診療所移転の認可 2つの医療法人を同日に受領 | 元東京都庁医療法人指導専門員 認定登録医業経営コンサルタント/PROPRIDE行政書士事務所 特定行政書士 藤沼隆志のブログ

元東京都庁医療法人指導専門員 認定登録医業経営コンサルタント/PROPRIDE行政書士事務所 特定行政書士 藤沼隆志のブログ

医療法人の行政手続きに関して、当事務所で対応できない事は他では確実に出来ないと断言できます。
医療法人及び病院・診療所関係の役所手続きを確実に行いたい、出来るだけスムーズに行いたいとお考えなら当事務所にお任せ下さい。



東京都内の医療法人様のクリニック移転の認可申請。

一つは軽微な修正対応から3週間も何らの確認もされず放置されて、行政手続き条例で認められる申請権を代理人行政書士として行使して無理やり申請を受領させた案件。
結局、その後に何らの補正もなくそのまま認可が降りました。
本当なら三週間前には事前審査の了承をちゃんととって申請して認可になったはず。

私の担当案件じゃなかったら、まだまだ放置されて認可が降りるのはもう1ヶ月以上時間がかかったんなじゃいでしょうか。

もう一つも、事前審査書類の提出からやはり1ヶ月たっても目を通されず、督促をしたら翌日に軽微な確認があり、そのままその一週間後には本申請になった。

そして申請した日付は違っていますが、認可日は1日の違いで、受取の案内は両方とも同じ日となりました。

本当に、すぐ終わる仕事を後回しにするから仕事がたまっていくんでしょう。
公務員も働きかた考えたほうが良い。

手続きを少しでも速く進めたい人は、医療法人専門で行政とも正面から交渉出来る行政書士にご依頼ください。