第5748回ナンバーズ3予想の参考情報 | 人生成功のアルゴリズム

人生成功のアルゴリズム

~鉄腕アトムを作りたかったその心は、正義と優しさと強さを作りたかった~

上矢印2020年8月13日公式ハッシュタグランキング1位

 

※プログラミング言語perlでデータを計算させ、出力しています

 

ナンバーズ4はこちら
ロト6はこちら

ロト7はこちら
ミニロトはこちら

ビンゴ5はこちら


前回の当選数字は、764

 

候補としてあげた数字は、

 

【ポジティブ】

百の位: ,9 ⇒ OK
十の位: 3,5 ⇒ もやもや
一の位: 2,8 ⇒ もやもや

⇒ ストレート当選0円

的中率: (25/1812)×100=1.380% > 0.8%(理論値)

⇒ ミニ当選0円

的中率: (75/1812)×100=4.139% > 4.0%(理論値)

 ボックス当選(0円

的中率: (79/1812)×100=4.360


【ネガティブ】

⇒ ストレート当選0円

的中率: (21/1812)×100=1.159% > 0.8%(理論値)

⇒ ミニ当選0円

中率: (65/1812)×100=3.587 < 4.0%(理論値)

⇒ ボックス当選0円

的中率: (87/1812)×100=4.801

 

ナンバーズ3においては、000から999の数字が抽選されます。

抽選が公平であれば、それぞれの抽選回数は、無限回試行したときに、同一でなければなりません。

しかし、実際は、各ケタで抽選される数字は、抽選回数に差があります。


抽選回数が多い数字が抽選されやすい数字で、抽選回数の少ない数字が抽選されにくい数字と、ポジティブに仮定すれば、抽選回数の多い数字を買うことは、当選を狙ううえで、意味があります。

最近の50回の抽選回数の多い数字と全回数の抽選回数の多い数字をあわせて、これを【ポジティブ】予想とします。

さらに、最近の50回の抽選回数の数字最下位と全回数の抽選回数の数字最下位をあわせて、これを【ネガティブ】予想とします。ネガティブな数字を候補数字としてあげる理由は、2つあります。1つは、抽選回数の少なかった数字を買い続けたとしても当選結果は大きく変わらないこと。もう1つは、それぞれの数字の抽選回数は、無限回試行したときに、同一でなければならないことから、抽選された回数の少ない数字が出ることが検証されているからです。

今回の予想としてあげる候補数字は、以下のとおりです。

 

【ポジティブ】

百の位: 7,9
十の位: 3,5
一の位: 2,8

⇒ いち早くメールマガジンでお知らせ!(無料)

 

【ネガティブ】

百の位: □,□
十の位: □,□
一の位: □,□

 

一方、ロト6予想日記への道 」の15.で確率を用いた予想方法を提案しており、最新データで計算した確率による予想の参考情報をメールマガジン にてご提供しています。
⇒ 今回、当選(0円

的中率: (625/1813)×100=34.47%

⇒ ストレート:94回、ボックス:367回、ミニ:199回

 

月額330円(税込み、初月無料)、以下のメールマガジン登録ページからぜひご登録ください。
まぐまぐ!「ナンバーズ予想の参考情報」 
⇒ サンプル 
 NEW全回前半、全回後半の確率、配信始めました
※ 当月無料のメルマガは、申込当月に解除すれば無料です。

 

以下のバナーを押すと「人気ブログランキング」のページが開きますが、当ブログサイトの応援になります。お時間があれば、ポチッとよろしくお願いいたします。


ナンバーズランキング

→ ポチッとしてくださった方、ありがとうございます。

 

次の図は、ヤフオク出品中の予想ソフトウエアによる出力です。当選数字を赤四角で印をつけました。

「確率:」となっているところが、前回の数字から次回出やすい各ケタの0~9の数字の確率を加算し、確率の高い順に並べたものです。左が出現確率が高く、右へ順に確率が低くなっています。
「AI:」となっているところが、人工知能アルゴリズムを用いて、並べ替えて出力したものです。

 

当選数字ができるだけ上位に集まるように調整を続けています。こちらも同様に、左が出現の評価値が高く、右へ順に評価値が低くなっています。

ナンバーズ3予想ソフトウエアAI&P2(2021年8月号) は、
⇒ ヤフオク! で販売中です。

 

ビリヤードナンバーズ3予想ソフトウエアAI&P(ランダム)をこちらのWebページから無料でお試し!ダーツ

 

予想早見表&確率予想、AI予想[e-SHINBUN]

⇒ 1回1口、2連続当せん!ロボット上矢印

考える力をみがく、パソコン家庭教師

いつもブログご愛読ありがとうございます。ブログ著者の本です。