備忘録ときどきご案内

日々のなかで触れた古今東西の文化、芸術などについて
そして、ささやかな出来事などの備忘録。
ときどき企画催しなどのご案内。
ギャラリータフ 宮﨑賀世子


テーマ:
国立国際美術館でオン・ザ・ロード森山大道の内覧会がありました

森山大道と言えば
各々この1点!があるのではないでしょうか?
私にとっては同館のコレクションでもある地下鉄天王寺駅を見下ろすように撮影された
作品で、これは就学前の昭和40年代を大阪市内で過ごした私にとって多分一番古い思い出の光景とも重なります。

当時、天王寺から地下鉄に乗って心斎橋までお出かけするのが大好きだった私は
地下鉄のホームで降ってきそうな蛍光管のついたシャンデリアをウキウキと見上げ、
心斎橋のアーケードでは深いブルーとアイボリーのコントラストが美しいモザイクの道を母に手をひかれ、時々スキップしながら歩いたものでした。

森山大道が路上で切り取る光景にそんな「こども」など登場することはなく、蛍光灯のシャンデリアの光は悲喜こもごもの大人たちが交差する地下空間をテラテラと照らしている、ように今の私には感じます。

心斎橋のアーケードからあの美しかったモザイクの道が無くなって久しいこととスキップなんてもう何十年してないんだろう?もう出来ないかもしれないなーなどとと考えながら、日本に昭和という時代があったことを強烈に感じなががら会場を漂流してきました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
$kayokoのブログ


18時10分
五条大橋の上にて運転席から撮影
南の空にマン・レイの唇!?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
これだけはどーしてもと思いつつ
年に数回は行く機会のある金沢21世紀美術館の開催を見逃し
会期終了ギリギリにようやく東京オペラシティー アートギャラリーで
ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリーに間に合った!

広告、ファッション、アート系の学生、
写真を趣味とする人々に新聞で見た!という方々も含め
多くの観覧者が足を運んだであろう展覧会に
今さら語る必要はないでしょうが…

一般的なイメージ(が、あるとするなら)のホンマタカシらしい
プリント作品が並ぶ導入部分から
流せるところがなさそうな予感
そしてその先に
まだまだ続きが観てみたい気持ちざわつく
Together:Wildlife Corridors in Los Angelesの空間がありました

テキストと並列する荒涼たる風景写真の数々は
ロサンゼルス郊外を突っ切るハイウェイ付近に生息する
マウンテンライオンにGPSを取付け
その生体調査を行うプロジェクトのドキュメント写真でした

しかしそこに野生動物の姿は写っておらず、だからこそ
彼らがそこに生きている強さとせつなさとともに圧倒的な
現実感がありました

ロサンゼルスに生息する野生動物の存在は
人間に共存する手段やデザインを考えさせ
やがて実行させる知恵を与える!?なんてすばらしい!
そんなことがさざ波のように迫ってくるドキュメンタリーでした

東京会場が初出となった
写真家、中平卓馬を追った
ヴィデオ・インスタレーションが最後の展示空間にあって
反復される映像が
中平氏が喫するタバコの銘柄で作品タイトルでもある『Short Hope』
への余韻を残す立ち去りがたい構成でした
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
南天の花が咲きました
画像は冬に象牙色の実をつける白南天です

庭にある紅白の南天の様子を観察すると
白南天は花の盛りにはミツバチまでやってくるほど大賑わいです
冬の実の頃には赤よりもまず白い実に鳥が集まってきます

たわわな南天が印象的な
伊藤若沖の動植綵絵『南天雄鶏図』では
大きな軍鶏と枝先で軽やかに赤い実をついばむ小鳥が描かれています

$kayokoのブログ


夏椿(シャラ)が咲きました
猛暑で心配した昨年
思い切った剪定が効いたのか
今年はつぼみ数が多いようです

$kayokoのブログ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。