値幅は ローソクばかり見たらダメですよw | FXトレーダー あっき~の ポンド円 波乗り日記

FXトレーダー あっき~の ポンド円 波乗り日記

チャンネルライン・値幅観測論・チャートパターン観測を
用いたスタイルで 日々相場と戯れてます(笑)
取引通貨メインは ポンド円です
その他にも ポンドル・ドル円などなど・・・
とにかく 儲かりそうな通貨ペアを取引しています(爆)


テーマ:

 

 

こんにちわ~ あっき~っすw

 

 

今日は 俺が 日頃から大切にしてる「値幅」の

 

基本中の基本の話をしたいと思います

 

最近 端から端までのトレードなんか無理じゃ~

 

・・・なんて声が聞こえてきますが

 

値幅の事が分からなければ そんなこと 出来る訳ないし

 

まして そんなん 詐欺じゃ~w

 

って思ってる人には 一生見えないでしょうねw

 

まぁ そんな事は どうでもいいんですがw

 

 

まず チャートを見る時に ほとんどの人は

 

ローソクを ガン見してるはずです

 

でも 俺は「ローソクとのすき間」 これを 重要視しています

 

どういう事かというと 下の ①画像を ご覧ください

 

 

 

 

俺は 赤矢印のように 常に こういったポイントを見ています

 

値幅でトレードするなら こういった赤矢印の隙間は

 

常にチェックしないといけません

 

 

では 次に ②画像を ご覧ください

 

 

 

 

左からの相場の流れを観た時

 

例えば 逆三尊が出来れば 赤矢印のように

 

ローソクは すき間を作るはずである・・・

 

そうなれば 上に値幅を出しに行く可能性が高くなる・・・

 

こういった想像を 図形遊びのように考えていきます

 

 

実際の相場は どうなってるかというと

 

逆三尊の左ショルダーで

 

右サイドも 下げ止まり 右ショルダーが出来たので

 

この時に すき間を チェックする

 

んで 今回は 出来た すき間は 大きいので

 

この相場は 大きく上に出やすい

 

んで 結果 ③画像になりました

 

 

 

 

 

このように 相場は すき間分が 上に出やすいのです

 

 

でも どの時点で 上に走り出すのか?

 

ここを 疑問に思った方もいると思いますw

 

相場って 必ず上下する時は 斜めラインが当たって上下します

 

今回は ④画像のタイミングで 上げていきました

 

 

 

 

青色ラインに触れるタイミングですねw

 

 

今回は 基本形の基本を 説明しましたが

 

いつもいうように 応用形も多々あります

 

てか応用形の方が多いかもw

 

応用形を習得しようと思えば 過去チャートで

 

検証やりまくるしか 方法は ありません

 

実際 俺も やりまくりましたw

 

んで 失敗も 数多くしてきました

 

でも そんなキレまくった失敗から 学び 今の自分があります

 

継続は力なり・・・日々の積み重ね

 

ここ 大切ですよね^^

 

 

 

付録 応用編

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の例題は ポン円 15分  2018年 1月11日頃からの

 

チャートと なります

 

 

 

 

 

 

 

 

あっき~さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。