ネロブロッソ ~博多青黒赤~

ネロブロッソ ~博多青黒赤~

福岡在住
タイトル名は僕の好きなスポーツチームであるガンバ大阪、千葉ロッテマリーンズ、広島東洋カープ それぞれのチームカラーを表すイタリア語
NERO(黒)BLU(濃い青)ROSSO(赤) から取りました
宜しくお願い致します(o゜◇゜)ゝ

1月18日に行われたガンバ大阪のキックオフイベント
スタジアムMCの仙石さんとガンバOBである加地亮さんのトークショーから始まりスローガン発表、新加入選手の紹介等2021年シーズンに向けての戦いがここから始まりました

まずスローガンはこちら(ガンバ大阪公式よりお借りしました)

~Together as ONE~

要約すると(組織が一つになる)(力を合わせる)となります
日本で初の新型コロナウイルス感染者が出てから1年経ちました
1年前は(まあ春頃には治まるんじゃない?)
(ちょっとの辛抱でしょ?)
そんな軽い気持ちがありました
まさかここまで日本、そして世界中で感染が拡大するなんて誰も思ってなかったはずです

生活様式が変わり娯楽も制限されるなかでガンバ大阪はリーグ戦2位という近年では最もいい順位で終えることができました
しかし、優勝した川崎フロンターレとの力の差や(2位感がしない2位)だったこと、2021年シーズンは正式に出来るかは解りませんが久々となるACLで昨年以上の過密日程、助っ人と新卒の選手しか獲れなかった補強等一歩間違えれば4チーム降格の沼にハマってしまう可能性もゼロとは言えません
それでもそれを乗り越えてもう一度(胸に☆を刻むため)、新時代に向けて歩みだす為を考えるといいスローガンだなと思いました
ガンバイズムとの決別は致し方ないでしょう

新加入選手では明治大学から入団の佐藤選手のみが会見に応じFCソウルから加入のチュ・セジョン選手はビデオメッセージでの登場となりました
セジョンは背番号6を着用するとのことで…
読みが外れましたね(苦笑)

また22日の金曜日には松本山雅からレアンドロペレイラ選手の加入も決まりました
アデミウソンが抜けた前線に昨年リーグ15得点のプレイヤーがやって来ます
パトリックとの(元サンフレッチェ在籍)コンビで相手DFをなぎ倒して欲しいです

更には土曜日に昨年までサガン鳥栖に在籍
強烈な左足のシュートが武器のブラジル人チアゴアウベス選手も獲得と発表
今年の移籍市場で獲得できなかったサイドアタッカーのポジションにも厚みを加えることが出来ました

なお、ウェリントン・ネン選手、ウェリントン・シルバ選手というブラジル人のサイドアタッカーを獲得か?という報道も出てますが外国人枠の関係から加入はないのではないかと予想します

キックオフイベントの話に戻りますがACLのユニフォームも発表されました


ACLはホーム、アウェイ共に昨年のユニフォームをベースにしたとのこと
販売が待ち遠しいです


そして今季の日程も発表されましたね
開幕戦はアウェイでヴィッセル神戸と対戦
またセレッソとの大阪ダービーは5月と8月に予定されています
セレッソは6月にかつてのキンチョウスタジアムを回収し新たに(ヨドコウ桜スタジアム)として球技専用スタジアムが誕生します
誕生後はこちらの方に試合開催を一本化するとのことでヤンマースタジアム長居でのダービーは5月の試合が最後となります
これまで数多くの激闘を産んできた長居でのダービー 最後に勝って(俺達が大阪)ということを示したいですね

2016年以来の対戦となるアビスパ福岡とは4月にホーム、7月にアウェイでの対戦が決定
アウェイ福岡でのゲームは日曜ナイターなのですが福岡開催でのこのカードがナイター開催になるのは2000年まで遡ることになります
近年はサガン鳥栖がいましたので鳥栖アウェイと博多の観光を楽しむガンバサポーターも多いかと思いますが久しぶりの博多の森を楽しんで欲しいなと思います
ちなみに僕は今回は行かないかと…


2年前までなら日程が発表されると
(どこのアウェイ行こうかな?)
(飛行機とホテル早めに抑えないと!)
なんて計画してましたが今年はまだそんな状況ではありません

1日でも早く(ビフォーコロナ)の日常が戻ってきますように