聞いたことある。 | どうでもいいじゃん♪

どうでもいいじゃん♪

徒然日記とその他身の上話です。

自殺者と非自殺者にはタンパク質の構造に差があった
 米国の研究チームが、「自殺のリスクと関連するタンパク質がある」などとした研究結果を発表した。同研究..........≪続きを読む≫ 米国の研究チームが、「自殺のリスクと関連するタンパク質がある」などとした研究結果を発表した。同研究によると、自殺者の脳内では、あるタイプのタンパク質が増えているのだという。

 ニューヨーク州の精神疾患研究教育臨床センターのドラチェヴァ博士が中心となった研究チームが自殺が原因で死亡した人、もしくは他の原因で死亡した人の脳内のタンパク質の発現を解析。専門誌「Molecular Psychiatry (分子精神医学)」の11月号で発表した。

 その結果、自殺者とそうでない死者の間で、「セロトニン2C受容体」というタンパク質の構造に違いがあったという。非自殺者の「セロトニン2C受容体」は、「イソロイシン156-アスパラギン158-イソロイシン160」というアミノ酸配列を持っていたが、自殺者の多くは、この部分の配列が「バリン-グリシン-バリン」という配列に置き換わっていた。


このセロトニンが大いにかかわっているっていうのはどこかで聞いたことがあります。

まだ研究段階だし、単なる傾向や統計ってことかもしれませんが、

この構造が違うという発見が今後の治療に大いに役立ってもらいたいですね。