2013年04月22日 10時54分00秒

自己紹介

テーマ:2013 新入生へ
2013年04月22日 10時46分59秒

自己紹介

テーマ:2013 新入生へ

新入生のみなさんこんにちは。

携帯の調子が不調で自己紹介のほうが遅れました。

経済学部経済学科 2年 広瀬 伸作です。



(チャーリー。ちゃりぞう。って呼ばれています)

自分は、高校ではボートをやっていました。

水の上で涼しそうだし面白そうという適当な考えでボートを始めました。

最初の頃は今でも仲の良い高校の友人10人くらいで楽しくやっていました。

しかし、初めての大会でボートの辛さを知り、友人の9割はやめて行きました。

そして、残りの1割も一週間後にはやめました。

残ったのは私と全く話すことのない7人でした。

辞めたくて職員室に何回か行ってもなぜか顧問は不在だったので、

しかたなく続けることにしました。

残っていた同期は怪物をボールに入れて育ててジムリーダーを

倒すゲームにずっと熱中していました。

後輩が入ってくれるまでは本当に話すこともなく

とても辛い日々でした。(最終的には同期とも仲良くやりました。)

大学では、6月くらいまで

起床→授業→バイト、という何も得るものもない堕落した生活を送っていました。

日々がつまらなすぎて南浦和のホームで電車を1本目の前で逃すこともありました。

しかし、ラクロス部に入り日々の成長を得ることができました。

・・・・・・











12時に起床する生活。

暇すぎてギャンブルばかりする生活。

いつ出るかわからないHUNTER×HUNTERを待つだけの生活。

嫌になったら、グラウンドで待ってます!

キャッチできなくて辞めたくなったら一緒に壁あてしますよ!

では!



獨協ラクロス部ブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「2013 新入生へ」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2013年04月01日 23時42分13秒

しんにゅうせいへ

テーマ:2013 新入生へ
遅れて申し訳ありません。
新二年の大西良幸です。

自分がなぜラクロス部にはいったか軽く説明をさせていただきます。

自分がラクロス部に入った理由は単純に努力をすればハワイにいけると思ったからです!

また、ラクロスの皆はオンとオフの切り替えをしっかりしていて一緒にいてものすごく居心地がいいです。
あと、皆が一つの目標に向かって頑張っているのにとても心を惹かれました!

今日、きてくれた一年生ありがとうございます。
一緒に同じ目標に向かって頑張りましょう。
グラウンドで待ってます!
photo:01





iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月21日 22時14分00秒

新入生へ

テーマ:2013 新入生へ
新入生のみなさん、はじめまして。

ラクロス部二年経営学科の青島徹弥(右)です。


自分がラクロス部に入ったのは、新生活とともに新たなスポーツに挑戦しようと思ってた矢先、勧誘されたからです。

フットサルサークルに入ってなんとなく四年間過ごすのかと思ってましたが、ラクロス部に入部し夏の一年生試合で予選を突破した時、ラクロス部に入部して良かったと本気で思えました。

ラクロスは大学から始めるスポーツです。みんな一から始め努力次第で日本代表にまでのぼりつめることができます。

大学に来てまで部活と思う方もいると思います。実際、自分もそうでした。それでも、その考えをひっくり返すほど夢中になれます。

ぜひ一度、グランドに足を運んでラクロスを体験してみて下さい!

ラクロス部一同、お待ちしています。




次はチャーリーよろしく!


Android携帯からの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月19日 11時11分31秒

新入生へ

テーマ:2013 新入生へ




新入生のみなさん、こんにちは。




経済学科二年の佐藤史新(さとう ふみちか)です。








僕は中高六年間、バスケ部に所属していました。




室内スポーツであるこの競技は当然、体育館での練習が基本です。




一年を通して練習、大会ともに室内で行うスポーツでした。












高校に入学し、何か新しいことに挑戦しようと考えた私は室内競技であるバスケットボールから、屋外競技である野球に転向しようと考えました。




一から始められるものに挑戦し、自分を試したかったのだと思います。




三年間という短い期間で小学生のころから練習している球児たちに追いつこうと考えたのです。




しかし、中学の友達がバスケ部に入るのと、新しい仲間とバスケットがしたいという思いから、結局バスケ部に入りました。






高校最後の試合で延長の末敗れ、僕には達成感と悔しさが残りました。




大学に行っても部活に入り、真剣に勝負したい。




できれば室内でなく、太陽の下でできるスポーツがいいな。




そう思っていた僕は獨協大学でラクロスに出会いました。




入ってくる一年生はみんな初心者です。




スタートラインはみんな一緒。




でも、バスケだけでなく、サッカー、野球、テニス、ラグビー、アメフト、ボートなど




今までのスポーツ歴はみんな違う。




高校では部活に入っていなかった人もいます。




別々の競技をしていた人がラクロスという共通のスポーツをする。




そこには、やってきた競技の良さが出ます。




ここにラクロスの魅力があると思います。




ラクロス部が僕にとって自分を試す最適の場所だと思いました。








獨協ラクロス部ブログ








新入生のみなさん獨協の人工芝のきれいなグランドを見ましたか?




あのグランドで僕たちは練習しています。




是非グランドに足を運び、ラクロスを体験してみてください。




お待ちしています。








では次、てつよろしく!





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月18日 20時01分00秒

新入生へ

テーマ:2013 新入生へ

ラクロス部新2年生の藤原諒です。


なぜラクロス部に入ったのか

高校で部活をやっていればよかったという後悔と部活への憧れがあって大学では部活に入ろうと決めていました。
そして、大学から始める人がほとんどだというラクロス部を選びました。



新入生へ

活動は主に朝練のため午後には自由な時間が生まれます。そのため、部活一色の生活ではなくてバイトや遊びなど大学生らしいことも取り組めます。
これを読んで興味を持ってくれた新入生はラクロス部をみにきてくださいね。
部員一同待ってます!!




次はエージェントふみちかよろしく!


Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月17日 22時25分00秒

新入生へ♪

テーマ:2013 新入生へ

どうも!
嬬恋SPRING CUP第一タームクロスワーク部門優勝者の交流文化学科新二年の石垣慶親(イシガキケイシン)です。

同期からはくず(笑)と呼ばれていますが、根はまじめ人間なので、以下の三点について真面目に書いていきます。
1.ラクロス部に入部した理由
2.ラクロス部の魅力
3.新入生へメッセージ

1.ラクロス部に入部した理由

色々なサークルや部活を見て回って、ラクロス部に一番本気さを感じたから。(優柔不断で結局、6月に入部しました)

2.ラクロス部の魅力

獨協大学で仲間と一緒に本気で日本一を目指せるのは、ラクロス部だけだと思います。

3.新入生へメッセージ

大学に入ったら、何かしらのサークルまたは部活に入ったほうがいいです。特にコミュ障(自分の体験談)。
自分が言えるのは、ラクロス部に入って間違いはないだろうということです。なので、選択肢の一つに入れてみて下さい。

自分みたいに6月からでも入部できるので、少しでもラクロス部に興味を持ったら、いつでもラクロス部に遊びに来て下さい!歓迎します!!








ではでは、次はイケメン中学生藤原諒君よろしく~








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月16日 22時49分22秒

新入生へ。ラクロス部の太陽より

テーマ:2013 新入生へ
photo:02




新入生のみなさん、こんにちは!
今回の担当はラクロス部の太陽こと小川翔也です。右の赤です。

最近20℃を超える暑い日もちらほら出てきましたね。オイリー肌、そして汗っかきの自分にとっては、いかにしてケアするかが1番の問題となる季節が訪れようとしています。
今年は何枚あぶらとり紙を使うか楽しみですね!去年は一回で3枚使ってました(笑)
photo:03


(獨協の誇るキレイなシャワー室でのワンシーン)



さて、本題に移ります!

自分がラクロス部に入った理由は、ズバリ「雰囲気」です!先輩たちを見て、ここに所属したら絶対楽しい大学生活が送れると思いました。
実際、ラクロスという競技自体には特に興味は無かったです。笑


ラクロス部に入ってよかったと思うのは、人間的に成長出来ることです。自分は高校までテニスという個人競技をやっていたので、団体競技にしかない魅力や厳しさなどがあり、学ぶことがたくさんあります。


新入生のみなさん、獨協大学のラクロス部は楽しいです!信頼できる仲間が出来ます!ラクロスはみんな大学から始めるスポーツなので、スタートは同じです!ぜひ見学きて下さい!



では次は千葉の黒ヒョウこと、石垣慶親くんお願いします!
photo:01





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月15日 14時47分00秒

お洒落番長

テーマ:2013 新入生へ
どーも岡田くんに紹介預かりました獨協のお洒落番長こと久我です。よろしくお願いいたします。


写真はだるぎですいません!





さてさて挨拶はこれぐらいにしといて本題に移ります。

新入生向け記事ということでなぜ自分がラクロス部にいるかの経緯と入ってよかったことを書こうと思います。


なぜ入ったかと言いますと、大学生活なにか、1つでもこれをやりきった!っていう達成感があることをやりたくて、そんなことを考えていた矢先、
ラクロス部の先輩方につかまり、話を聞いたところ、努力次第で日本代表にもなれるということを知ったり、
先輩方がラクロスに本気で向き合っている姿に胸が熱くなり、入部を決めました。



入ってよかったことは!
まず!だらしない学生生活にならないこと!
細マッチョになれること!
他大とも繋がりができること!
そして何より本気でスポーツをしているなかで本物の信頼できる仲間ができること!
大学生活ぼっちはつらいなーとか思ってるそこの君!!
是非ともラクロス部へカモン!!カモン!!

とにかく、なにかしたいけど何をしようか迷ってるそこの君!とにかくラクロス部を考えてみてください!!マネージャーとの、恋愛も自由だぜ!!


以上お洒落番長こと、久我がお伝えしました。


続いては……
我が、ラクロス部が誇る太陽!
小川翔也さんです!



Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年03月01日 16時47分26秒

新入生へ 其の10

テーマ:2013 新入生へ
こんにちは!

外国語学部英語学科2年の岡田直也です。(左)
photo:01


今回は、「ラクロス部に入部した理由」を書かせていただきます!


大学に入学した当初はフットサルサークルにでも入ってバイトして遊んで、4年間すごそうかなぁとか考えていました。

ところがたまたま参加したラクロス部の新入生歓迎会で先輩方のお話を聞いていたら、そんな考えはふっとびました。

「自分も先輩方と熱い大学生活を送りたい!」

そして入部を決めました。

考え方は人それぞれですが、他の学生より楽しい大学生活を過ごしている自信があります!

ラクロス部に入部して僕たちと楽しくて充実した4年間を過ごしましょう!


では次、我がラクロス部が誇る
ファッションモンスター!

photo:02




久我くん(最近モテる)よろしくー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年02月16日 21時52分45秒

新入生へ part9

テーマ:2013 新入生へ
寒くなってきましたね。

冬も本番という感じでいっそう冷え込んできましたが、春になり暖かくなったら桜と一緒に才能と言う花が咲いたらいいなぁと思っています。
そんな私は和田 健です。

大学に入学して早くも十か月が過ぎ、いつの間にか1年が経とうとしていると言う事に気付いてしまいました。
ここまで「あっ!」と言う暇さえ無かった一年は始めてでした。それも全てラクロス部に入り充実した生活を送ったからなんだとおもいます。

さて、今日も例によって新入生へ向けた言葉を綴りたいと思います。

これも同じく
1.ラクロス部に入部した理由
2.ラクロス部の魅力
3.新入生へのメッセージ
の3つを書かせていただきます。

1.入部した理由
私は大学にはいったらとにかく部活には入ろうと思ってました。その中で一番カッコ良くみえて楽しそうだったのがラクロスだったのです。

2.魅力
スポーツの中でもマイナーなこのラクロスは大学から始める人が多い。つまりスタートラインがみんな一緒なんです!努力次第では日本代表にもなれるのです!

3.新入生へ
きっかけなんてなんでもいいんです!
とにかく新しい事に挑戦したい君!
日本代表になりたい君!
日本一を目指したい君!

俺と一緒に頂上(てっぺん)で最高の夢(ドリーム)みようぜ!

とんでもない駄文を書いたところで、次の人にバトンタッチしたいと思います^_-☆てへぺろ。

東京生まれHIPHOP育ち、悪そうなヤツはだいたい親戚。ラクロスモンキーこと岡田くんヨロシク!!
photo:01


岡田くん (けっこう強い)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。