住宅金融支援機構が1日、2018年10月の住宅ローン【フラット35】

 

等の金利を発表しました。

 

それによると、【フラット35】(返済期間21年以上35年以下)の

 

金利は、

 

融資率9割以下が1.410%~2.070%
(前月1.390%~2.020%)(前年同月1.360%~1.970%)

 

と、2か月連続で上昇しました。

 

国債の利回りも上昇しているので、連動していますね。

 

市場がインフレになると予想しているのでしょうか?

 

逆に低すぎていたとの考え方もできるのでしょうか?

 

 

アナリストの方たちもいろんな見方をしていますが、

 

正に生き物ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本FP協会のテレビCMです。

 

 

不動産

税金

ライフプラン

リスク管理

金融資産運用

相続・事業承継

スタッフブログ

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら