436「ツイてない男」→殺人鬼コメディ | 映画横丁758番地

映画横丁758番地

生きているうちに一度は(何度でも)観ておきたい映画について、変幻自在・巧拙緻雑・玉石混淆で書いています。


テーマ:

この手の「クセのある映画」は、割合はっきりと好き嫌いが

分かれるもので、おそらくは本作もその例外ではないのでしょう。

確かに、本作もマニアックな支持者は少なくないようです。

ただ、正直に言えば、こうした作品のどこに「魅力」があるのか

筆者にはよく理解できません。

 

お話はこうなっています。

依頼を受けてモスクワへやってきた泥棒が、高層ビルの

ペントハウスから十字架を盗み出すことになります。

ところがドッコイ、その現場で仲間の一人が女性を殺してしまい、

・・・さらには、このビルには猟奇殺人鬼が潜んでいた

ことから、思わぬ展開に。

 

コント的なユーモアもある反面、血しぶきが舞う派手な場面も

あって、どのようなジャンルに仕分けしたらよいものか、

実際それすらよくわかりません。

でも、猟奇殺人鬼の登場もあったので、そのことに敬意を

表する意味で、ここでは一応「サスペンス」に分類してみました

これにも、様々な異見があるに違いありません、きっとなら。

 

念のために付記しておくなら、

~ニューヨーク・ホラー・フィルム・フェスティバルにおいて

  主演男優賞と作品賞をそれぞれ獲得した~との案内も

ありましたが、ただし、その「賞」のグレードについては、

今のところ筆者の理解は及んでおりません。

 

***************************************

「ツイてない男」  2007年 監督:キット・ライアン

***************************************                   

     

 

主演は、人気コミックを映画化した、

1998年「ブレイド」(監督:ステーヴン・ノリントン)で

ウェズリー・スナイプスと共演したスティーヴン・ドーフ/

また、いわゆる「9・11/同時多発テロ事件」を描いた

2006年「ワールドトレードセンター」’(監督:オリバー・ストーン)では、

緊急救助隊員を演じていた。

彼の出演作を多く知っているわけではありませんが、いずれにせよ

個人的には、作品に恵まれていないような印象を持っています。

 

残念ながら、他の共演者及び監督についてもよく知りません。

 

 

アンティークな作品が多くて恐縮至極にございます。

お立ち寄り記念に→ にほんブログ村 映画ブログへ ←クリックもよろしく!

              にほんブログ村

 

八十日目さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス