【義理実家の片付け】廊下に残された段ボール・・・ | g-new-days

g-new-days

日々のこと。


テーマ:

さかのぼって、お盆前のことです。

 

義理実家の片付けは、2階の物を1階に下して、義母にいるいらないの判断してもらう。

という形を取っていました。

 

廊下には大量のダンボールが放置されました。

これは、義母なりにいるけど、細々としていて片付けられない、収納する場所がないものです。

数にすると段ボール8箱です。

 

 

そして放置されたまま義母は再入院となりました。

 

お盆にはたくさんの親戚がきて、仏間に行くにはこの廊下を通ります。

 

さて・・・これらどうするのか。

他の部屋に放り込んでしまう。これができたら楽なんですが、どの部屋もいっぱいいっぱいで。

 

仕方なく私が片付けることとなりました。

 

開けてみると・・・

・大量のレコード(デッキはありません)

・アルバム

・服

・バッグ

・会報誌

・手紙

・紙袋

などなど。

 

レコードとアルバムは仏間の戸棚(高い位置)へ収納しました。

服・バッグ・手紙は段ボールのまま義母の部屋へ

会報誌は夫の許可を得て処分(20年以上前の物で開けてもないので)

紙袋は他に十分保管してあるので、ここにあったものは処分

 

とりあえず廊下は何もない状態にし、訪問客を通せる状態にしました。

 

 

******************

 

義父母とも入院の状態でお盆を迎え、無事に終えました。

 

その1週間後、義母が退院して帰ってきました。

 

「ここにあった段ボールは?」なんて言いません。もう存在すら忘れてるんでしょうね。

 

 

私が片付けたことすら知らない。結局いらなかったものなんでしょう。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 使い切る暮らしへ

Mさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス