初対面のクライアントとも会話が笑いで弾む♪ ウケる会話術

初対面のクライアントとも会話が笑いで弾む♪ ウケる会話術

もう”つまらない”なんて言わせない!!人見知り・口下手・話し下手の先生(士業・コーチ・コンサルタント・カウンセラー)でもクライアントのと会話が弾む笑いを教えます。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
”笑いをとる”というと、センスが必要ではないか?感性が必要ではないか?
そういった質問を受ける機会があります。
 
確かにプロの芸人の方々として生き残るには、センスや感性が必要となるでしょう。
 
しかしながら、センスや感性ではなく”笑いを型”にしました。
 
パターン化とロジック化です

 
笑いのパターンを知ることで、自分がどのパターンの笑いをとりたいのか?とるべきなのか?が、見えてきます。
 
なぜなら、ほとんどの場合”どんな笑いでも、笑いをとればいい”と言うわけではないからです。
 
相手を傷つける笑いは、僕らはとるべきではない。
また、第3者を傷つける笑いも、同様にすべきではない。
 
講師がとるべき笑いは、”相手を勇気づける笑い”、”元気づける笑い”、”希望を持たせる笑い”です。
 
・私でもできるかも!いや、できそう!やってみたい!
・この人なら私のことをわかってくれそう!相談してみたい!
・なんかわからないけど、元気が出た。明日からも頑張ってみよう!
 
受講生をそんな気持ちにさせる”笑い”は作ることができるのです。
 
そのために、まずは、とるべき”笑い”をロジックに従い設計する。
 
後は、トライしながら自分の中で、”鉄板の型”にする。
 
たったこれだけ!(笑)
 
あなたが”笑い”を身に付けることで、”人間味”が増し、”親しみやすさ”が増します。
 
何より、”笑い”を通じて、あなたの想いを伝えることが出来るのです。
 
”想い”が伝わることで、”想い”に共感した人達が集まってきます。
 
あなたが受講生に伝えたい”想い”は何ですか?

 
 
「講師に笑いのセンスは必要か?」は、センスは無くとも大丈夫です。
 
しかしながら、”笑い”の型とロジックを知ることでセミナーに笑いを設計することが出来ます。
 
6月17日19時~ ギャグアカデミー Vol4で「セミナーを盛り上げる”笑い”の作り方」を教えます。
 
残席3席となっています。
募集を一旦締め切りました。
キャンセル待ちを受け付けます。希望する方は、個別にメッセージをお願いします。

ギャグアカデミー Vol4 ご案内はこちら

テーマ:
おはようございます。

スズキヒカルです。

昨日は、元お笑い芸人の唐子さん主催の漫才ワークショップへ参加してきました。!
(あっ、唐子さんとの写真が無い!(笑))
 
特別講師は「サヨナラダンス(中村元樹、滝野元気)」さん



 
初めて会う人同士がコンビを組んでネタ決め、当日17:30~漫才を披露する!
なんていう、無茶ぶりワークショップ!(笑)
 
もちろん、漫才の指導もあり、ボケの種類なども教えて頂きました。
「あるあるボケ」「言葉遊びボケ」「かぶせボケ」「空想ボケ」
 
そして、「下ネタ!」(笑)
 
改めて”漫才”の面白さを感じつつコンビ決め!を行います。
 
唐子さんと、サヨナラダンスさんの滝野元気さんも入ってのコンビシャッフル!
 
なんと僕は、元気さんとのコンビとなりました!(笑)
↑持ってる男は違うぜ?(笑



 
コンビ名は、”たえちゃんズ”に決定。
 
笑いは好きだし「ギャグアカデミー校長」として無様な姿は見せられない。
 
と、思ったかどうかは別にして、とにかく楽しかった!
 
コンビ別の、ネタ決めタイム(約3時間)
 
このネタ決めタイムでは、実は僕らのコンビはあまり苦悩はありませんでした。
 
僕に好き勝手しゃべらせてくれて、元気さんが突っ込む。という「しゃべくり漫才」スタイル。
方向性を決めて、話す内容をざっと決めて、何度か練習をしほぼ完成。
最初はネタの時間が長かったので、ネタを半分にしての本番。となりました。
 
このネタ決めから、本番までのしゃべり!最高でした!
 
僕は自分の人生で、ここまで自由に話せたことは無かったかもしれない!
自由に話して、笑いに変えてもらえる!って快感を味わうことが出来ました。

 
プロすげ~って感じたのと、一家に一人突っ込みがあると良いのでは?と思いましたよ!!(笑)
 
各組ネタも決め練習を終えた17時半からは、即席コンビによるネタ披露。
 
なんと”たえちゃんズ”はトップバッター
 
コンビ名紹介からの明転での登場!舞台でのネタ披露!
 
「楽しみましょうね」の元気さんの言葉通り、好き勝手しゃべらせて頂くこと8分(笑)
 
無事オチまで終えて、終了。
審査して頂いた元樹さんの講評を頂ける!なんて、ありえない体験までしちゃいました。
 
えー、エロネタは封印しました(笑)
3Pネタとかはしませんでしたよ!!(爆)

 
いやぁ~、日常生活では絶対に体験できない経験をしましたね。(僕は舞台に立つのは実に7年ぶりでした)
 
トップバッターでネタをやり終えて安堵の中、残りの組の漫才を拝見(笑い)
 
全ての組が”漫才”としてネタを披露!
 
”最後までネタ合わせで会わなくて、開き直ってやりました”なんて声を聞きながら、非日常体験体験の中で、”やりきる”体験をしたわけです。
 
舞台にコンビで立つ。
テレビに映るワケでも、観客からお金を頂いているわけでもない。
2メートル四方程度の、ホントに小さな小さな舞台ですよ。

 
でも、限られた時間と空間の中で”笑い”をとる。という、おそらく人間にとって、最も高度な知的遊びを実践する訳ですよ。
 
笑いをとるだけでも難しいのに、最後にオチまでつける!
漫才のネタって、”芸術品”と言っても過言ではない。
 
でも、その反面、ネタが飛んでもやめられない。
滑っても舞台から降りられない。
冷ややかな視線でも最後まで続けなくてはいけない。
 
それどころか、ネタが固まってなくても、やるしかない!
 
”恐怖”がそこにはあるワケです。
 
でも、そんな恐怖の中、持てる力を全て舞台においてくるわけですよ。
逃げ出さずに、舞台の上でやりきる!

 
ある意味”リスク”を負って上がった舞台。
 
そこで得るものは、”非日常”では片付けられない、”日常生活につながる勇気と自信、度胸”が得られるんです。
ってか、身に付けさせられましたね(笑)
 
また参加したい!って思いましたね。これは。
 
これギャグアカデミーの特別講座でも、ぜひやってみたいです。
もちろん、僕は参加者として!!(笑)
 
何はともあれ、唐子さん、元気さん、元樹さん、スタッフの皆さん、参加者の皆さん。
ありがとうございました!
 
”話す楽しさ””人を笑わせる楽しさ”、そして、自由にしゃべれる感覚を思い出しました!
 
また、お会いしましょう!

 
スズキヒカル
 
P.S
最後の片付けの時間でスタッフの紅一点たえちゃんから、披露したネタの話が会話に出てきた時は、めっちゃ嬉しかったなぁ~
 
ちなみに、僕らコンビ名「たえちゃんズ」はスタッフのたえちゃんから、名前を拝借。
名前を汚さずにできました。。。。たぶん。きっと、おそらく。(笑)
 





テーマ:
こんにちは、スズキヒカルです。

ギャグアカデミー 次回開催が決まりました。
 
次回のテーマは初対面の人の心を開く方法
 
初めて会う人って、どことなくぎこちない。
 
お互い何を話したらいいのか?
どこまで話して良いのか?
 
そんなことを手探り状態で探してる。
 
しかも、
 
”上手く話さなくてはいけない”
”良い質問で相手から良い所を引き出さなくてはいけない”
 
なんて自分で自分にプレッシャーをかけちゃう、
 
緊張してる中、余計緊張しちゃって、聞きたいことも聞けなくなる。
  
気が付いたら、薄ら寒い時間、イヤ、沈黙の時間(トキ)
  
なんてことってありません?(笑)
 
「いやぁ~、実は人見知りして、上手く話せないんですよ」
「口下手まではいかないんだけど、中々相手が心を開いてくれなくて」

  
そう思うのでしたら、こちらへどうぞ♪
 
”笑い”で解決しましょう!

テーマ:
こんにちは、スズキヒカルです。

少し前になりますが、4月20日にギャグアカデミー ~会場を暖める”笑い”の作り方 ~が、終了しました。
 
雨の降る中、無事終了しました。
 
参加頂いた皆さん、ありがとうございました!
 
多彩な方に参加頂きとても楽しい時間になりました。
(ギャグアカデミーがさぶかったら、、、ネタにしかなりませんよね(汗))
 
懇親会でも盛り上がり、その場でお茶会の開催も決まりました。
既に定員に近いみたいです。
 
講座でこんな話をしました
 
「笑いは人との関係を深めることもあれば、人との関係を崩したり、切ってしまうこともある」
 
笑いは”武器”になります。
相手を助けることがあれば、傷つけることもある。
大切なのは方向性と創り方。です。
自分の今までの経験で笑いを作る。
プロフィールで笑いを作ることが出来れば、自分も楽しく、相手も楽しませることができます!
 
ギャグアカデミーでの笑いは”自分の背中を見せる笑い”なのです。
 
人を勇気づけ、元気づけ、気付きを生み出す。
そんな”笑い”を作るのが、ギャグアカデミーの笑いです!

 
スズキヒカル

テーマ:
こんにちは、スズキヒカルです。

先日お知らせした、会場を温める”笑いの作り方” ディスカッション。
 
ディスカッションの案内を書きながら思ったのですが、セミナーやお茶会(交流会)で、”また行きたい”と思うものもあれば、”もう二度と行かない”と思うものもありますよね?
 
セミナーなら内容や参加後の自分の結果、交流会なら参加者の質やその後の交流。と、”また、参加したい””また会いたい!”と思う要素は個々にあります。
 
しかしながら、
 
”つまらないモノにはもう行きたくない”
 
というのは、共通してあるのではないでしょうか?(笑)
 
反対に、楽しくすることができ、参加者が笑うことでできたらどうでしょう?
 
笑いの効果の一つに”リラックスする”という効果があります。
 
初めて来た人でも、初めて会う人でも、”リラックスして参加できる”ことができますよね。
また、リラックスして参加できれば、自分から積極的に”参加しよう”と言う気持ちにもなりません?
 
主体的に、積極的に動くことで、人は何かをつかもうとします。
結果参加者にとっても、良い時間になるはずです。
 
このセミナーに来たおかげで、このお茶会にきたおかげで、こんな結果が出た。こう変わった。こんな出会いがあった。
 
そんな参加者のことを考えてくれる主催者の人、講師の人。
お待ちしています♪
 
一緒に、講座やお茶会を温める方法をディスカッションしませんか?(作りませんか?)

先日お知らせした、会場を温める”笑いの作り方” ディスカッション。 詳細はこちら

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。