今日はあまり時間がなかったのですが、温かいものが食べたくてランチは広州飯店の海老ワンタン麺にしましたチュー

 

ここのワンタン麺て安くて美味しいし、最高です爆  笑

 

 

さて、シリーズ編として仮想通貨、そして投資への向き合い方を伝えながら一緒に考えていき、確実に利益を出し、その先にある富豪へのステップ、自己成長への道を歩む為に取り組んでおり①→②→③→と順を追って説明していますので、まだ読まれていない方は①から読まれてから本文を読み進めて下さい。

 

以下①の本文です。

http://line.me/R/home/public/post?id=wrd0408t&postId=1151530659110035701

 

③では「戦わずして勝つ」と言うことをメインにお話をしました。

 

これは投資が何かわからない状態で投資をするのではなく、事前に色々と情報収集をし、取捨選択を行い、その情報を基に自分が取るべきアクションプランを練り「負け戦」ではなく確実に勝てる「勝ち戦」にしないといけないと云う事です。

 

ですがこの世の中確実に勝てる戦なんてありません。

 

確実な投資などありません。

 

それは最早投資ではありません。

 

リターンが存在すれば、そこにリスクも存在します。

 

ここで大事な事はリスクは損失ではないと云う認識です。

 

まず、リスクの本質について考えてみましょう。

 

ここでまずは前提としてリスクには「危険」と「機会」の両方の意味合いがある事を認識して下さい。

 

例えば、仮想通貨の値段が今後下がる可能性が高いとしても、リスクが高いということにはなりません。

 

リスクとは、損失を表すわけではないからです。

 

いいですか?

 

また、値段が下がることが必ずしも損失を表すわけではありません。

 

むしろ、仮想通貨が将来確実に下がるとわかっていたら、それを見越してあなたは儲けることも可能です。

 

例えば、投資では「空売り」というものがあります。ここでは、話を簡単にするために手数料や金利は考えないものとします。

 

例として株として例えます。

 

500円のA社の株式を1株証券会社から借ります。

 

それをすぐさま市場で売却すれば、あなたには500円のキャッシュが手に入ります。

 

その際に、6ヵ月後にその株式を返却するという契約を証券会社と結んでおき、6ヵ月後に株価が300円に下落すれば、今度はその株式を300円で買って証券会社に契約通り返却します。

 

500円で売却して、300円で買っていますから、結局差し引き200円の儲けとなるわけです。

 

このように、将来株価が確実に下がると分かっていれば、「空売り」などで確実に儲けることができるのです。

 

こうしてみると、株価が下がるということを損失と考えたり、リスクと考えたりするのがおかしいことがお分かりになるはずです。

 

むしろ、株価が将来どうなるかが分からないという「不確実な状態」をリスクと考えるわけです。

 

ファイナンスでは、金融資産のボラティリティ(価格変動)が大きければ大きいほど(バラツキが大きいほど)「リスクが高い」と捉えます

私の好きな言葉に

「マンションの10階から飛び降りるのはリスクが高いですが、100階から飛び降りるリスクは0」と云うものがあります。

正にこれがリスクの本質です。

 

この事をもっと勉強したければオススメの良本がありますのでそちらを買って読んでみて下さい。

 

「ブラック・スワン: 不確実性とリスクの本質」ナシム・ニコラス・タレブによる本

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4478001251/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4478001251&linkCode=as2&tag=amazonnn01-22&linkId=189aa4eda2f420ba9cbb08951ced3925

 

重要なのはリスクをどこまで抑える事ができるか?です。

 

さて次はリターンのお話ですが投資における「リターン」とは投資収益(または投資収益率)と呼ばれ「リターンはいくら(○○円)」「リターンは何%(○○%)」という使われ方をしてます。

 

例えば、初年度に100万円投資し、次の年に110万円になった場合

「(110-100)÷100=10%」で「1年のリターンは10%」となります。

 

そしてリターンには2種類のリターンがあります。

 

これは①でお話をさせて頂いた、インカムゲイン、キャピタルゲインの話にも繋がりますが、ひとつは配当や利子のようなインカムリターンと、もうひとつは、株価の値上がりによるプライスリターンです。

 

両方を足したものをトータルリターンと呼び、投資のリターンを表す時は、通常トータルリターンが使われます。

 

また、リターンは利益が出た時だけでなく、損失が出た時にも使われ(マイナスリターン)「- ○○%」と表します。

 

そして投資の分析手法にはテクニカル分析とファンダメンタル分析というものがあります。

 

ここまで一気に話しましたが、理解していなければしっかりと最初からお読み下さい。

 

また本文に対してあまりピンとこない人は、①から順番にお読み下さい。

 

大事なのは、ピンとする事。笑

 

変われない自分を変えるにはこの「ピン」とする事が大事です。笑

 

ピンとするという事は、天からのお告げの様なものである事に気が付く事、それは自分の知らなかった事を知る事、そして学ぶ事、未知の情報を既知の情報に変える事。

 

知識を増やすという事は、人生の中で武器を増やすという事です。

 

この私が話しているコラムは投資の世界を学び、そして包括的に人生を学ぶという目的と意図があります。

 

この目的はただ一つ「大富豪になる事」

 

だからそれに相応しい人格者、器、裁量者になる事。

 

それ相当の振る舞いができる人でないと億というお金は降って来ません。

 

投資とは人生全体を囲んでいると認識をして下さい。

 

この認識が大事です。

 

何度も言いますが、マネーゲームだけが投資ではありません。

 

その序盤としてとても大事な事があります。

 

それはテクニカル分析を覚える必要があるという事です。

 

テクニカル分析とは、「過去の値動きパターンから将来の値動きを予想」するという事なので確実に必要な分析です。

 

過去の傾向がわかれば、ある程度将来を予測することができ、投資成績にも差が出て来ます。

 

「どんな指標を使えばいいのかわからない・・・」

 

「何を意味しているのかわからない・・・」

 

「全部使いこなせそうにない・・・」

 

投資初心者の方にとっては少しハードルが高く感じるテクニカル分析ですが、パターンさえ押さえれば、格段に値動きの予想がしやすくなります。

 

以下私がこの配信の為に1、「テクニカル分析について」2、「投資家になる為のマインド」

 

この2つの資料をネットにUPしましたので一度以下URLからお読み下さい。

 

テクニカル分析について

http://d.kuku.lu/1f80dad817

 

投資家マインドについて

http://d.kuku.lu/6ca920be30

 

期間限定なので時期を見て削除します。

 

ここまで読み進めて来たあなたはこのままずっとこのシリーズを読み続け、その通りに学んで、その通りに行動して下さい。

 

この言葉を知ってますか?

 

「一隅を照らす、これすなわち国宝なり」

 

これは「一隅を照らす光が集まれば、その光は国全体をも照らすことになる」

という事です。

 

奥が深い言葉ですよね?

 

つまり、自分が今いる場所や立場でベストを尽くすことで結果的に全体を良くすることになります。

 

だからこれを読んでいる人皆さんがこの記事を読み具体的なアクションプランを変えて一隅を照らせば結果的に自分全体、そして周り全体、そして国全体が良くなるという事です。

 

仮想通貨をやっている人達を見ていると利益しか求めてないです。

 

これはとても悲しい事です。

 

でもそれより大事なのは、お金を得られた過程であり、所得の源泉が自分でない限り意味がありません。

 

大事なのは利益を求めたアクションより、本当に自分の未来の為になる為のスキルやノウハウを身に付けていく事です。

 

このコラムをこれからも継続して読み、真摯に受け止め、実行に移せば結果は確実に変わります。

 

今の行動を変えるからです。

 

あなたは絶対に成功できます。

AD