★流山おおたかの森邸・お住まい構造★② | どんぐりびとのブログ

どんぐりびとのブログ

私たちグッドリビングは、千葉県を中心に人と地球に優しい自然素材を生かした本物の家づくりをご提案しております。自然素材に囲まれた心地良さ、健康で安心して暮らせる、省エネで家計にも環境にも優しい家づくりをを是非ご覧下さい。


テーマ:

皆さんこんにちは😆
週末いかがお過ごしでしょうか🎵

今日は
『M様流山おおたかの森邸』構造②...
をお届けします

いよいよ断熱材のセルロースファイバーが吹き込まれました!!
セルロースファイバー断熱材「デコスファイバー」は、原材料の約80%が新聞紙です。

新聞紙は、木材から木材チップになり、そこから木質繊維を分離したパルプからつくられています。
そのため、木と同じ性質を持っており、グラスウールなどの無機繊維系断熱材にはない多くの特長を持っています。

その一つに木質繊維の中にある自然がつくった小さな空気の粒があります。硬い針金のように細く均一な無機繊維に比べ、セルロースファイバー断熱材は、様々な繊維が複雑に絡み合っています。
この絡み合った繊維が空気の層をつくり、さらにその繊維1本1本の中にも空気胞が存在しているのです。これらの相乗効果により、一層熱を伝えにくくし、高い吸音効果を生み出します。
さらに、木質繊維がもつ吸放湿特性により年間を通じて適度な湿度を保つことが出来ます。

自然の恵みが私たちに快適な暮らしをもたらしてくれる。
自然の素材の持つ力を最大限に活かした断熱材・・・
それが、木質繊維系多機能セルロースファイバー断熱材「デコスファイバー」です!!

 

1階リビングには構造を支えるための丸太柱が。
 
 

化粧柱のような役割も担い、意匠的にも存在感もバッチリです!

壁の下地材を貼るための間柱も☺️

2階に上がると洋室には天窓が。ここからは優しく光が入り込み、自然の光との調和が感じられます

梁が出た天井は自然素材を活かしたお住まいを実感でき、角にはしっかりと火打梁と建築金物で補強してあるのが分かります(๑•̀ω•́๑)b

ちなみにこのお住まいは耐震等級3級です😊

着々と成長している流山おおたかの森邸。

次回レポートもお楽しみに😆

どんぐりびとさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス