2019年も終わりに近づき、年の瀬はウキウキしてしまいますよね。

 

さて、今回はいろいろと老後の話で、

 

老後年金だけではお金が足りないので、自助努力でなんとか

してください。

 

って国が発信したようなことになっておりますが、

 

現実は

 

 

 

その通りなんです。(実際はその人によってさまざまですが)

 

 

というか、政治的に発信しなくても前からわかりきっていたことなんです。

 

テレビや本、またFPなどの方が発信しているのでご存じの方も

多いとは思いますが

 

今回は、年金でまかなえない生活費を

私なりにシンプルに載せてみたいと思います。

 

それでは

 

・平均的な年金額は20万円/月

 

・毎月の生活費は28万円/月

 

年金開始から20年間生きるとすると

マイナス2,000万円

 

 

ということになります。

 

 

 20万円 - 28万円 = ̠▲8万円

 ▲8万円 × 20年間 = 約▲2,000万円

 

あくまでも平均的な数字であり、個人差はあります。

 

今回は2,000万円問題のなぜ2,000万円なのかについて

わかりやすく載せてみました。

 

 

 

 

では、この2,000万円をどうすれば良いのか?

 

それは個人単位でそれぞれということになります。

 

 

 

過去の記事などにも載せていたこともありますが、

 

イデコやNISA、小規模や保険、外貨、不動産投資、

生前贈与スキームなど

 

人によってさまざまで、まだまだ細かくしていくとたくさんあります。

 

対策だけでは2,000万円のお金を生み出すことは難しい

 

ですが、少なからず手を打つのか、打たないのか、

 

で5年後10年後の未来、老後と大きく変わっていきます。

 

過去を見直し、現在から未来にかけて行動してみてください。(PDCA)

 

そんな2020年にしてみてはいかがですか?

 

 

 

 

 

そして弊社もしっかりとセカンドオピニオン、コミットしてまいります。

 

 

 

 

 

FP協会のテレビCMです。

 

 

 

 

 

不動産

税金

ライフプラン

リスク管理

金融資産運用

相続・事業承継

スタッフブログ

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら

 

 この記事は、抽象的かつ一般的な法令や税務等に関する説明、また計算方法により算出し掲載しております。今後新たな通達等で変更となる場合がございます。