FX イメージ通りのトレード | FXトレード レンジブレイク完全マスター講座。FX初心者でも高い利益を継続できるノウハウ、ツールをご提供中。

FXトレード レンジブレイク完全マスター講座。FX初心者でも高い利益を継続できるノウハウ、ツールをご提供中。

15分足で1日平均20pips以上取るトレード手法です。再現性の高いツール、トレード手法をご紹介します。

こちらもご確認ください


人気ブログランキング

鉄板トレードが何故、長期間勝てるのか?

理由は1、2年の間にできたルールではなく、10年以上継続できているルールだからです。大暴落、暴騰、毎週起こる急騰、急落、日々のもみ合い、数日続くもみ合い、
あらゆる場面を加味したルールでもあります。

そして、勝つことよりも、負けないためのルールであり、安定利益を残すためのルールです。複利で増やすことが目的だからです。

「売り、買い、優先している目線はありますか?

この問いの答えは、「中立を保ち、条件が揃った方に順ずる。」となりますが、

トレード経験が長くなるほど、「売り目線」が増えてきます。

売りも買いも強気になることはありませんが、無意識の中で「売りを警戒」していることがよくあります。

それは結果的に良い結果につながっています。

売りであっても、特に利幅を伸ばすことはありません。

売りも買いも利を伸ばすのは、ポジション取りから3本です。

それ以上見る場合は、逆ペアブレイク決済するまで持ちます。

トレードは手法で勝つものではありません。

トレードは統計で勝ちます。


例えば、時間足の方向に合わせた分足エントリーは、利確率が高い。

時間足の方向に合わせた分足エントリーは、利確できず手仕舞いした時はもみ合いのため、同方向のエントリー条件が揃えば、再度、エントリーする。

この再エントリーは、大きなブレイクに乗るチャンスである。


長年の統計がないと、損切に合えば気持ちが萎縮し、次のエントリーに迷いが生じることがあります。その迷いは確かな統計が出ていないため自信が持てないからです。

この位置で売れば取れる確率が高い。
この位置で買えば上がる率が高い。これらも統計です。

メンタルが強く、萎縮せずトレードができたとしても、根拠のないトレードは結局はマイナスで終わります。

逆にメンタルが弱くても、統計によるエントリー、手仕舞いを繰り返せば、利益が残ります。

一人で統計を取るのは大変です。

それを実践の中で確認してもらうのがサイン配信です。

なぜ、勝てているのか、なぜ、利を伸ばせるのか?


それらを日々、確認するだけで、自身の統計となります。

自信が付いた時のトレード、週ベースで枚数増、トレード成果を具体的にイメージしてください。


人は一年で激変できます。


現在は専業者養成のモニター(配信サイン)を募集中です。

お問い合わせ