生命保険料控除1/2

テーマ:

 

こんにちは

 

OVO(オボ)のブログにようこそ。

 

そろそろお手元に生命保険料控除証明書

 

が届くころではないでしょうか?

 

今回は、生命保険料控除について書いてみたいと思います。

 

 

 

 

生命保険などの保険料を支払うと「生命保険料控除」として

所得税や住民税を計算するときに一定額が所得金額から差引かれます。

※平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に係る保険料と
平成23年12月31日以前に締結した保険契約等に係る保険料
では生命保険料控除の取扱が異なります。

 

 

 

 

 

 

新契約(平成24年月1日以後に締結した保険契約等)に

基づく場合の控除額

平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に基づく

新生命保険料、介護医療保険料、新個人年金保険料控除額は、それぞれ下記の表1の計算式に当てはめて計算した金額です。

表1

年間の支払保険料 控除額
20,000円以下 支払保険料等の全額
20,000円超 40,000円
以下
支払保険料等×1/2+10,000円
40,000円超 80,000円
以下
支払保険料等×1/4+20,000円
   80,000円超    一律40,000円

 

 

旧契約(平成23年12月31日以前に締結した保険契約等)に

基く場合の控除額

平成23年12月31日以前に締結した保険契約等に基づく

旧生命保険料と旧個人年金保険料の控除額は、それぞれ

下記の表2の計算式に当てはめて計算した金額です。

表2

年間の支払保険料 控除額
25,000円以下 支払保険料等の全額
25,000円超  50,000円
以下
支払保険料等×1/2+    
12,500円
50,000円超 100,000円
以下
支払保険料等×1/4+
25,000円
   100,000円超 一律50,000円

 

 

 

年末調整などをしている人は、なんとなくで申告書に記入している

 

と申告の仕方で控除額がかわってしまう!

 

なんてこともありえます。

 

それは、新契約と旧契約に加入している場合の控除額です。

 

少し、長くなってしまいましたので、

続きは、次回に記載したいと思います。

 

 

 

 

日本FP協会のテレビCMです。

 

 

不動産

税金

ライフプラン

リスク管理

金融資産運用

相続・事業承継

スタッフブログ

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら