先週地価公示の動向をお伝えしましたが、

 

国土交通省は発表している背景についても

お伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅地・・・雇用、所得の改善が続く中、低金利環境の継続

 

       による需要の下支え効果もあって、利便性の高い

 

       地域を中心に地価の回復が進展している

 

 

商業地・・・良好な資金調達環境の下、以下の背景から不動産

 

       需要は旺盛であり、地価は総じて堅調に推移。

 

      ・外国人観光客の増加などによる店舗、ホテルの

 

       需要の高まり

 

      ・都市中心部における再開発等の進展による繁華性

 

       の向上

 

      ・主要都市でのオフィス空室率の低下などによる

 

       収益性の向上

 

 

 

 

 

日本FP協会のテレビCMです。

https://youtu.be/k8B9WxEvzq4

 

 

不動産     

税金      

ライフプラン  

リスク管理   

金融資産運用  

相続・事業承継 

スタッフブログ 

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら