☆LONDON & 帰国後の日記☆♪☆

キラキラGAINSFORD☆STREETのブログへお越しいただきありがとうございますキラキラ


ヨーロッパ生活5年半の回想録を中心に、大好きな映画やその他エンタメ&アート情報、帰国後の日記などをお届けします☆☆




    5 YEARS IN LONDON ☆♪☆ 帰国後日記


             ●sss読者登録歓迎ですsss


        いつもお読みいただきどうもありがとうございます。


    


キラキラキラキラ過去のお勧め記事キラキラキラキラ




※→紫色の文字の上をクリックしてね。


蝶々私の住んでいたLONDONフラット →Tower Bridge その1


蝶々通訳翻訳のお仕事 →翻訳の仕事1


蝶々コルドンブルーのレシピ付★ →アフタヌーンティー@Tokyo


蝶々イギリスの歴史もわかるお勧め映画 →ブーリン家の姉妹



5 YEARS IN LONDON ☆♪☆ 帰国後日記


好評いただいた地中海南国の連載はこちらからご覧いただけます。
 キラキラキラキラ貴族のイビザ邸キラキラキラキラ



5 YEARS IN LONDON ☆♪☆ 帰国後日記 


その他過去記事の目次はこちらからご覧いただけます。


 キラキラINDEX 海外情報編キラキラ



 キラキラINDEX 英語学習&キャリア編キラキラ



 キラキラINDEX エンターテイメント編キラキラ



 キラキラINDEX グルメ編キラキラ

  • 06Jun
    • 『唯一軒』中環 (セントラル)

      キャセイパシフィックの❛香港スタイル❜という情報サイトがとっても使えるのですが、そちらに文字通り唯一紹介されていた四川料理のお店です。 香港といったら、基本的には飲茶とか広東料理がやっぱり食べたいものの上位に入りますが、そればっかりだとだんだん飽きてきて別の刺激が欲しくなります。刺激的な食べものといえば四川料理。 しかしながら、香港で四川料理の名店みたいなものは聞いたことがなく、お店の数もそんなには多くないようで。。❛香港スタイル❜でも、紹介されていたのはほんとに1件のみ。 写真から、ちょっとローカルなお店な感じがしましたが、場所もすごいところにあります。特に九龍島側にステイしていたら、こんな香港の山奥までなかなか来る機会はありません。ヒルサイド・エスカレーターを登って登って、米国の方々が立ち飲みしているバーを横目にひたすら奥地に入っていくと、まさに隠れ家のようにあります。ランカイフォンよりもっと先という感じです。 しかしわざわざ来る甲斐があります。最寄り駅は恐らく中環になり、そこから「最寄り」と言ってはいけないぐらい歩きますが、そんな立地にありながらキャセイさんが紹介するだけのことはあり、食事がとっっても美味しかったです。特にこのCrispy Egg Plant・・・云々というお料理が、信じられないぐらい美味しいです。持って帰って家族に食べさせたいレベルです。1品の量がそこそこ多いので、2人だとたくさん頼めなかったのが残念ですが、上記のクリスピー茄子の他、くらげの前菜と、タイガーエビのチリソースのようなものを頼みましたが、どれも花丸です。 それからこの不思議な気分になれる店内。また辿り着く前は半ば文句を言いながら登ってきたヒルサイド・エスカレーターも、実は旅行気分を盛り上げてくれるものでした。今回の旅行はあまり観光をする気がなくて、ホテルでマッサージして、ホテルで食事して、ホテルで飲んで、ほとんどホテルライフで終わりかけていたので、『唯一軒』に来ることが唯一の観光みたいな感じでした。 ちなみにローカルと言いましたが、「日本人観光客向け」ではあまりないという意味で、ローカルでも全然ありません。場所柄もあり、やはり西洋の方に好まれてる感じでした。香港も格差が激しくて、ローカルすぎるお店はちょっと衛生的に気になることもありますが(特にお茶に使ってるお水が、明らかに水道水だったり・・)、そういったこともありません。というわけで、飲茶に飽きたらぜひ♡ via☆GAINSFORDのトラベルビューロー☆ Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
    • 『唯一軒』中環 (セントラル)

      キャセイパシフィックの❛香港スタイル❜という情報サイトがとっても使えるのですが、そちらに文字通り唯一紹介されていた四川料理のお店です。基本的には飲茶とか広東料理がやっぱり食べたいものの上位に入りますが、そればっかりだとだんだん飽きてきて別の刺激が欲しくなります。刺激的な食べものといえば四川料理。しかしながら、香港で四川料理の名店みたいなものは聞いたことがなく、お店の数もそんなには多くないようで。。❛香港スタイル❜でも、紹介されていたのはほんとに1件のみ。写真から、ちょっとローカルなお店な感じがしましたが、場所もすごいところにあります。特に九龍島側にステイしていたら、こんな香港の山奥までなかなか来る機会はありません。ヒルサイド・エスカレーターを登って登って、米国の方々が立ち飲みしているバーを横目にひたすら奥地に入っていくと、まさに隠れ家のようにあります。ランカイフォンよりもっと先という感じです。しかしわざわざ来る甲斐があります。最寄り駅は恐らく中環になり、そこから「最寄り」と言ってはいけないぐらい歩きますが、そんな立地にありながらキャセイさんが紹介するだけのことはあり、食事がとっっても美味しかったです。特にこのCrispy Egg Plant・・・云々というお料理が、信じられないぐらい美味しいです。持って帰って家族に食べさせたいレベルです。1品の量がそこそこ多いので、2人だとたくさん頼めなかったのが残念ですが、上記のクリスピー茄子の他、くらげの前菜と、タイガーエビのチリソースのようなものを頼みましたが、どれも花丸です。それからこの不思議な気分になれる店内。また辿り着く前は半ば文句を言いながら登ってきたヒルサイド・エスカレーターも、実は旅行気分を盛り上げてくれるものでした。今回の旅行はあまり観光をする気がなくて、ホテルでマッサージして、ホテルで食事して、ホテルで飲んで、ほとんどホテルライフで終わりかけていたので、『唯一軒』に来ることが唯一の観光みたいな感じでした。ちなみにローカルと言いましたが、「日本人観光客向け」ではあまりないという意味で、ローカルでも全然ありません。場所柄もあり、やはり西洋の方に好まれてる感じでした。香港も格差が激しくて、ローカルすぎるお店はちょっと衛生的に気になることもありますが(特にお茶に使ってるお水が、明らかに水道水だったり・・)、そういったこともありません。というわけで、飲茶に飽きたらぜひ♡via☆GAINSFORDのトラベルビューロー☆ Your own website, Ameba Ownd

      10
      2
      テーマ:
  • 15May
    • 『OZONE』リッツカールトン香港

      世界一高いバー。HEIGHTもPRICEも❛バエ度❜も高いです。@118階。 この感じはどこかで見たことあるんですが、思い出せません。一昔前にロンドンではやったレストラン『SKETCH』も彷彿させます。ここはやはり土曜ではなく金曜か普通の平日に行くのが良いかもです。旅行だと週末をかけがちではありますが、せっかくの夜景も土曜は半減します。 とにかくバブリーなのは内装だけで、客層がけっこう微妙でした。ちなみに夜景の見えるテラス席は煙草の匂いがすごすぎて、3分が滞在できる限界です。 その上たぶんこれは、土曜だけのせいではないかもしれません。香港島までちょっと距離があって、正直東京の夜景と比べてしまうと別にわざわざ見に来る夜景でもないです。夜景だったら香港島側にあるSEVVAの方がだんぜん迫力あります。金融街が目の前に迫るSF体験ができます。 via☆GAINSFORDのトラベルビューロー☆ Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 04Jun
    • ロンドン・グルメ その7

      Award Winningの洗練されたインド料理やさん。Bombay Palace~ウェスト・ロンドンのBest Indian Restaurant~最寄駅:地下鉄マーブル・アーチ上質なインドのスパイス。久しぶりのロンドン情報です!ロンドンには元植民地であったインドからの移民がたくさんいるので、インド料理は本場顔負けといってよいぐらい本気のお店がたくさんあります。洗練された店内。こちらのBombay Palaceは、ウェストロンドンのBest Indian Restaurantに選ばれたどちらかというと高級なインド料理屋さんで、ロンドン以外にもNY、ビバリーヒルズ、クアラルンプール、モントリオールなど幾つかの都市に支店があります。前菜。カレーの前に、インド流おせんべいのようなお通し(?)と、タンドリーチキンをいただきました。店内も落ち着いており、お料理も品の良い感じで盛りつけられて出てくるので、インド料理とはいえとても優雅にいただくことができます。本気のインドカレー。カレーは、かなり辛いと言われたものとふつうの辛さのものを混ぜて頼みましたが、英国のインド料理屋さんはなにしろ本気なので、辛いといったら本当に辛いです!ひとくち食べるごとに「ひーーー」と言いながらも、けっこうおいしいかなり辛いカレー。もちろんふつうの辛さのものは、ふつうにおいしい!し、すこし混ぜながら食べるのもありです。美しいカクテル。わたしはフルーツのカクテルを頼みましたが、友人はマティーニ。辛いインドカレーとマティーニって、最強の刺激的な組み合わせですね。実はこの日は日帰り旅行から戻ったばかりでしたが、なんだかほんとに贅沢にフル活動した!という感じの1日でした。

      61
      6
      テーマ:
  • 06Jan
    • Happy New Year !!!

               Salute・・・☆明けましておめでとうございます!実家でお昼まで寝て、午後からゴルフ練習して、夜はふぐとかにを食べて、模範的なお正月でした♡今年もよろしくお願いします。

      36
      3
      テーマ:
  • 13Aug
    • SK-II ステムパワーエッセンス

      圧倒的なハリで、SK-IIの提唱する美肌チェーン・リアクションサイエンスを体験。ステムパワーエッセンス。SK-IIのキャンペーンに参加中SK-IIさんのスキンケアは、これまでもモニターでいただいたり自分で購入したりで繰り返し使用させていただいており、絶対的な信頼がもうすでにあります。なので、使用感が良いことや、すぐに実感が得られることはもう「あたりまえ」というぐらいの心構えで、あとは機能別にどんな新しい体験が得られるのかしらとわくわくするのみです。eggyolkyellowというわけで、商品が届いて楽しみにしながら使ってみました。手に取ると、とろんとしたテクスチャーとともに、ふんわりとした優しくて甘い香りがして、さっそく良い予感がします。いつも言及しますが、この香りの効果ってばかにできないと思います。毎朝眠い中、半ばめんどくさい気持ちでお顔を洗ってスキンケアで肌を整えて・・・って、日々繰り返し繰り返しやるわけです。そこで嫌いな臭いにつつまれるのと、心地よい香りにつつまれるのとでは、朝支度の気分がまったく違います。StemmedGreens次はつけごこちですが、もちろんこれも重要な要素。なかなか肌になじまないとか、つけたときにべたべたするとか論外ですが、ステムパワーはつけごこちが抜群です。とろみがあるけどべたつきはいっさいなく、少量でも肌に伸びてすぐになじむ感じで、つけた後にしっとりとした感触に!そういえば年々弾力が失われているけれど、若いころ(=本来)はもっと肌が柔らかかったんだなあと、久々に思いだしました。ErysimumStembyMolecularAudioあとは時間がたってからの、「もち」ですが、これもなかなか優秀でした。せっかく朝つけた時に肌が潤いがあっても、どちらかというと時間がたってからが勝負。ですが、いちばん大事(?)な夕方以降も、肌のかさつきはいっさいなく、1日中しっとりしています。おなじみのピテラさまの力も手伝ってか、保湿力がとても高いんですね、きっと。信頼のブランド!というわけで、個人的にはホワイトニングシリーズも私は好きですが、ステムパワーもかなりの高得点評価でした。いつもながら、モニターで使わせていただくと、母にもつい試させてあげたくなる→そして結果2人でリピート購入するというパターンに、今回もなりそうです。

      22
      2
      テーマ:
  • 20Apr
    • ディオール アディクト フルイド スティック

      口紅でもグロスでもなく一塗りですべてが叶う、ディオール初のオールインワン・リップ! 2014春 新発売!◆ディオールのキャンペーンに参加中 Diorから、ありそうでなかったオールインワン・リップが新発売されました!!全16色ある中から、今回はピンク・コーラル系の「469 アバンチュール」をDior様よりいただきました。 アディクト・シリーズから。口紅でもない、グロスでもない、というと、色つきのグロスのようなものを想像していましたが、ブログやコスメサイト等でいち早く試した方の感想を見る限り、どうやら想像を超える「新感覚」が期待できそうなので、とても楽しみです。 口紅みたいな容器。さっそく届いたフルイド・スティックは、まるで口紅のような形の入れ物に入っていてとてもCute。この美しいデザインだけでも、持ち歩いて自慢したい感じです。 じゃーーん。そしてふたを開けてみると実はつややかなグロスが入っており、チップで塗るタイプになっています。つけた感じは、なるほど新感覚という感じで、ものすごく伸びがよくなめらかな感じに塗ることができるのですが、その割にしっかりと発色していっきにお顔が華やかになります。 1本で色々楽しい。そして私が気に入った点は、たっぷり塗るとゴージャスなグロス風になり、逆に少量を均等に伸ばすと唇にほんのりピンクみが加わって可憐な感じになり、またそこに透明なグロスを+オンするとこれまた可愛く、オールインワンというだけあって、1本で色々楽しめるところです。こちらのアバンチュールは割とはっきりとした色見ですが、ベージュピンクから真紅までカラーバリエーションが豊富なのも嬉しいです。最近透明なグロスばかり使用していたので、色々な色を試してみたくなりました。詳しい商品情報はこちら 。

      23
      7
      テーマ:
  • 19Mar
    • タイ旅行記 スワンゴルフ&カントリークラブ

      アジアツアー開催地ともなった、タイの名門ゴルフ場。タイ旅行2013 その4※その1から見る→こちら Swan Golf & Country Club。王室の避暑地ホアヒンからバンコクへ戻り、翌日はゴルフ。 リゾートらしいクラブハウス。バンコクの中心から車で約1時間ぐらいのところにあるSwan Golf & Country Clubは、2005年にオープンした新しいゴルフコース。タイのゴルフコースといえば、ペニンシュラグループ経営のタイカントリーやローズガーデンなど歴史ある名門が幾つか浮かびますが、新しいながらこちらのSwanも手入れされた美しいグリーンや卓越したコースデザインなど、老舗にひけをとることがないと言われています。 1番ホール。南国のリゾートにあるゴルフ場といった感じの景観で、池が多いのも特徴です。 かわいいキャディーさん。色々オーダーできると思いますが、タイではキャディーさんが最低でも1人に1人つくのがふつうだそうです。打つ直前まで日傘を持ってついてきてくれたり、カートも1人1台で、まるでえらい人になった気分です。1人につき3人のキャディさんをつけ、それぞれ傘を持つ人、ティアップする人、バッグ持つ人、と何から何までやってもらう、やくざみたいな趣向のプレーヤーもよくいるとか。 景色だけで充分楽しめる。しかしながらリゾート感溢れるこの優雅な景色のわりにけっこう難易度高く、おまけに1つ★取り下げたい点として貸しクラブがあまりにひどく、初心者のわたしは四苦八苦。特にレディスは、いったい何十年前のクラブだ??という感じの、今時見たこともないくらいヘッドの小さなドライバーや、重たーーいアイアンなど。そもそも道具借りてゴルフするのがナンセンスと父に言われ、次回からは海外で周る時も自前クラブを持参することにしました。 ラウンド終了!ちなみに海外のゴルフ場は、ハーフラウンドで一旦ランチ休憩、ってことはまずないそうです。持参したお菓子をカート移動中に食べながら、ぶっつづけで約4時間。リゾート気分×本気スポーツ根性のハイブリッドな1日でした。

      23
      2
      テーマ:
  • 08Mar
    • オバジの美容液シリーズが、リニューアル!

      ビタミンC美容液のパイオニア的存在、オバジの美容液が新しくなって登場! 説得力のあるパッケージ。★ロート製薬のモニターに参加中 オバジといえばビタミンC、ビタミンCといえばオバジ、というほど馴染みのあるこの商品! PackedwithvitaminCProject365_3Day350by KeithWilliamsonそもそもビタミンCが美白に良い!ということを知ったのも、思えばこちらのブランドを通してでした。特にオバジCには、高濃度のピュアビタミンが大量に配合されていて、そこらへんのビタミンCコスメとは一線を画しているというイメージ。 フレッシュさを保つ工夫?というわけでずっと気になっていたオバジCですが、この度Ripreさんのモニター案件に参加させていただくことになりとても嬉しいです!しかも先日ハワイで日焼け止めを頻繁に塗っていたのにも関わらず日に焼けてしまい、メラニン対策に必死になっていた矢先なので、超タイムリー。 persimmon-fullofVitaminCbystsnck商品が届き、夜まで待てずに早速試してみました。そして数時間後に鏡を見てびっくり。なんと肌のなめらかさが格段にUPしています! 倒れないようにケースまでついている。最近よく写真を美肌加工するアプリとかありますが、まるでそのアプリを使って補正したかのように、毛穴レスな肌になっていました。これはどうやら+配合されているビタミンEの抗酸化力によるものみたいです。本当に陶器のような質感になり大興奮! vitamincclubbyRobynlou8肌の透明感もUPし、期待以上の高い効果を実感しました。今回はオバジC20セラムの方をモニターいたしましたが、こちらは複合的な肌悩みにおすすめの商品とのことで、確かに全体的に手ごたえを感じました。逆に若い方や肌が敏感な方は、C10で丁度良いかもしれませんね。というわけで、しばらく続けて「ハワイの日焼けをなかったことに」したいと思います!◆商品詳細ページはこちら

      17
      7
      テーマ:
  • 22Feb
    • ランチ @Chez Lui

               Salute・・・☆ 母帰国中につき、代官山シェ・リュイでランチしました。土曜の昼間って、1週間の中で一番優雅な時間です。

      28
      1
      テーマ:
  • 31Jan
    • タイ旅行記 Seafood @ホアヒン

      ホアヒンの海辺でシーフード満載。タイ旅行2013 その3※その1から見る→こちら タイ王室の避暑地。2013年の旅行記がまだ終わってません。ヨーロッパやオセアニア旅行者からの人気も高い、タイ有数の避暑地ホアヒンの続きです。 ホアヒン駅。かつての王族が使用した専用待合室があるというホアヒン駅です。 世界各国の料理店が並ぶ。バンコクからお金持ちがわざわざ食事のためにくるという有名なレストランから日本のラーメン屋さんまである、グルメな街でもあります。 犬だらけー。なぜか犬がいっぱいいる、ホアヒンの海岸。 じゃん!と長らくひっぱりましたが、こちら大人気のシーフードレストランChaoLay Seafood です!3人であほみたいにたくさん頼んじゃったので、コメント抜きでどんどん写真UPします。 頼みすぎーー!えーー、ビールはやはりSHINGHAが一番好きで、そのあと続々とやってくる一品料理。くーしんさい以外は全てシーフードですが、どれも美味しい! お隣はがらがら。ところで海岸沿いには似たようなテラス席のレストランがずらっと一列に並んでいますが、ここ以外はほとんど閑古鳥です。ワナカーム同様に、タイ風ミシュラン?のお椀マークがついているのも安心。 蟹+カレー。さて終焉に入ってまいりますが、蟹を甲羅ごとカレーソースで炒めたプー・パッポンカリーは、APEC首脳会議の際にタイへ訪れた小泉元首相も大変お気に入りだったとか。炒飯と一緒にいただきましたが、白いご飯の方があうかも。 とどめさす。さいごはトムヤムクン。これまたすごいボリュームですが、ほぼ完食。 大繁盛。すっかり夜が更けてもお客さんが入れ換わりやってきて、たいへん賑わっていました。次回はバンコクへ戻って、ゴルフのラウンドです!■続きを見る→こちら

      25
      6
      テーマ:
  • 31Oct
    • Am I Spooky..?

               Salute・・・☆色んな意味で日本人離れした、アメリカ帰りの友人Oさんからお借りしました。やばい、変装癖になりそう・・。

      15
      テーマ:
  • 22Sep
    • YSL Forever セラム

      ベストコスメ25冠達成、無敵の美容液。 King of Anti-Aging !◆イブサンローラン様より頂きました ◆今回は、女性誌や@cosmeのコスメアワードにて、2012年からの約1年間で25冠を受賞した話題の美容液、フォーエバー リブレイター セラムをYSL様より頂き、レポートさせていただきます。 sudachi by davecitoフォーエバー リブレーター セラムといえば、エイジングケアの中でも最も話題になっている美容液。 YSL SKINSCIENCEが独自開発。そのアンチエイジングに一役買っているのがグリカンアクティブという整肌成分。グリカンとは肌細胞の表面にもともと存在し、若さを保つための皮膚機能に必要なメッセージを発信する役割を担っているのですが、年齢とともに減少してしまうそうです。 CitruslimonbyPressebereichDehnerGartenCenterグリカンアクティブはその若々しさの鍵ともいえるグリカンの機能をサポートするもの。 YSLの品格。というわけで、さっそく試してみました!シンプルではありますが、YSLさんのコスメはパッケージや容器にもどこか気品が感じられますね。 floral tribute by orangekumaまず感想としては、香りがとてもいい!強すぎずふんわりした野花のような香りです。化粧品は機能がだいじなことは言うまでもありませんが、上記のパッケージや容器の気品同様、つけた瞬間良い香りに包まれるなど、毎日使う上での女性心をくすぐられることも重要な要素だと思います。 先進のサイエンス。そして肝心な機能ですが、まずとろみがあってつけ心地が良いのと、そのつけ心地どおりのしっとりした感じが1日中続く点が非常に優秀!それからこれはグリカンアクティブの効果と思われますが、肌にふっくらとしたハリが感じられ、特に疲れている時の下がり気味のお顔にはありがたい感じです。 Romulis amber Latvia by wwwguigoeu使い始めて約1週間ぐらいになるかと思いますが、少しずつ肌の弾力が上がってきているように感じます。というわけで、1ヶ月後のコンディションが非常に楽しみなのでした!◆ブログ読者の方のプレゼントはこちらから ◆Ripreさんの案件に参加しています

      5
      テーマ:
  • 14Sep
    • タイ旅行記 Dusit Thani @ホアヒン

      タイ王室の避暑地、ホアヒンのリゾートに宿泊。タイ旅行2013 その2※その1から見る→こちら Dusit Internationalの品格。タイは今までバンコクとプーケットに滞在したことがありますが、今回は王室の避暑地ホアヒンに宿泊。 レンタカーで。車を借りて約3時間と、けっこうな長旅。 王族が避暑に訪れるホアヒン。今回宿泊したのは、アジア&中東にリゾート展開するデュシット・インターナショナル・グループの1ブランドであるDusit Thani。 お部屋からオーシャン・パノラマ・ビュー。お部屋のバルコニーからは、全室プールやプライベートビーチのパノラマビューを眺めることができ、これ以上にリゾート気分になれるものはない、という感じです。 プールサイドバー。プールは2つあり、メインじゃない方のプールには、こんなふうに水につかりながらお酒を飲めるバーが併設されています。 プールサイド・ランチ&エステ。またプールサイドでパッタイを食べたり、オイル・マッサージをしてくれる屋外エステもあり、ホテルの中で1日中遊んでいました。 7つのレストラン&バー。夕食はホアヒンの街中でシーフードを食べたので、後日またレポートいたしますが、食後はホテルに戻ってピニャコラーダを。グラス代わりのココナツの実の中にはまだココナツの果肉が残っていて、スプーンですくって食べるとたいへん美味でした。 バスルーム合格。ホテルに泊まると毎回必ずチェックするのはバスルーム&アメニティ。バスタブも広くて気持ちいい&アメニティも可愛くてまずまず。いっこ残念なのは水質が悪くて髪の毛が傷むし、泥臭いし。でもこれはホテルのせいじゃないし、アジア旅行にはつきものの悩ましい点です。というわけで、次回はホアヒン街中で見つけた、海沿いのとっても美味しいタイ・シーフードレストランを紹介します。おたのしみに 。■続きを見る→こちら

      7
      2
      テーマ:
  • 07Sep
    • Ginza KOSO @銀座888ビル

              Salute・・・☆ 数カ月ぶりにMさんと再会。お世話になったお礼のタイ土産を渡すつもりが、ご馳走になっちゃいまして。銀座8丁目8-8にある888ビルの黒毛和牛の鉄板焼き屋さんですが、なんとゴルフシュミレーション設備を併設。しかしこんなにお腹いっぱい食べて、どのタイミングでやるのかな。

      6
      テーマ:
  • 12Aug
    • 東京湾の花火

              Salute・・・☆東京の花火大会近くで観るなんて、ものすごく久しぶりでした。美しさに感動と熱中症のはざまで、夏を満喫。

      テーマ:
  • 31Jul
    • タイ旅行記 ワナカーム

      タイ人美女との再会ディナー。タイ旅行(2013) その1 中庭風エントランス。ごぶさたしております!だいぶ時間があいてしまいましたが、タイ旅行記スタートします。 こんにちは。両親が好きで、その昔はよくタイに来ていたのですが、今回はなんと10年ぶり。本日はその10年前からの父の知人のタイ人女性のラットと食事に行きます。 定番中の定番。よく考えたらソムタム以外は「定番」と呼んでるのはうちだけかもしれないのですが、このあともどのお店に行っても食べてるような気がする生の海老とタイ風のソーセージみたいなもの。 ワナカーム。ちなみにお店はワナカーム といいますが、日系駐在員や西洋人旅行客にも大人気です。写真(上)のように、看板におわんのマークがあったら、それは美味しいレストランの評価のようなもので、いわゆるミシュランの格付けみたいなものだそうです。 全部おいしい!そのお椀マークがついてるだけあって、何を頼んでもほんとに美味しいので、かなりおすすめです。ところで私はトムヤムクンよりトムカーカイ派。 タイ美女!ラットは、その昔あった時は私同様まだ子供って感じでしたが、グラマラス美女に変身していてびっくり!ちなみに彼女は良家のお嬢様で職業は女医さん&結婚相手募集中(日本人可!)とのことなので、「我こそは」と思う方がいたら是非にっ。 デザート。タイは料理も最強美味ながら、スイーツもたいへん美味しくて大好きです。特に写真(上)の甘いココナツミルクのスープみたいなものがMy Favoriteです。 ガジュマル。というわけで、ラットとの久々の再開も楽しく、食事も美味しく、お店の雰囲気も良好の満点ディナーでした。今回のタイ旅行記では、王室の避暑地ホアヒンや、トーナメントにも利用されたスワンゴルフ&カントリークラブなどをご紹介予定なので、続きも是非ご覧ください!■続きを見る→こちら

      1
      6
      テーマ:
  • 14Jul
    • ゴルフ @大箱根カントリークラブ

              Salute・・・☆ ブログをさぼっている間に、10年ぶりにゴルフを再開しました!前日から宿泊のホテル大箱根では隣接のゴルフ場がベランダから一望できて気分良い上に、当日はゴルフやらない組のみなさんが1番ホールのファーストショットを窓から総出で応援してくれる、という思い出に残るワンシーンもありました・・。

      テーマ:
  • 30Mar
    • ソウル旅行記 韓方エステ @廣東韓方病院

      五行センターで、韓方メディカル・エステを体験。ソウル旅行(2012) その9※その1から見る→こちら オルチャンめざして。美容大国韓国では、コスメ、エステ、美容食品、、、etcと、さまざまなbeauty optionがありますが、中でも話題のメディカル・エステに興味津々です。 五行センター1F。メディカル・エステとは、ドクターの問診+助言を受けた上で個々の健康状態に応じ最適な美容施術を受ける、韓医学と美容を合わせたケアであり、今回は最もよくその名を耳にする廣東韓方病院 に行ってまいりました。 ドクターの問診。8階建ての院内には、脳神経機能センター、リハビリセンターなど本格的な医療施設もあり、メディカル・エステは1階の「五行センター」にて行われます。まずは生活習慣や体質に関する詳しい問診表を記入し、その後日本語通訳の方が付き添い、専門医とコースやオプションについて簡単にディスカッションします。 施術室のエントランス。夕方のフライトまであんまり時間的余裕がなく、最も短い90分のコースから選択。ちなみに私は漢方薬材を使ったマッサージ中心の「デトックス・スタイル」、A子は真皮層に鍼を入れコラーゲン&エラスチンを分泌させる「五行美容鍼」に挑戦。 施術室。デトックス・スタイルは、初めに循環鍼という施術で、各々に必要と思われる数か所に鍼を入れ、その後フェイシャルやホット・ストーンなどを使った背中のマッサージを行うもの。背中以外にも腹部や顔中心等Optionが幾つかあります。背中のホット・ストーンマッサージはかなり気持ちいい+最後に頭皮マッサージも行い、至福の時間という感じです。 韓方コスメも。施術が終わって問診を受けたお部屋に戻ります。ところでこちらのセンターは有名なので、雑誌や色んな方のブログなど方々でその名を見かけましたが、一番最初に知ったのは、ソウルで取材ライターをなさっているゆりん さんのブログ。そちらに、「ゆりんさんのブログを見た」というと、シートパックをプレゼントしてくださるとのことだったので、言ってみたら、本当にくださいました。 ビジネス街。五行センターを出た頃には、すっかり空港へ向かう時間。プロカンジャンケジャンでランチしようと思っていたのですが、カウンセリングから施術終わるまでにはけっこう時間かかります。甘かった。というわけで、忙しさのあまり更新が遅れに遅れたソウル旅行記(2012)ですが、ついに最終回となりました。このあとベトナム旅行記、タイ旅行記、と予定していたのですが、どんどん時期外れになってごめんなさい。細々とではありますが、今後もUPして行こうと思いますので、よろしくお願いします。ソウル旅行記2011は→こちら

      1
      4
      テーマ:
  • 08Jan
    • ソウル旅行記 Oak Room

      ミレニアム・ヒルトンB1のRestaurant Bar。ソウル旅行(2012) その8※その1から見る→こちら 正面玄関から地下へ。時間がなくて更新が遅れに遅れ、2012年の旅行記がまだ終わっておらず、年をまたいでしまいました。旅行記自体はこれを入れてあと2話で終わりますので、最後までお付き合いください。前回はNaos Nova で飲んでいましたが、連休最終日で想定外に早く更けてしまったソウルの夜。どうせ人がいないなら、せめて場所を変えてみました。 目と鼻の先。数分ほど歩いて、ミレニアム・ソウル・ヒルトンに到着。 Oak Room。メイン・エントランス正面にある階段を下って地下1階へ。 英国式。一見よくある普通のホテルのバーて感じですが、美しい庭園がついており、夏はBBQつきのビアガーデンになったりもします。 寝酒。ほんとはチムジルバンにも行こうと思っていましたが、眠くなり断念。一杯ずつ飲んで、本日は終了となりました。翌日は夕方のフライト前に、本旅でSS4 に次ぐメイン・イベントでもあったメディカル・エステを体験するため、五行センターへ!次回が旅行記の最後となりますので、是非遊びに来てください。ソウル旅行記2011は→こちら

      テーマ:

プロフィール

gainsford☆street

自己紹介:
英国University of the Arts Londonを卒業し、ロンドンにある日系出版社勤務...

続きを見る >

フォロー

キラキラ旅行記連載キラキラ
※写真の上でクリックしてください。




キラキライビザ旅行記キラキラ



キラキラバルセロナ旅行記キラキラ



キラキラ台北旅行記キラキラ



キラキラホノルル旅行記キラキラ



キラキラソウル旅行記キラキラNEW




押してくださいなsao☆
    

ロンドン生活情報

にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

全部っおんぷ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス