建物のお手入れについて

テーマ:

桜はあっという間に散り、緑の美しい時節となりました。

色々な一年生がキラキラと躍動し始め、活気にあふれている気がします。

弊社にも新入社員が入り、先輩社員たちも

自分の一年生の時を思い出し、自分たちの習慣を見直す

よい時期となっております。

自動車免許取り立てにつき、練習もかねて少しづつ現場までを

運転させる際も、人質のような気持ちで先輩社員が助手席に乗っているわけですが

その気持ちが分かるのは、自分が先輩という立場に立った時ですね。(笑)

 

今日は屋上の防水層を見ながらお手入れについて弊社の

ご提案を述べたいと思います。

毎日のように日光に照らされ、雨に打たれ、黄砂が飛んできて、落ち葉が

舞い落ちてくる、鳥の糞、カラスが運んできたもの・・・

建物の一番上として屋上、屋根は頑張っています。

今回お世話になっている建物の屋上がこちら↓

大きく目立つ傷みはありません。

防水層の継ぎ手の部分、立ち上がりの部分を確認し、排水ドレンの部分等を

補修し、防水層を保護する塗料を塗ることで今回の工事は完了です。

保護塗料を塗る前の高圧洗浄で防水層がどれだけ汚れていたのか

お判りいただけると思いますが、こうやってきちんとメンテナンスすることで

防水層の寿命を延ばすことが可能なこともご理解いただけると思います。

特に鳥の糞害は要注意です。そのままにしておくと防水層に穴があくこともあります。

定期的なメンテナンスは建物の寿命を延ばしてくれると思います。

そのお手伝いをすることがフジプルーフの使命だと思っております。

 

では今週も元気出していきましょう!

 

#防水 #塗装 #メンテナンス

#屋上 #熊本市 #ラブラドール #一年生