熊本支援 人吉の阿蘇青井神社への寄付支援 天草での第二回チャレンジオリンピックを通した支援 | 社会投資家 竹井佑介日記
新型コロナウイルスに関する情報について

社会投資家 竹井佑介日記

投資を通して人々を幸せに、がモットー。
投資で稼いだお金で、学校建設、学校での講演会、孤児院支援など教育を通じて世の中を幸せにすることを志とした活動報告。

 

今回はたくさんの方からの義援金を頂きまして

総額675451円もの金額を

人吉の

青井阿蘇神社

 

橋本キイチさんから寄付をさせて頂きました。

 

 

 

人吉にお住まいのそのださんから

福川宮司、溝口県議からもくれぐれもよろしくお伝えくださいとお言葉を頂いたとのことでした。

 

 

 

 

目録もそのださんにおつくりいただき、現地の熊本の仲間たちが皆さまからの思いを届けてくださいました。

 

 

 

現地の様子としましては、物資よりも寄付金の方がありがたいということで

考えを切り替えましてそのまま送金させて頂くことにしました。

 

ボランティアは気温も高く、大変でしたが、神社の復旧がかなり進んだようだったので良かったですね!

町中はまだまだ時間がかかりそうな印象でしたが、以前より報道も減り、

コロナの影響もあって人手不足が深刻なようです。

 

実際にこういった様子を見ると、以前広島の豪雨災害の際に狩留家というエリアにボランティアに行きましたが

本当に状況は似ているように見受けられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため本当に人手が必要かと思うのですが、

 

誤差率の高いPCR検査はやめて

抗体検査などを受けてしっかりと陰性であることを確認してから現地入りすることが認められれば

私と同じように現地に直接伺いたいと思われていた方も多かったのではないでしょうか?

 

 

今日は、青井神社から少し離れた場所にある「薩摩瀬神社」の手伝いをお願いできたらということで、そちらの方に行って境内に堆積した泥をバケツリレーと一輪車にて外に運び出しました。
皆、かなり汗だくになり頑張っておられました。

街の復興は人手も足りないようで、まだまだ時間がかかりそうな感じです。

 

 

 

 

 

このように現地に行くのも大変だったかと思いますが、たくさんのサポートを皆さんの思いを受けてやってくださいましたので

あらためてこちらでもご報告させて頂いた次第でした。

 

 

橋本さんの横に映っているのは天草の仲間の濱崎さんで

遠く天草から手伝いに行ってくださったかと思うと本当に嬉しい次第です。

 

天草と言えば第二回目の

天草チャレンジオリンピック

を開催する運びとなりました。

 

実は熊本支援を進めている際に、天草の方からご依頼を頂きまして、快諾させて頂きました。

 

 

 

 

 

今回は熊本県元副知事の小野泰輔さんはじめ、

現地天草で活躍されているひとつ後輩でクリエーションWEB PLANNING社長深川沙央里さん

事業承継専門家のテトラフォース・パートナーズLLPの垰本泰隆さん

 

たちと講演会、パネルディスカッションをさせていただく運びとなりました。

 

今回の活動も支援活動の一環として少しでも熊本の仲間たちのお役に立てればと思い、準備して参りたいと思います。

 

企画してくださったアマビズの内山隆センター長には感謝です。

 

 

ひとつずつ出来る支援、活動を粛々と進めて参りたいと思います。

 

引き続きこの厄年の3年間は勉強や研究をしまくって人生の後半戦の土台を作って参りたいと思いますので、徹底的に勉強を深めて参りたいと思います。

 

この度は、たくさんのご支援を頂いた皆様方に、熊本の仲間を代表しましてお礼申し上げます。

何より現地で直接動いて下さった仲間たちとは熊本での再会を楽しみにしております。