映画横丁758番地

生きているうちに一度は(何度でも)観ておきたい映画について、変幻自在・巧拙緻雑・玉石混淆で書いています。


テーマ:

世界的な理論物理学者・スティーヴン・ホーキング博士

(1942年生)の若き日からその後に難病に侵されて、苦難の

研究生活を強いられる姿を描いています。

学生時代に発症した難病「筋委縮性側索硬化症」は当時の

医学常識として、発症から5年程度で死に至るとされていましたが、

ところが、博士の場合は、発症後に結婚もし子供も儲けるなど、

なぜか途中で進行が急に弱まり、発症後50年以上経っても

健在で活躍しています。

現在でもこの難病のメカニズムが十分に解明されていないという

ことなのでしょう

世界に注目されたという博士の理論(1963年発表)の内容に

ついてはとても理解に及ぶところではありませんが、一般人に

向けて平易な解説をすることも得意としていた、その著作は

各国で翻訳され出版されました。

日本でも「ホーキング、宇宙を語る」(1989年)など、多数の著作が

刊行されたことによって、博士の名も知られるようになりました

さて、言葉を発せられないというこの難病の障害については、

後に特殊装置の合成音声を獲得したことで克服でき、会話や

スピーチも問題なくできるようになりました。

※日本版「ホーキング、宇宙を語る」は100万部を超える

  ベストセラーになった。

 

ちなみに1965年に始まった最初の妻との結婚は、1991年に

離婚に至り、その後別の女性と結婚し、それもまた16年ほどで

離婚に至ったようです。

 

***************************************

「博士と彼女のセオリー」  2014年 監督:ジェームズ・マーシュ 
***************************************

                     

ホーキング博士/演:エディ・レッドメイン

 

配役は、ホーキング博士にエディ・レッドメイン。

博士本人を彷彿とさせる演技を見せ、本作でAW主演男優賞を

獲得しました。

先日何気に、2006年作品「グッド・シェパード」

(監督:ロバート・デ・ニーロ/主演:マット・デイモン)を観て

いたら、マット・デイモンの息子役で登場していましたっけ。

 

妻:ジェーン役はフェリシティ・ジョーンズ。

やはり本作でAW主演女優賞にノミネートされましたが、

こちらは残念ながら受賞には至りませんでした。

(受賞はジュリアン・ムーア「アリスのままで」)

 

他にも、小さな役でしたが、こんな俳優さんの顔も。

1996年「奇跡の海」/1998年「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」

などでAW主演女優賞にノミネートされた経験のある、エミリーワトソン。

1997年「セブン・イヤーズ・インチベット」で、人気俳優ブラッド・

ピットと共演したデヴィッド・シューリス。

 

監督は、ジェームズ・マーシュ。

・・・正直言えば本作以外はよく知りません。

 

 

アンティークな作品が多くて恐縮至極にございます。
お立ち寄り記念に→ にほんブログ村 映画ブログへ ←クリックもよろしく!
              にほんブログ村

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

八十日目さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。