こんにちは

 

120%

 

について書いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

の前に少し、

 

「アウトプットが大切」「記憶術」「自己啓発」「仕事とは」

 

なんていろんな本がありますが、

 

その本に書いてあることは、

 

人から学べることであり、当たり前に

 

普遍的なものだと思っています。

 

持論ですが、人から教わることを大切にしています。

 

特に実務に沿った研修、そして自分に対してご教示くださる

 

方とのお話です。

 

経験者の方の話から得られるものはとくに大切にしています。

(過去の自慢ばかりする方もいますが、)

 

そして、

 

やはり失敗(過去)から学ぶことが最も重要だと思います。

 

結果 / 原因

 

例えば簡単に二日酔いになったとします。(結果)

 

飲みすぎたからですよね。(原因)

 

しかし、飲みすぎたのは原因ではないのです。

 

結果に対してなぜそうなってしまったのか?

 

なぜそうなってしまったのか?

 

二回書いてしまいましたが、

 

その「なぜ?」を具体的に説明できるとこまで

 

掘り下げて調べ、結果を出していくことが大切だと思います。

 

前に上げた

 

スタッフブログ:言った、言わない

 

の話の続きになってしましますが、

 

BtoCでは、結果成約にいたらなかった、

 

または、法律的な問題では業者は処罰されることもあるからです。

 

契約当日にお客様から

 

「聞いていない」

 

なんてフレーズがでてきたら、

 

それは

 

大変な問題に発展する場合もあります。

 

こちらは事前に説明したはずなのに、

 

「聞いていない」

 

、、、

 

それこそ、言った、言わない

 

の話になってしまいます。

 

成約にいたらず、契約不成立になってしまいます。

 

それでは本末転倒です。

 

仕事では結果を出すために、

 

120%の準備が必要だと考えます。

 

商品の仕組みや、法律の知識が常に100%

の方はいないと思います。

 

 

 

80%だと仮定して、契約当日には100%

 

に上げていく。

 

では、残り20%は、、、

 

・お客様からの質問などを想定

 

・その他のプランの準備

 

・まさかの展開

 

に対しての準備が必要です。

 

 

常に

 

120%

 

です。

 

 

 

 

 

この記事は、抽象的かつ一般的な計算方法等に基づいて算出し、掲載しています。

 

日本FP協会のテレビCMです。

 

 

不動産

税金

ライフプラン

リスク管理

金融資産運用

相続・事業承継

スタッフブログ

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら