英語事業の経営理念 英語を通して人々を幸せにする  | 社会投資家 竹井佑介日記

社会投資家 竹井佑介日記

投資を通して人々を幸せに、がモットー。
投資で稼いだお金で、学校建設、学校での講演会、孤児院支援など教育を通じて世の中を幸せにすることを志とした活動報告。

 

新刊発売! 真・億万長者思考

 

 

おはようございます!

 

本日は弊社の英語事業(UTSS)の経営理念

 

英語を通して人々を幸せにする

 

に則って、本日、フィリピンセブ島の最貧困地区であるカレタ地区の復興活動を教育の側面からカバーされているJayzon先生をお招きして講演していただきます。

 

 

 

 

 

記念すべき第一回目ですので私の通訳も

 

めちゃくちゃたどたどしい面も多いと思いますが、それもまた一興として張り切ってまいりたいと思いますアップアップ

 

カレタ地区には教育面でのサポートと合わせ、里親になることで直接的に助けられる活動のお手伝いを出来ればと思います。

 

現在弊社もおそらくどこの英語事業もやっていない方法で英語を学ぶ楽しさを伝えるために様々なしかけを準備をしております。

 

1対1のタイプの英語の授業入れずに、英語を学ぶ楽しさ合格クラッカーをしっていただくものにしたいと思っています。

 

そしてただ楽しいだけでなく、こういったイベントを通して直接英語でご質問いただきやりとりすることで、英語を使うことでたくさんのことを学べるきっかけを作りたいと思っています。

 

通常の日常会話から様々なタイプの楽しく深いコミュニケーションが出来るようになるお手伝いが出来ればと思います。

 

私も読み書きは日本英語カリキュラムのおかげ様である程度は出来ますが如何せん、リスニング、スピーキングの力が弱いショック!ので、お客様と一緒に成長していきたいと思っています。

 

本日たくさんの日本人の仲間たちが自分のだけでなく、人々を救うをより強く持てるきっかけづくりになるよう張り切ってまいります!!

ご協力いただく #DAREDEMO_HERO の順子さんに、この場を借りてお礼申し上げます。

 

 

 

こちらがお墓の中とは誰がわかるでしょうか?

本当に頭蓋骨などが転がっている中で皆暮らしています。

 

 

 

 

 

将来子供たちが自立できるようお手伝い引き続き張り切ってまいります!

 

 

#UTSS

Under the Same Sky

 

同じ空の下、支えあって生きるのが私たちの役割です!