先日、地価公示平成30年の結果が発表されましたね。

 

動向をお伝えします。

 

全国平均として住宅地が10年ぶりに0.3%上昇となり

 

商業地(1.9%上昇)及び全用途(0.7%上昇)は

 

3年連続で上昇となりました。

 

 

 

 

 

三大都市圏では住宅地、商業地とも各圏域で上昇し、

 

大阪圏は住宅地0.1%とわずかな上昇ですが、

 

商業地の上昇率は三圏で4.7%と最も高いです。

 

 

 

 

 

地方圏では住宅地の下落幅縮小が継続しています。

 

商業地は26年ぶりに上昇に転じ、

 

全用途平均でも下落から抜け出しました。

 

 

 

 

 

 

住宅地、商業地、全用途とも上昇に転じ、

 

堅調に推移しているように思えますね。

 

 

 

 

 

日本FP協会のテレビCMです。

https://youtu.be/k8B9WxEvzq4

 

 

 

不動産     

税金      

ライフプラン  

リスク管理   

金融資産運用  

相続・事業承継 

スタッフブログ 

 

まずはお気軽にご相談下さい → こちら