壁と卵 ~村上春樹氏 エルサレム賞受賞式典スピーチ | 青山の昼と千駄木の夜 ~Indiana(インディアナ)暮らし編

青山の昼と千駄木の夜 ~Indiana(インディアナ)暮らし編

2011年4月からアメリカはIndianaで暮らすことになりました。趣かわって、海外暮らしブログになりますが、引き続きよろしくお願いします。


テーマ:
村上春樹氏が、2月15日にイスラエル最高の文学賞「エルサレム賞」を受賞し、エルサレム市内でスピーチを行ったそうです。この件に関しては、ガザ地区での戦闘を受け受賞をボイコットすべき、なんて(政治的)団体もあったと報道されています。

そんな中、氏はあえてイスラエルを訪れると決断した理由を、まさにその受賞スピーチの中で述べた、とのこと。

しかし、日本の報道では良くてもスピーチの抜粋、ほとんどが「授賞式でイスラエルのガザ侵攻を非難した」、くらいの記事しかないので、前後の文脈が分からない。
こういう内容をきちんと現地取材してスピーチを全文報道してくれる報道機関があってもいいんじゃないか。そりゃ確かにG7での閣僚酔っ払い記者会見もあったけどさ。でも一社くらいイスラエル行って現地取材した上で、スピーチもきちんと報道してくれてもいいんじゃないか、ぶつぶつ。

ということで、わりとスピーチ内容をきちんと載せている海外の記事を意訳することにしました。
ただ知っている人は知っているとおり、僕の語学力は甚だ心もとないので、もっと良い訳文があったら教えてください。というか、本当は語学堪能な方に訳して欲しい。

出展は「The JERUSALEM POST」
イスラエルの日刊紙なので、都合の悪い箇所はカットされているのかもしれない。また、カットする意図もあってか、記事は記者の主観も入ったヒアリング形式になっている。

事実、産経新聞のサイト「iza」 では、「高い壁とは戦車だったりロケット弾、白リン弾だったりする」とあるが、このような記述はエルサレムポストには見当たらない。
また、「制度はわたしたちを守るはずのものだが、時に自己増殖してわたしたちを殺し、わたしたちに他者を冷酷かつ効果的、組織的に殺させる」という箇所も表現がやわらかくなっている。

ま、しかし日本の抜粋記事よりは雰囲気が伝わると思うので、意訳してみます。
エルサレムの地で、このようなスピーチを行った氏の姿勢と勇気に共感すると同時に、氏の述べている「壁と卵」を自分の心に落とし込むためにです。(あくまで意訳なので悪しからず)

なお、訳しているのは氏のスピーチ部分のみです。

--------------------------------------------------------------------------

私は小説家として、ここエルサレムの地に来ています。小説家とは、“嘘”を糸に紡いで作品にしていく人間です。

もちろん嘘をつくのは小説家だけではありません。政治家や外交官もそうです。おっと、これは大統領には失礼でしたね。
しかし、小説家は他の職業と決定的に異なる点があります。小説家は自身の嘘によって訴えられることはありません。むしろ小説家はそのことによって祝福されるのです。より大きな嘘をつけばつくほど、小説家はより大きな賞賛を手に入れることができるのです。

小説家の嘘が一般の嘘と異なるのは、小説家の嘘は“本当のこと”を明らかにすることに寄与するという点です。“本当のこと”を完全に理解することはとても難しいことです。そのために、小説家は“本当のこと”をフィクションの世界へと変換していくのです。変換するには、まずはじめに私たちの中にある“本当のこと”と“嘘”を明らかにしなければなりません。

今日、私は“本当のこと”をお話したい。私が嘘をつかない日は1年のうちほんの数日しかないのですけれども。しかし、今日はそのうちの一日です。

この賞の受賞が決まったとき、私に警告する人がいたことも事実です。なぜならガザ地区での戦闘は続いているからです。私は自らに問いかけました。イスラエルを訪問することが果たして正しいことだろうか。この訪問が政治的なある種の支援と受け取られかねないのではないか、と。

いくつもの思いが私の中をよぎりました。しかし、私はこのイスラエルの地に来ることにしました。ほとんどの小説家と同様、私は言われることと反対のことをするのが好きな人間です。そういった意味では私は天性の小説家といえるかもしれません。小説家というのは、自分の眼で見たり、あるいは手で触れたりした感覚無しには、何も信じることができないのです。そして私はここに来ることを決めたのです。私は沈黙よりも、この場所で話すことにしたのです。

これが、私がここにきた理由です。

堅くて高い壁と、壁にぶつかって割れてしまう卵があります。その壁がどんな正義を有していようとも、その卵がどんな過ちを含んでいようとも、いかなる時も私は卵の側に立ちます。

なぜでしょうか。それは私たちが、皆一つの卵に過ぎないからです。その壊れやすい卵には、一つ一つ異なった魂(たましい)が入っているのです。私たちそれぞれが高い壁に立ち向かっています。高い壁とは何か、それはある種の“システム”です。“システム”は私たちが普通に生きていく上では、決してできない、やってはならない類のことを為さしめる存在です。

私が小説を書く目的は、たった一つしかありません。それは個々の内面、精神を描きだすことにあるのです。それが私たちの精神的充足(・喜び・強さ)につながり、“システム”が私たちを絡めとることを防ぐことができればと思っています。だから私は、多くの人が泣いたり笑ったりできる、人生や愛の物語を紡いできたのです。

私たちは皆“人間”であり、“個人”であり、そして“壊れやすい卵”なのです。私たちは壁の前では何の希望も持つことはできません。なぜならその壁は、あまりに高く、暗黒で、そして冷たいからです。この壁と戦うためには、私たちは自らがもつ暖かく力強い精神・魂を一つに紡いでいかなくてはなりません。私たちは決して“システム”にコントロールされるようなことがあってはならない、私たちが何者であるかを“システム”に決定されてはならないのです。なぜなら、“システム”を創り出したのは私たち自身なのです。

私は感謝しています。イスラエルの方々に、そして私の本を読んでくれた人たちに。
私はここでお話したことで、“何か”を皆さんと分かち合えたなら幸いです。それこそが、私が今ここにいる理由なのですから。

-----------------------------------------------------------

Murakami, in trademark obscurity, explains why he accepted Jerusalem award
By SHAYA LYON LONEY

Israel is not the egg.Japanese novelist Haruki...

Japanese novelist Haruki Murakami receives the Jerusalem Prize from Jerusalem Mayor Nir Barkat, during the International Book Fair in Jerusalem, Sunday.

Confused? This might be the only explanation we will ever hear from Japanese bestselling author Haruki Murakami - and in true Murakami style, even it will be somewhat vague.

Murakami on Sunday night defeated jetlag, political opposition and droves of photographers to accept the Jerusalem Prize for the Freedom of the Individual in Society at the opening of the 24th Jerusalem International Book Fair held at Jerusalem's International Conference Center.

Flanked by President Shimon Peres and Jerusalem Mayor Nir Barkat, he took the prize with quiet poise. Then, alone on the podium and free of camera flashes, the author got down to business.

"So I have come to Jerusalem. I have a come as a novelist, that is - a spinner of lies.

"Novelists aren't the only ones who tell lies - politicians do (sorry, Mr. President) - and diplomats, too. But something distinguishes the novelists from the others. We aren't prosecuted for our lies: we are praised. And the bigger the lie, the more praise we get.

"The difference between our lies and their lies is that our lies help bring out the truth. It's hard to grasp the truth in its entirety - so we transfer it to the fictional realm. But first, we have to clarify where the truth lies within ourselves.

"Today, I will tell the truth. There are only a few days a year when I do not engage in telling lies. Today is one of them."

Murakami's novels are surreal and imaginative, often bordering on bizarre. Reading his books is like gazing at a Picasso: a certain detachment from normalcy is required so that the objects and events in Murakami's world can settle into their own logic.

But at the heart of each novel, standing in stark contrast to the logical chaos around him, is a very human, self-aware, humble soul-searching individual - and one whose internal struggles are the same as our own.

The panel that chose Murakami as its winner made its decision quickly and unanimously, citing Murakami's themes of universal humanism, love for humanity, and battles with existential questions that have no easy answers. But while the award panel debated little about who should receive this year's award, Murakami himself was torn about accepting it.

"When I was asked to accept this award," he said, "I was warned from coming here because of the fighting in Gaza. I asked myself: Is visiting Israel the proper thing to do? Will I be supporting one side?

"I gave it some thought. And I decided to come. Like most novelists, I like to do exactly the opposite of what I'm told. It's in my nature as a novelist. Novelists can't trust anything they haven't seen with their own eyes or touched with their own hands. So I chose to see. I chose to speak here rather than say nothing.

"So here is what I have come to say."

And here Murakami left behind the persona of his main characters and took on the role of a marginal one (the lucid wisdoms in his novels tend to come from acquaintances of the protagonist), making a clear statement that left no room for reinterpretation. No time for ambiguity, this.

"If there is a hard, high wall and an egg that breaks against it, no matter how right the wall or how wrong the egg, I will stand on the side of the egg.

"Why? Because each of us is an egg, a unique soul enclosed in a fragile egg. Each of us is confronting a high wall. The high wall is the system" which forces us to do the things we would not ordinarily see fit to do as individuals.

"I have only one purpose in writing novels," he continued, his voice as unobtrusive and penetrating as a conscience. "That is to draw out the unique divinity of the individual. To gratify uniqueness. To keep the system from tangling us. So - I write stories of life, love. Make people laugh and cry.

"We are all human beings, individuals, fragile eggs," he urged. "We have no hope against the wall: it's too high, too dark, too cold. To fight the wall, we must join our souls together for warmth, strength. We must not let the system control us - create who we are. It is we who created the system."

Murakami, his message delivered, closed by thanking his readership - a special thing indeed from a man who does not make a habit of accepting awards in person.

"I am grateful to you, Israelis, for reading my books. I hope we are sharing something meaningful. You are the biggest reason why I am here."

Ryo-heyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス