皆様、こんにちは(^^)/

 

G&Eの谷です。

 

今日は、ちょっと珍しい有田焼のガーデンアイテムをご紹介いたします!

 

有田焼についてちょっとだけ調べてみました人差し指

   長崎県の隣県である佐賀県の有田で、日本における磁器発祥の地

   400年の歴史がある

  

   ※陶器と磁器の違い(私は違いをよく知りませんでしたので絵文字4

      陶器は原料が粘土で光を通さず、焼きもやわらかいのに対し、

      磁器は原料が陶石を粉砕した石粉で、光を通し陶器よりも固いという

       特徴の違いがあるそうです。

 

 

 

有田焼といえば、毎年ゴールデンウィーク期間中に開催される

『有田陶器市』は有名で、100万人以上の方が集まるそうです。

 

私も数年前に行きましたが、その時に買ったパスタ皿はほぼ毎日の

ように食卓に上がっています。

 

パスタ、野菜炒め、チャーハン、カレー、焼きそば etc

何でもこのお皿に盛っちゃうほど、お気に入りですにこにこ

 

 

 

実は先日も、佐賀の武雄に行く途中に、『有田焼のデパート』とでかでかと

書かれた看板がいくつもいくつも、これでもかというくらい設置されてて

思わず、看板に誘導され立ち寄ったばかりでしたキャッ*m

 

 

お店には何十万、何百万もするような大壺や大皿が所狭しと並べられていました。

 

可愛い食器もたくさんあって、これ欲しい~~~~と思っても、有田焼はやはり

いいお値段がするので、気軽には買えなくて苦笑い

 

でも見てるだけでも楽しかったです

 

来年は有田陶器市に行こうと心に決めてお店を立ち去りました。。。

 

 

 

陶磁器の水鉢や大きな壺、テーブルとイスセットというのは、ガーデンアイテムとして

見たことがある方もいらっしゃると思いますが、その他にも有田焼のこんな

エクステリア商品があるんですおんぷ

 

 

 

 

まずは表札(門札)です。

 

 

 

 

  

   

 

 

 

 

どのお家ともかぶらない、とても個性的で素敵な門周り、玄関周りに

なりそうですねau 着フル

 

 

有田焼の表札は、ひとつひとつ職人さんが手作りで作製していますので、

若干のゆがみや柄のずれ、表面の凹凸、ざらつきなどがあるということですが、

これも手焼きならではの味わいですよねクローバー

 

 

 

次は庭のアクセントとして、こんな有田焼のアイテムはいかがでしょうか!?

 

 

 

 

 

 

これらの商品も、ひとつひとつ釉薬を塗っているということで、ひとつとして

同じ色合いのものはないそうです。

 

 

 

 

 

 

坪庭のアクセントや、遊歩道のアクセントとしてお使いいただけると

温かく風情ある自然石やレンガとはまた違い、庭に趣きを加えまた、

彩を添えてくれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、藍色の小花がなんとも可愛いウォールアクセサリーですおんぷ

 

 

 

 

壁に飾ったり、門柱のアクセントとして、

また庭にそのまま転がしておいてもいいですよね~クローバー

 

 

 

 

今回ご紹介した商品は カタログ 『EXISLAND vol13』 の中の

商品です。

 

 

 

 

エクステリア商品がたくさん載っているカタログです。

興味がある方はのぞいてみてください。

 

 

いずれの商品もカタログ定価よりお安く提供いたします。

 

商品に関するお問い合わせ・ご相談はジー・アンド・イースタッフまで

お気軽にどうぞエクスクラメーションマーク

 

 

~・~・~~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~・~~

*G&Eはエクステリアとお庭の専門店ですドキドキ 

新築・改修問わず、施工実績多数!!

ぜひHPもご覧下さいヒツジDASH!

 

http://www.g-e-nagasaki.com

 

 

 

 

 

AD