消化

テーマ:




ねえ、覚えてる?

2月15日のこと。





お披露目から1ヶ月間メンバーと
物販売上数、yell、
ツイートのRTといいね数
の合計で勝負をさせられていました。


そう、させられていました。




もともとフォロワーが
1000近く超えてるメンバーが3人。

前からなにかしらの活動をしていて
元々ファンがいる他のメンバー


スタート地点の段階から
平等じゃないクソみたいな勝負


バカなのかな?やる意味ある?
って思いました。





1週目、2週目、3週目の中間発表

わたしが1位でした。


いろんな偶然の掛け合わせ
完全に運でした。




そう、でした。




結果的には
最後は1位になれませんでした。


正直、
わたしは自分が1位だと思っていました。


圧倒的なRTといいね数の差をつけました
yellみんなの10倍もきてました。
物販だって大差ないんでしょ。
数枚って聞きました。

なんでわたしは1位じゃなかったんだろう

どんな基準で順位決めてるの



物販だけで決めるんだったらSNSもyellも
いらないじゃん。なにを評価してるんだよ。


順位が発表されて
すぐ曲と歌詞が送られてきました。

ほんとにすぐ、結果と同時に送られてきた。



わたしは思いました。
ああ、ね。デキレースか。



わたしはずっとあの時の勝負の結果に
納得がいっていません。



真相はもうどうでもいいけど。





その勝負の時に言っていた、

何もない私だけど、
メンバーの密かな脅威になりたい


もう、充分なれたと思います。





わたし、
次はねごどるのエースになりたいです




リーダーにもセンターにも
なれなかったけど、

ねごどるの
圧倒的エースになりたいです。



密かなエースはもういいです。
わたしが最強で最高です。




お披露目のときから
本当にわたしは多くの人に支えられてきました

本当に多くの人に。



強いオタク一人もいないし、
ピンチケばっかって言われてました。

誰もしおんのこと本気で推してない。


そんなことばっか言われて
悔しかったです。

お披露目の勝負の時も言いました。




私たちは塵も積もれば山となる作戦で
いこうねって。


そのおかげで
3週目まで1位になれてました。



積むオタクが一人もいなくても
みんなが力を合わせれば
こうやって1位になれることを
わたしはメンバーの誰よりも知っています



それを教えてくれたのはみんなです。





定期公演の勝負は
集客数のみでたたかいます。



ぶっちゃけてしまえば、
わたしが一番集客安定してます。


でも普段が安定してるだけなんです。


大事なライブ、毎回負けます。

それは他のメンバーが見えないところで
頑張っているから。





わたし、
本当はこの定期公演の話聞いたとき
絶対リベンジしたいし、
全公演1位獲ってやろうって
思っていました。



でも、ここぞという時に
呼べていなくて自信がないです。

なくなりました。




わたしは正直、義務感とかそういうので
ライブに来て欲しくないです。


会いたいから、楽しいから
そういう本質的なもので来てもらいたい

そんなこと言ってたら
誰もこないのが現状かもしれないけど。




でも定期公演だけはごめんなさい。
わがまま言わせてください。


絶対に絶対に来て欲しいです。

車に轢かれても、内臓が飛び出ても、
彼女に振られて死にたくても、
わたしに会いに来て欲しいです。



第4月曜日は
わたしとの予定を入れてください。

あなたの名前をわたしにください。





わたしは誰よりも
わたしを推してくれている人たちのことを
知っているつもりです。


友達いますか?
わたしに似てあまりいませんか?


周りの人も誘ってきてほしいです。



わたしのことをたくさん広めてほしいです



勿論、
わたしもみんなが恥ずかしくないように
最高の推しとしてたくさん頑張ります



わたしは毎回1位を狙います。
なれなくても絶対2回以上1位になります。

っていうか一人じゃなれないので
一緒に1位を目指してください。



4回絶対1位になりたいけど、
11月は何が何でも1位になりたいです。


ソロ曲。


お披露目の勝負の時から言ってます。




1位になってソロ曲がほしい。
作詞がしたい。



あの時掴めなかった1位。
貰えなかったソロ曲。



今度は絶対に掴み取りたいです。

というか、奪い取りたいです。





1位以外いらない。

というわけではないけど、

1位以外眼中にないです。







ついてきてください。









村田しおん


AD

コメント(1)