事でした。

今でいう、「店頭MD」ですね。

40年前にはなかった職種ですから、それを考えた上司は、先見の明があったんだなぁ。




その後は販促に異動し、カタログ制作を通してブランドのイメージをお客さまにお伝えする仕事をしつつ、展示会や店頭ディスプレイで、ブランドイメージを提案してきました。

思えば、ずーっと企画の想いをお客さまに伝える仕事をしてきていました。

アパレルの企画室での3年間は、身近でものつくりを実感するという、かけがえのない経験でした。

あの時間があったから、どれだけの人と手順を踏んでものが作られるかを体感し、そこに込められる人々の想いを知りました。

その経験が、後に商品開発やブランドのディレクションに繋がりました。




近江八幡でいろんな方とお会いして、気付きました。

私がやりたいことって、入社一年目からずっとやってきたことかも⁉️

つくり手の想いをお客さまに伝えることで、より商品を分かって頂き、好きになってもらう。

ものづくりの方々みなさんが、想いを伝えるのが上手いワケではありません。

つくるのは得意でも、それを伝えるのは別ですからね。




そういう方々や商品の想いを伝えることは、ものづくりをしない私にも出来ます。

第三者だから伝えられる事もあるでしょう😊

ものづくりの想いを伝えることを、これからもご紹介していきますね。





グッドエイジスタイリスト